本文へスキップ

高知県立幡多農業高等学校は高知県西部唯一の農業高校です。

TEL. 0880-34-2166
FAX. 0880-35-6335

〒787-0010 高知県四万十市古津賀3711

学校方針

   

学校長メッセージ

  平成から令和に

 広いキャンパスでは、満開の桜が散り、つつじが色とりどりに咲き、最近では緑が濃くなるなど、季節の変化を自然から感じることができます。
 令和が始まり、GWも終わり、学校も間もなく開催される県総体に向けて、全力の毎日です。
 私事になりますが、幡多農業高校で昭和、平成、令和と3つの時代を過ごすことになります。改めてこの30数年を振り返った時、様々な学校の変化を感じますが、教育環境は格段に改善され、生徒は自然豊かな恵まれた環境の下、勉学に励んでいます。

 この度は高知県立幡多農業高等学校のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

 学校は、高知県四万十市古津賀にあり、昭和16年に開校して以来、「至誠 勤労 礼節 親和」の校訓・校是の下、幾多の変遷を経て78年の歴史を刻み、同窓生は1万人を超え、農業界に限らず県内外の各界で多くの卒業生が活躍しています。
 また、すぐ近くを清流「四万十川」が流れる自然豊かな環境にあります。約17haの広大なキャンパスでは、四季折々に植物や動物の生命の営みがあり、346名の生徒はその活動を肌で感じながら、充実した高校生活を送っています。

 設置する、園芸システム科、アグリサイエンス科、グリーン環境科、生活コーディネート科の4つの学科では、「豊かな心を育む教育」と「確かな学力を保障する教育」を目標に日々教育活動を展開しています。そして別表に示していますが、3月には、120名が卒業し、それぞれの世界で頑張っています。

 本校では、キャリア教育に力を入れており、「はたのう市場」という生産物販売イベントなど様々な学習の場を設け、生徒が主役の学校づくりを進めています。また課題研究では主体的な学びを進め、地域と連携した取り組みや、新商品の開発など様々な学習を進めています。昨年度はその取り組みの中で、開発した新商品が地元の給食に採用され、また2年間取り組んできたトマト栽培でのJGAP認証も得ています。
 農業の持つ役割や魅力、そしてその教育力は、非常に豊かで大きいものがあり、生徒達は様々な体験を通して、達成感を感じながら3年間学び続けています。

 令和元年度も、教職員は日々の教育の中で生徒の未来を耕し、地域を担う人材の育成をするという学校の使命を認識し、生徒指導と生徒支援の両輪での指導に努めてまいります。

 保護者をはじめ地域や関係者の皆様、今後とも幡多農業高等学校に対して、ご指導とご支援をいただきますよう、お願い申し上げます。


教育方針

 産業人として崇高な理想と優れた知識・技能を有し、農業の担い手や関連産業従事者を育成するとともに、地域を支える有為な人材を育成する。

(1)農業の教育力を最大限に活用して、心豊かな人間性を育成する。
(2)学力の向上に努め、学科の特色を活かし、生徒の希望進路を実現させる。
(3)キャリア教育の充実を図り、生徒の生きる力を育む。

    

教育目標 ※各科の教育目標及び指導方針は学科の頁に掲載

(1)魅力ある学校づくりを行う
  @ 生徒が主人公となる学校づくりを推進する
  A 学校の持つ教育資源を十分に活用し、体験的・経験的学習から学ぶ学校づくりを推進する
  B 時代の進歩に対応できる最先端の農業教育を実践する学校づくりを推進する
  C 県西部の唯一の農業高校として農業支援センター的役割を担う学校づくりを推進する
  D 地域と関わり、郷土愛を育む教育を推進する
  E 生徒の安全を図り、防災教育や、地域防災の観点からの教育を推進する

(2)基礎学力の定着と学力の向上を図る
  @ 分かる授業、分からせる授業を進め、家庭学習の定着と読書活動を充実させる取り組みを図る
  A 教員研修を積極的に進め、教職員の資質・指導力の向上に努め、指導の充実を図る
  B ICTの活用、教材研究の充実、授業評価システム等の活用により、授業改善を図る
  C 多様な教育課程のなかで、参加型の授業や、問題解決型、探求的な授業を進める
   
(3)生徒指導の徹底と生徒サポート体制の充実を図る
  @ 全教職員が一丸となり、指導と支援の両面での指導に取り組む
  A 生徒会活動や農業クラブ活動を推進し、生徒に自信を持たせ、自主性や社会性、協調性を育む
  B 日々生徒とのコミュニケーションを図り、組織として適切な支援体制で対応する
  C 保護者との連絡を密にし、連携した指導を推進する

(4)進路指導を充実する
  @ 資料や情報を的確に提示するとともに、進路ガイダンス等の指導を充実させる
  A 生徒の能力・適性を把握し、個々の可能性を最大限伸す指導や取り組みを行う
  B 進路補習等を充実させるとともに、模擬試験等への参加や資格取得を推進する
  C 将来を考えるにあたり自らが育った地元に対する正しい認識を育成する

(5)人権教育を推進する
  @ 生徒の人権尊重に基づいた人格形成を図る
  A 民主的人権教育を推進し、様々にある人権についての意識の高揚を図る
  B 教育活動におけるすべての場面を人権教育と捉えた指導を行う
  C 研修等により、教職員の人権意識を高め、資質や指導力の向上を図る

(6)人間教育を推進する
  @ 豊かな心を持った生徒育成を目指し、ボランティア活動や地域交流活動への参加を推進する
  A 挨拶や適切な言動のできる社会性を育てる
  B 校内外の清掃や環境美化に努め、公共心や道徳について学び、育てる
  C 農業実習等を通して協同することや他社を思いやる心など豊かな人間性を育む

(7)部活動や農業クラブを活性化する
  @ 部活動の充実を図り、参加率を向上させ、放課後の充実を図る
  A 規則に沿って、人権、人格、健康に配慮した指導を行い、生徒の心身の成長を目指す
  B 成果に拘ることなく、教育の一環として、日々の活動の充実に向けた指導に努める
  C 地域と連携し、地域に根差した研究及び発表に努める


バナースペース

高知県立幡多農業高等学校

〒787-0010
高知県四万十市古津賀3711

TEL 0880-34-2166
FAX 0880-35-6335