本文へスキップ

地域で子どもの成長を見守ります。いの町(天王・八田・池内)地区、子ども学習

電話でのお問い合わせはTEL.088-892-1121

〒781-2124 高知県吾川郡いの町八田2321番地

教育方針policy

1.学校経営理念・方針

 『子どもも大人も笑顔で集えるコミュニティ・スクールの構築』

(1)
すべての児童が安心して過ごせる学校
 @学級づくり・人間関係づくり【児童理解・「ほめ言葉のシャワー」】
 A児童の命を守り抜く防災体制づくり
  B保小中連携による系統性・継続性のある教育の推進
(2)知・徳・体のバランスのとれた教育を展開する学校
 @「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善
 〜特別支援教育を視点においた「分かる・できる」授業づくり〜
A人権教育・道徳教育の充実
B体力・運動能力の向上、よりよい生活習慣づくり
(3)支え合い学び合える「チーム伊野南小」
@心も体も健康な活力ある学校づくり (働き方改革を視野に入れて)
(4)保護者・地域と連携・協働した教育活動の充実
@学校・地域の課題や連携・協働のあり方の検討、教育活動への反映

2.教育目標

「仲間とかかわり 学びあう 南の子」
<設定理由>
  今から10年後の世の中は、少子・高齢化が進み、AI(人工知能)の進展が予測もつかない職業をつくりだし、変化の度合いが大きい社会になると予想されている。これからの新しい時代を生きる児童には、「予測できない変化を受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、自らの可能性を発揮し、より良い社会と幸福な人生の創り手となっていくこと」が重要になってくる。そこで、【よりよい学校教育を通してよりよい社会を創る】という理念を学校と社会とが共有し連携して児童の成長を見守る中で、児童にはコミュニティ・スクールに育つ子として、グローバルな視点を持ちつつ、ローカルな繋がりを大切にして、地域を愛するたくましい個や集団に成長してもらいたいと願っている。この教育目標の「仲間とかかわり、学び合う」には、児童が学校生活のいろいろな場面で仲間と関わる中で、お互いを理解し合い成長し、安心できる学級・学校となり、授業でも仲間と関わりながら、主体的・対話的に学ぶことでより深い学びができるようになることを、「南の子」には、自分の住んでいる伊野南地区の人・地域を愛する児童になってほしいという願いをこめて設定した。

3.めざす子どもの姿

協力できる子ども
(豊かな心)
 
考える子ども
(確かな学力)
 
たくましい子ども(健やかな体) 
自らを律しつつ、仲間を思いやる心や感動する心を持ち、仲間と協働することができる豊かな人間性を培う 基礎・基本を確実に身に付け、主体的・創造的・協働的に学ぶ資質や能力を育てる。 たくましく生きるための体力や健康的な生活習慣を身に付けた児童を育てる
<めざす教師の姿>
 ○同僚を信頼し、協働して職務にあたる人

○謙虚に学び、自らの取組方法を柔軟に更新してゆく人
 ○子どもをその背景から深く理解し、公平な愛情をそそぐ人

4.めざす学校像

  笑顔いっぱいの学校

    ・・・・支持的風土に満ち、あたたかい声かけがあふれる、愛情のただよう学校
  みんなが集まる楽しい学校
    ・・・・一人一人の個性が尊重され、自立をめざしてみんなが集まる楽しい学校
  整頓された気持ちのいい学校
    ・・・・教育環境が常に整備され、清潔で、整理のゆきとどいた学校