戻る

 

 
津  野  親  忠  墓



   あさのちかただのはか



   高知県史跡                      指定年月日 : 昭和28年 1月29日



   高知県香美市土佐山田町神通寺 津野神社  ・  津野神社  



   津野孫次郎親忠の遺体は、物部川の右岸、土手を下って西に2kmほどの岩村郷の中心である神通寺村の旧孝山
  寺内に鎮座する小祠津野神社に埋葬され、観音堂に北に墓碑がある。
   親忠は長宗我部元親の3男で、高岡郡半山城主津野勝興の養子となり、父元親が豊臣秀吉に降伏したとき人質と
  なり大坂に送られたが、後には朝鮮の役にも出陣、須崎経営にも手腕を振るった。
   しかし、元親は4男盛親を後継と定めたため、家中は動揺、親忠に謀反(むほん)の企て有りとの讒言(ざんげん)を生じ、
  元親は親忠を岩村郷孝山寺に幽閉した。
   元親没後、当主盛親は、計らって兄親忠を切腹させ、長宗我部氏滅亡の原因をつくった。
   田園に佇立する五輪塔は、親忠の悲運を今に訴えている。