教育基本方針・教育目標

 

1 教育基本方針

   教育基本法及び学校教育法の示すところに基づき、高知大学医学部附属病院に入院している児童生徒一人一人のニーズに応じたきめ細かな支援を行い、学ぶ楽しさや生きる喜びを育て、自己肯定感をもって社会参加・自立できる人間に育てる。

2 学校教育目標

一人一人のニーズに応じた教育を推進し、社会参加・自立できる人間の育成をする。

 

3 教育重点目標

(1)教育の保障と学力の向上

・前籍校と連携して学習の空白や遅れを補い、安心して前籍校に復帰できる学力をつける。

・病状や実態に応じた適切な教育を行い、確かな学力をつける。

(2)内面(心)へのアプローチ

・子どもたちが将来の夢をもち、病気を克服する意欲を高めることができる力を育む。

(3)日常のリズムや風を届ける

   ・学習をはじめとする教育活動全体を通じて、子どもたちの入院生活に日常のリズムや風を提供し、入院中の生活
      の質(QOL)を向上させる。

4 中 期 目 標(平成29年度)

(1)個々の児童生徒にあった授業づくりを行う

・個々の児童生徒に合わせて授業づくりをするために、作成された教材や教具の活用と改善を行う。

・ICT機器を活用した授業づくりについて研究を進める。

・専門家を講師に招き、事例を出しながら研修を行う。

・教員全員が研究授業をしながら協議等を実施して研究を進める。

(2)関係機関・関係者との連携を図る

・交流及び共同学習や支援会議を必要に応じて計画的に実施する。

・医療の専門性を尊重し、病院との良好な関係を築きながら、保護者に安心や希望を与えることに努める。

・個々の児童生徒の病状を医療機関と情報交換しながら更なる共通理解を図る。

・平成28年度の研修の成果を整理しホームページ上で情報発信する   

・研修等の案内をする。

・市町村の教育委員会や学校等の要請に応じて教育相談等への対応や県の事業を活用した支援も実施する。

(3)実態や発達段階に応じたキャリア教育を推進する

・在籍する児童生徒の個々の病状理解をするための研修を行う。

・児童生徒が病状を理解した生活習慣を身に付け、将来の職業について考える力を育むよう学校生活全般で指

 導、支援を行う。

・個々の児童生徒が病状を適切に理解し生活できる力を育てるため、自立活動及び全ての教科で研究を

 推進する。

・スクールプランニング事業を活用して、「ゲームクリエイターやまんが家、ギタリストの演奏」から、

 子どもたちが自分の将来の生活について考えるきっかけとする。