安芸第一小学校 本文へジャンプ
沿革概要
 

明治  5年 公立小学校として開設
19年 安芸尋常小学校となる
22年 幼稚園を併設する
25年 校舎大増築修理
29年 併設幼稚園を廃止する
43年 安芸町立安芸第一小学校と改称する
大正 元年 台風のため新校舎5教室と講堂倒壊
2年 教室及び講堂の再建
13年 南校舎を増築
昭和  2年 安芸第二小学校新入生を収容
5年 安芸第二小学校児童を合併収容
15年 附属幼稚園を開設
16年 安芸町立安芸第一国民学校と改称
22年 安芸町立安芸第一小学校と改称
29年 町村合併により安芸市立安芸第一小学校と改称
33年 プールを新設する
47年 石庭完成
49年 100周年記念碑建立
52年 安芸市より同和教育の研究を委嘱される
54年 県指定運動医事の研究
55年 健康優良学校(県教育委員会,朝日新聞社)
56年 健康優良学校(県教育委員会),高知県代表(朝日新聞社)
北庭ヘフィールドアスレチック施設設置
57年 市教委指定算数教育研究発表会
58年 東屋内体育館新築落成(石庭を廃す)
61年 全日本交通安全協会より交通安全教育活動で全国表彰を受ける
63年 校舎大規模改修(北舎1・2階)
平成 元年 校舎大規模改修(北舎3階,外装)
2年 校舎大規模改修(中・南舎)
3年 校舎南西地区拡張
6年 西屋内体育館改修(床,屋根)
9年 学校保健統計調査の功績により文部大臣表彰を受ける。
市社会福祉協議会より福祉教育推進校として感謝状を受ける。
安芸市人権モデル地区事業の指定を受ける。
運動場の水捌け整備工事完成。校内インターホンの設置。
コンピューター21台設置
10年 西屋体南側の駐車場舗装。北舎1階東男子トイレを車椅子用に改修
11年 うんてい,ジャングルジムを設置
13年 全校舎の大規模耐震補強工事を行う。コンピューター38台設置
保・小・中携教育の県教委事業を受ける
14年 北舎2階西男子トイレを車椅子用に改修。西体育館の床改修
保・小・中連携教育の県教委事業を受ける(2年目)
15年 保・小・中連携教育の県教委事業を受ける(3年目)
16年 職員室,校長室冷房設備設置
「地域ぐるみの学校安全推進モデル事業防災分野」文部科学省委嘱
20年 コンピュータ40台設置
21年 西屋内体育館耐震補強工事。北舎東階段、南舎階段落下防護柵設置
西校舎屋上防水工事
22年 西校舎1階女子トイレを車椅子用に改修。東体育館庇部分防水工事。
太陽光発電パネル設置。教職員用ノートパソコン導入。
金融・金銭教育実践校指定。
23年 調理室水漏れ修繕。保健室天井張り替え。南舎屋上雨漏り修理。
金融・金銭教育実践校指定。
24年 実践的防災教育推進事業の県指定。災害時用外付け非常階段設置。

25年

外国語活動パイロットスクール研究指定校。パソコン教室のパソコン入替。

26年

総合的な教師力向上のための調査研究事業。小プール改修。保健室南通路補修。

 

27年 国立教育政策研究所教育課程研究指定事業「算数科」中間発表
センター方式給食開始。 防災用井戸設置。
28年 国立教育政策研究所教育課程研究指定事業「算数科」研究発表
学力定着に課題を抱える学校の重点的・包括的支援に関する実践研究協力校

本校出身の著名人

手島右卿(書家)
1901年安芸町生まれ本名南海巍(なみぎ)
詳しくは以下の財団法人 独立書人団のサイトをご覧下さい。
http://www.dokuritsu.or.jp/yuukei/tesima.htm
長崎太郎(学者)
元京都市立芸術大学学長
退職後内原野焼き再興に尽力
詳細は、都留文科大学研究紀要第43集(1995年)
芥川龍之介周辺の人々1 長崎太郎論(上)関口安義著
をご覧下さい。
土佐ノ海関(力士)
所属部屋 伊勢ノ海

本名 山本敏生
昭和47年2月16日生まれ
本校には数年前まで土佐ノ海関を担任した教員がいました。
とても素直な少年だったとのこと。
校舎内に、関取から贈られた手形サイン入りの色紙が飾られています。
栃煌山関(力士)
所属部屋 春日野

本名 影山 雄一郎
昭和62年3月9日生まれ
現役力士
H27年9月30日に卒業後初となる母校訪問をしていただきました。