本文へスキップ

高知県立幡多農業高等学校は高知県西部唯一の農業高校です。

TEL. 0880-34-2166
FAX. 0880-35-6335

〒787-0010 高知県四万十市古津賀3711

学校方針

   

学校長メッセージ

    本校は、最後の清流で知られる「四万十川」がゆったりと流れ、周囲を豊かな自然に囲まれた高知県西南部に位置しています。昭和16年に開校し、「至誠、礼節、勤労、親和」の校是、校訓のもと、幾多の変遷を経ながら、地域の未来を担い、地域社会に貢献できる人材育成を目指す農業の専門高校として、今日に至っています。
 現在、4つの専門学科(園芸システム科、アグリサイエンス科、グリーン環境科、生活コーディネート科)を有し、「農業を学ぶ学校」であり、同時に「農業で学ぶ学校」として、自然と向き合う中で、動植物を育てる中で、命を育む中で、友との交わりの中で、豊かな人間力の育成に努めています。特に、教育活動の成果を地域に還元することを大きな柱としている「はたのう市」は、今では、保護者、同窓生、地元の皆様から、広く愛されるまでに大きく成長しています。
 また、学力の向上では、生徒一人ひとりが、夢を実現させるために必要な学力の定着を目指し、他と協調・協働しながら主体的に取り組めるよう努めています。さらに、部活動や農業クラブなどでは、より高い技能や知識を習得することはもとより、地域の活性化の一翼を担う、魅力ある活動にも力を注いでいます。

 これからも、私たち教職員一同は、「チームはたのう」を合言葉とし、生徒の個性の伸長のために一層努めてまいります。

教育方針

 産業人として崇高な理想と優れた知識・技能を有し、農業の担い手や関連産業従事者を育成するとともに、地域を支える有為な人材を育成する。

(1)農業の教育力を最大限に活用して、心豊かな人間性を育成する。
(2)学力の向上に努め、学科の特色を活かし、生徒の希望進路を実現させる。
(3)キャリア教育の充実を図り、生徒の生きる力を育む。

    

教育目標 ※各科の教育目標及び指導方針は学科の頁に掲載

(1)魅力ある学校づくりを行う
  @ 生徒が主人公となる学校づくりを行う
  A 県西部で唯一の農業高校としての役割(地域の農業支援センター)を果たす
  B 校内研修を充実させ、教職員の資質・指導力を向上させる
  C ボランティア活動や地域交流活動へ積極的に参加する
  D あらゆる機会を通じ、教育活動を情報発信する

(2)基礎学力の定着と学力の向上を図る
  @ 分かる授業、分からせる授業を実践する
  A 家庭学習の定着と読書活動を充実させる
  B 教材研究及び授業評価システム等を活用し、授業改善を図る
   
(3)生徒指導の徹底と生徒サポート体制の充実を図る
  @ 全教職員が一丸となり指導にあたる
  A カウンセリングマインドで対応する
  B 明るく爽やかな挨拶を心がける
  C 校内外の清掃や環境美化に努める
  D 生徒会活動を活性化する

(4)進路指導を充実する
  @ 明確な目標が設定できるように指導を徹底する
  A 進路ガイダンスを充実させる
  B 生徒個々の学力を最大限伸ばす取り組みを行う
  C 進路補習を充実させる
  D 模擬試験受験者及び資格取得者の拡大を図る

(5)人権教育を推進する
  @ 校内での推進体制を明確にする
  A 教育活動のすべてを人権教育とした学習活動を行う
  B 研修により、教職員の資質、指導力の向上を図る

(6)部活動や農業クラブを活性化する
  @ 人権、人格に配慮した指導を行う
  A 部活動を充実・強化を図る
  B 大会及び発表会等での成績を学力と捉えた指導に努める
  C 地域と連携し、地域に根差した課題を継続的に研究及び発表に努める


バナースペース

高知県立幡多農業高等学校

〒787-0010
高知県四万十市古津賀3711

TEL 0880-34-2166
FAX 0880-35-6335