学校の概要
学校評価計画
学校行事
英語活動
以前の紹介
伊尾木小絵本クリスマス
高知県教育委員会へ

学校の概要


1.経営方針

(1)教職員、児童、保護者が互いに認め合い協力し合って、明るく生き生きとした校風の樹立に努める。

(2)教職員一人ひとりの個性や特性を尊重し、研鑽しあって、日々の教育実践を積みあげる。

(3)児童の心情や学習、健康・安全に対する教育諸条件の整備に努める。

(4)学習指導要領のめざす新しい学力観にたち、社会の変化に主体的に対応し、柔軟に自己表現のできる児童の育成に努める。

◎ 望ましい学校像

1.清楚で清潔さのある学校でありたい。

2.生き生きとした躍動的な学校でありたい。
      3.秩序や厳しさのある学校でありたい 

4.心のかよい合う、温かい学校でありたい。

5.常に前向きの教育活動が行われる学校でありたい。

◎ めざす教師像

1.子どもを見つめ、子どもの個性を認め、子どもの特性を伸ばす教師

2.使命感をもち、絶えず研鑽し、伸びる教師

3.児童、保護者の声を謙虚に受けとめ、適切な対応、処理のできる教師

4.組織の一員として、学校全体の調和を図り、前向きの教育活動ができる教師

 

2.教育目標

(1)教育目標

「自主の精神に富み、勤労を尊び、協働する力を持った人間の育成」

(2)めざす子ども像

○ 健康で明るく、たくましい子

○ 思いやりがあり、仲よく助け合う子

○ 自ら学び知識を広げる子

○ 進んで仕事に取り組み最後までがんばる子

(3)具体的方策

    @ よく考え、自ら進んで勉強する子(知育)

◎ 主体的に生き生きと活動する児童を育成する。

A 心豊かで思いやりがあり、仲よく協力する子(徳育)

◎ 班・縦割り班等の活動を通して成功の喜びを味わわせ、協力(団結)することの大切さを学ばせる。

B 生命を大切にするたくましい子(体育)

     ◎ 心と体の成長・発達についての学習を深め、生命を大切にする心を育てる。

    C 勤労を大切にし、最後までやりぬく子(勤労)
          自然を愛し、生命を尊重する豊かな心と働くことの大切さを味わわせる。

  3 研究主題

主体的に生き生きと活動する児童を育成

(1) 表現力豊かな子どもの育成

(2) 確かな学力の定着

(3) 人権を尊重し、自他を大切にする子どもの育成

 

 4 研究方針

   教科、道徳、特別活動等すべての教育活動を通して、「豊かな表現力」「確かな学力」と「豊か  な心」を身につけた児童の育成をはかる。