運動会の練習開始 9月7日(金)
  今月22日に開かれる運動会に向って、いよいよ本格的な練習が始まりました。本校の運動会は保育園や小学校と合同で行うために、中学生たちは年下の子どもたちに優しく寄り添いながら、開閉開式や応援の練習に取り組んでいます。練習ではたくさんの笑顔あふれています。本番が楽しみです。
 

 

 

 高知県中学校総合体育大会バドミントンの部
                                  
7月21日・22日(土・日)
   7月21日(土)・22日(日)に高知県中学校総合体育大会が行われました。団体戦では女子がベスト8、個人戦では女子シングルスで2名がベスト16に入ることができました。3年生は中学校最後の大会として臨み、チーム一丸となって戦い抜くことができました。会場まで足を運んでいただいた皆様、たくさんの応援とご協力をいただき誠にありがとうございました。  
 

 

 


氷室祭り  7月15日(日)
    今年も本川地区の奥にある越裏門で氷室祭りが開催されました。今年は条件がよかったのか140kgを超える氷が残っており会場の皆さんにふるまわれました。その後、本校の生徒たちは会場で花取り踊りを披露し、祭りを盛り上げました。  
 

 

 

 
 みどり寮花火大会  7月9日(月)
   長く続いた梅雨も終わりの気配が見え始めました。 本校のみどり寮は留学生だけでなく週に3日地元生も一緒に寮生活を送っています。日がくれるのを待って、運動場で花火を楽しみました。生徒たちは大喜び!打ち上げ花火に歓声を上げたり、線香花火を囲んで語り合ったりと、それぞれの楽しみ方を見せてくれました。1学期の終わりはもうすぐです。  
  

 

 

 

 
 非行防止教室  7月9日(月)
   今年度も土佐警察署と中央西福祉保健所から講師をお招きし非行防止教室を実施しました。薬物乱用防止について講演していただき、違法薬物の使用やインターネットで個人情報が漏れることの恐ろしさ、被害に遭わないための学習をしました。生徒たちも自分のこととして考えることができました。  
 

 


 七夕飾り  7月2日(月)
   今年も玄関に立派な笹飾りが登場しました。笹はPTA会長さんが山から直接切り出してきてくれました。枝には生徒たちが想いを込めた短冊や飾りが取りつけられ、昔ながらの風情と夏の訪れが感じられます。みんなの願いが叶うといいですね。会長さんありがとうございました。  
  

 

 福祉体験(3年総合)  6月19日・20日(火・水)
    長沢地区にあるデイサービスセンターで福祉体験をさせていただきました。実際に利用者の方お世話をさせていただく中で、生徒からは「道具の大切さや心のつながりの必要性を感じた」という感想も聞かれました。生徒たちにとって大きな学びがあったと思います。お世話になりましたセンターの皆さんありがとうございました。  

 

 

 

 うらしま体験〈高齢者疑似体験〉(3年総合)   6月13日(水)
    社会福祉協議会の協力によりうらしま体験を行いました。身体におもりをつけて、特別な眼鏡をかけての高齢者疑似体験や、車いす体験、アイマスク体験を行いました。
 今回の体験で高齢者や車いすに乗って生活をしている方、視覚障がい者が普段どのような思いをしているかを知ることができたと思います。6月19日・20日には福祉体験をさせていただきます。今回のうらしま体験で経験したことを今後の活動に生かしてほしいと考えています。
 
 

 

 

 

 

 高吾地区総合体育大会(バドミントン)   6月9日・10日(土・日)
    県大会の予選となるこの大会は、1年の中でも大切な大会です。「克己心」の旗の下、一丸となって大会に臨みました。急に上がった気温に大汗をかきながらも日頃の練習の成果を出し切りました。
  結果は団体戦では女子が、個人は男女合わせて6名が県総体へと駒を進めました。
 
 


 

 

 

 

 

 救命・救急法講習会  6月8日(金)
   プール開きを間近に控え、この日は救急法の講習を行いました。本校では、男女に分かれ心肺蘇生法の練習をした後、搬送法も学びます。怪我した人をいたわりながら運ぶことで、人を大事にすることも学ぶことができました。身につけておくと、もしもの時に必ず役にたつ知識技能でもあります。教わっただけではなく、救急時には、すぐに行動にうつし、率先して協力できる人になってほしいものです。  

 

 

 防災学習(1・2年生)  6月8日(金)
    南海大地震に備えての防災学習の時間では、実技も取り入れるようにしています。この日は、事前に学習したロープワークを使い、ブルーシートで簡易テントを作りました。男女2組に分かれて取り組み、共に協力しながら10分ぐらいで組み立てることができました。振り返りでは、いざというときに身近にある物を使って身を守ること、何かをまずやってみることが大切だと確認しました。  
 

 

 いの・いのち育て  6月6日(水)
   いの町内の全中学校の2年生を対象に実施されています。目的は、乳幼児の自然な姿に触れたりお世話をしたりすることで、「命の尊さ」「親と子の絆」「命の大切さ」を学び、“人を思いやる心”を育み、将来の健全な母性や父性の形成を目指すことです。 
 前半は、へき地保育園で乳幼児との触れ合い体験です。実際に乳幼児のお世話をすることで我が子を温かく見守る親の姿を感じることができました。
 後半は、“妊婦疑似体験”で、およそ10㎏の妊婦スーツを着て「靴下をはく」「身体を横にする」「立ち上がる」「人形を抱く」ことにトライしました。いつもとは違う自分のからだに戸惑い、悪戦苦闘しながらも妊婦さんの生活上の大変さを体感したと思います。
 

  

 

 

田植体験  6月5日(火)
    高知追手前高校吾北分校で吾北中、池川中の生徒とともに田植えを体験させていただきました。
 担当の先生から田植えの説明を受け、いざ田植えの場所へ。裸足になって苗を持ち、足田んぼに足を入れると…。 “ムニュ~?”  “!” “?”。
やっぱり不思議な感触です。
 田んぼの泥を足の裏で感じながら、頑張って田植えをしました。上級生の経験者は、さすがに要領よく、テキパキと作業ができました。植えた餅米は、半年ほど高校生に育てていただき、秋に稲刈り体験をさせていただきます。そして、届けていただいた餅米で、年末の餅つき大会を行うことになっています。
 毎年のことですが、貴重な体験させていただき本当にありがとうございました。
 
  

 

 

参観日・親子スポーツ大会  6月2日(土)
   恒例の「ソフトバレーボール」も、年を重ねるごとに上手になり、決勝はいわゆる「ガチ」になる場面もあり高いレベルでの試合となりました。点差にかかわらず楽しく試合ができ、生徒たちはもちろん保護者の方々もにこやかな表情で過ごすことができました。見事なプレーに拍手があがったり、思いがけない珍プレーに笑いが起こったりと、会場がすてきな雰囲気に包まれました。お互いに声を掛け合ってプレーすることで、親子の関係もより一層深まったのではないかと思います。
 終日の参観日でしたが、お忙しい中参加していただいた保護者・関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 
  
 

 

 

 

 


プール掃除  6月1日(金)
    まもなく始まる水泳の授業に備えプール掃除をしました。昨年9月から使っていなかったプールは落ち葉やこけで真っ黒になっていました。
 この日は天気もよく暑さを感じるぐらいでしたが、全校生徒で持ち場を分担しゴミを出したりブラシで磨いたりと懸命に取り組みました。最後は、バケツで汚れた水をくみ出します。
 すると、なんと言うことでしょう。黒くなっていたプールは青い輝きを取り戻し、新たに谷から注ぎ込まれる水が満たされていきます。
 この後、水温が上がるのを待って、プール開きがおこなわれます。

 
 
 

 

 



災害時避難及び引き渡し訓練行  5月24日(木)
    30年以内に70~80%の確率で起きると言われている南海大地震に備え、避難及び引き渡し訓練を行いました。ヘルメットを着用し運動場に一次避難した後、体育館に入ると、中学生が手際よくマットを出したりロープを引いたりし、あっという間にそこは仮避難所となりました。  
 

 

 

 

 修学旅行  5月8日(火)~5月11日(金) 
  関西方面へ4日間の修学旅行に行ってきました。どこに行っても集合時間を守ってすばやく行動し、予定よりも余裕を持って行動することができました。普段の寮生活で時間を守って生活する習慣が身についているからこそできたのだと思います。また、係の仕事も生徒同士で声を掛け合い、それぞれの役割をしっかり果たしていました。学習する時はしっかり学び、遊ぶときは全力で楽しみ、とても良い修学旅行でした。   
~1日目~ 北端震災記念公園・野島断層保存館、人と防災未来センター

 

 



~2日目~ 京都太秦映画村、嵐山散策、京都市班別タクシー研修
 

 

 

 

 


 

~3日目~ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン


 

 

 

 




~4日目~ アベノハルカス、なんばグランド花月

 

 



地域学習(1年総合)  5月8日(火) 
   1年生は総合的な学習として地域学習を行っています。今年は午前中に大橋ダムと本川発電所を見学しました。
 本川発電所は四国一の発電量を誇る用水発電所です。トンネルを通り地下の発電所に入っていくと、巨大なタービンが出迎えてくれます。ちょうど発電中であった為大きなシャフトがうなりながら回転しているところを見る事ができました。 
  午後は毎年氷室祭りが開かれる越裏門で、祭りの始まりについて話を聞き、地域の方々の熱い思いを感じる事ができました。

 
 

 

 

 

 
アメゴ釣り大会  5月5日(土) 
    待ちに待ったアメゴ釣り大会です。8時の合図と共に一斉に釣り始めます。釣れたアメゴをお父さんに取ってもらうなど、親子のほほえましい姿もたくさん見られました。今年は昨年よりもたくさん釣る事ができみんな大喜びしていました。  

 

 

 

 

 



 
アメゴの放流   5月4日(金) 
    翌日行われるアメゴ釣り大会の為、アメゴの放流を行いました。池に入れられていたアメゴはたいへん元気が良く、捕まえるのがたいへんでしたが保護者の方たちの協力のもと、次々と川に放たれて行きました。5日のアメゴ釣り大会にはたくさんの方に楽しんでいただけると思います。  

 

 

 

 

 

 
小中合同遠足  4月26日(木) 
   小中合同遠足で春野総合運動公園に行きました。遠足では生徒会中心にレクリエーションやウォークラリーを楽しみました。3年生は特に後輩や小学生の先頭に立ち、楽しみながらも周囲に気を配ることができていたと思います。小学生との貴重な時間を楽しく過ごすことができました。 
 一日過ごす中で、さりげなく小学生を優しく気遣ったり、同じ目線で活動したりと、生徒それぞれにたくましく成長した姿が感じられました。

 
 

 

 



 

 
中学校春季バドミントン選手権  4月21日・22日(土・日) 
   4月21(土)、22日(日)に、県中学春季大会が春野総合体育館で行われました。
個人戦の男子ダブルス・女子ダブルスでは共にベスト32まで進出しました。また、シングルスでは、3人ががベスト32まで、1人がベスト16まで進出することができました。また、新入生は初めての大会参加となり緊張したと思いますが、念願だった男子団体をフルメンバーで組むことができました。
 技術的にも体力的にも、精神的にも成長した場面も感じられ、初勝利を収めた選手もいました。この大会をチームで分析し、課題を持って今後の練習に取り組んで地区大会に臨んでほしいと思います。
 応援していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
 
 

 

 

 

 
お花見弁当  4月10日(火) 
   今年は少し花の時期が早かったために心配していましたが。まだかなりの花が残っており、風に舞う花びらの中で、お弁当を楽しむことができました。 川のせせらぎを聞きながらの楽しいひとときを過ごすことができました。  



 

 

 

対面式  4月10日(火) 
   短面識は簡単なゲームで盛り上がりました。最初にバスディーライン、次に縦割り班でテーマにそって一つの絵を描くというものでした。必ず全員が描くので、新入生も先輩達と楽しそうに参加していました。その後で、全員で「フルーツバスケット」という椅子取りゲームで楽しみながら交流を深めました。    

 

 

 
  新任式・始業式  4月9日(月)
   本日、入学式・始業式が行われ2年生7名、3年生5名が進級し、新たに1名の新入生を迎え、全校生徒数13名として、平成30年度の本川中学校がスタートしました。本年度の入学生は、山村留学生のみの1名です。出会いを大切にし、少人数ながらも、みんなで充実した学校生活を送ってほしいと願っています。