ニュース

学校行事情報

中村工業による技術指導(平成30年11月21日)

2年生機関コースでは、アーク溶接・ガス切断実習を中村工業の諸橋さんを迎えて実施しました。諸橋さんは、県内の造船所で鉄艤装職として従事されており、今回は現場での溶接技術を指導していただきました。生徒は諸橋さんのお手本を見たあと、練習を繰り返し行い、回数を重ねる毎に技術が向上していきました。プロの指導ということもあってか、生徒たちもいつも以上に緊張感を持って熱心に取り組んでいました。諸橋さんは今後も後継者育成のためにもこのような取り組みを行いたいと話してくれました。生徒のみなさんは今後の進路へ向け、スペシャリストを目指して頑張ってください。

機関コース3年生、小中学校や室戸廃校水族館へベンチを寄贈(平成30年10月)

母校や水族館へ実習で製作したベンチを寄贈しました。続きはこちらをクリック<母校><水族館>。

ウルメテン大好評(平成30年10月7日

サンプラザの業務用スーパーポプラ店で、新・ウルメプロジェクト班が現在試作中の宇佐一本釣りウルメイワシの天ぷら「うるめがテン!」(命名:板原土佐市長)の販売をおこないました。枚数は200枚。お店側は2時間程度で売り切れるだろうと思っていたようですが、実際には約15分で完売。想像を超える売れ行きに驚いておられました。試食の感想も上々。この商品は土佐市の特産品になって欲しい思いがありますので、土佐市内の加工業者さんなどで是非とも製造販売していただきたいです。

目指せ!優勝!!(平成30年9月)

 食品コース3年は二学期に入り、技術競技会に向けて取り組んでいます。総合実習では加工ユニットの生徒達がクロカワカジキのテンプラ成型、調理ユニットの生徒達は本校卒業生で寿司職人の小松さん指導による鯵のお造りに挑戦しています。
 技術競技会は10月5日(9:00~12:30)に全校参加で行われます。競技会の見学も大歓迎です。

アーク溶接講習会(平成30年8月6日、7日)

機関コース2・3年生と専攻科生がアーク溶接特別教育講習会を受講しました。溶接や電気の基礎知識を学んだ2日間でした。

フォークリフト講習会(平成30年7月30、31日)

小型フォークリフト運転業務に係る特別講習会を実施しました。1日目は座学で、2日目は実技講習。受講生徒は基本的な運転操作などを学び、最後まで頑張っていました

マリンプロジェクト~ツナ缶編~(平成30年7月30日)

毎年「海洋祭」や「魚河岸かいよう」で行列のできる缶詰として超人気商品である「マグロ缶詰」の製造体験を、地域や保護者のみなさんと行いました。

ドラゴン甲子園 優勝!(平成30年7月25日)

昨年は、僅差の二位で涙を流しましたが、今年はぶっちぎりで優勝しました。応援ありがとうございました。

 

2E 民間講師招へい事業 (平成30年7月11日)

本校専攻科修了生である、大﨑氏を本校へ招いて、機関コース2年生を対象に海運業についての講話をしていただきました。現在は2万トンクラスの石灰石を運搬する船舶に乗り、機関士としての仕事に従事しています。現場の映像や学生の頃のお話を交えながら、船舶職員の魅力や船内作業の内容、安全に対しての留意点などの講話をしていただき、生徒からは多くの質問を得られました。苦労した話や船の魅力について聞き、生徒にとってこれからの学校生活の励みになりました。 


四国大会出場(平成30年6月)

香川県多度津高校で行われた、全国水産・海洋高等学校産業教育意見・体験発表会四国地区発表会にて本校1年の大﨑さんが参加しました。「私が決めた道」というテーマで自分の体験や意見を堂々とした態度で発表しました。


 

企業見学(3年機関コース 海洋機器ユニット 平成30年6月)

キャリアアップ事業の一環として、2日間の企業見学に行ってきました。新高知重工や室戸方面の企業(アクアファーム、赤穂化成、椎名大敷組合、泉井鐵工、安芸水産、室戸漁協)へ訪問させていただきました。2日間の短い研修でありましたが、現場の厳しさと雰囲気を肌で感じることができて、有意義な二日間となりました。

第29回波介川53PickUp釣り大会(平成30年6月10日)

第29回波介川53PickUp釣り大会は、49名のご参加をいただき、無事開催・終了いたしました。ご参加の皆様、ご協賛、ご後援各位に厚く御礼申し上げます。(続きはこちらをクリック

 

見上げた、仕事だ!(平成30年6月6日)

新高知重工株式会社 安全衛生係の曽川氏を本校へ招いて、機関コース2年生を対象に造船業・職場における安全衛生管理についての技術指導をしていただきました。船が出来上がるまでの工程や安全対策の取り組みなど、迫力と魅力あふれるお話に生徒たちは終始惹きつけられました。造船は技術の集大成であることや安全に対して高いレベルが求められることを知ることができ、まさに、見上げた仕事であると実感することができました。

水産経済新聞の取材を受けました(平成30年6月9日)

食品コースの課題研究で行っているアカエイの研究チームが、水産経済新聞の取材を受けました。

地域のために(平成30年5月22日)

3年機関コースの生徒が総合実習でベンチを製作しました。今後地域へ寄贈する予定です。

専攻科生も頑張っています。(平成30年5月)

4月定期の海技士試験で、航海専攻科一人が2級の航海に科目合格、二人が3級を全科目合格。また、3級の航海にも一人科目合格しました。機関専攻科では、1年で3級の機関に2科目科目合格、二人が4級を全科目合格しました。専攻科生は、上級海技士取得を目指して頑張っています。

大鍋まつりに参加しました(平成30年5月3日)

食品コース3年生男子3名が土佐市宇佐町の大鍋まつりに参加し、本校名物のツナテンやマグロの煮つけを販売しました。ツナガールに負けないくらいの爽やかな笑顔で接客していました。

龍馬マラソンでおもてなし(平成30年2月18日)

今年も龍馬マラソンで本校のツナテン(マグロの天ぷら)を提供しました。ゲストのテツ&トモさんも食べにきてくれ、「さつま揚げなのに天ぷらというのは何でだろう?」と歌ってくれました。

高知工科大学長賞受賞!(平成30年1月6日)

 高知工科大学永国寺キャンパスにおいて「高等学校産業教育生徒研究発表大会」が実施されました。農業、工業、商業、水産、家庭科、看護の部すべての分野が一堂に会し、各校で取り組まれた日頃の研究成果が発表されました。本校からは食品コース3年の「アカエイは、取り扱い注意~アサリの資源回復を目指して~」が学校代表として発表され、全発表の最優秀に当たる「高知工科大学長賞」を受賞することができました。
 この大会における学長賞の受賞は本校としては初めての受賞になります。

2N特別非常勤講師招聘事業(平成29年12月6日)

水中写真家の森本一宏さんに講話をして頂きました。森本さんは高知にてダイビングショップを経営しながら国内・国外問わず様々な海に潜って写真を撮影されています。生徒たちは森本さんの豊富な体験談に興味を持ち、多くの質問をするなど非常に有意義な講話になりました。

第28回 波介川53PickUp釣り大会報告(平成29年12月3日)

朝の冷え込みが厳しい中、31名の方に参加いただきました。釣り大会では、49センチのブラックバスを釣り上げた方が優勝しました。お昼には、高知海洋高校食品科学部・PTAより参加者におでんが振る舞われ、寒い中健闘した人にご好評を得ました。来年度は、記念の30回大会となる予定です。これからも朗らかに続けていこうと思っております。よろしくお願いいたします。
 ご 後 援 高知県 土佐市
 ご 協 賛 東さん ウッドリーム OSP かめや釣り具 絶釣会 サンライン 津波ルアーズ 釣り具の岡林 マルキュー(ノリーズ) ルアーマガジン 順不同
 ご 協 力 水辺基盤協会
 ゴミ処理 土佐市北原清掃工場

フィッシング部がラジオの取材を受けました(平成29年11月7日)

FM高知の高校の部活動を紹介する番組『Feel The Real』の取材を受けました。放送予定は11月14日(火)及び11月21(火)のいずれも18:15ごろです。

土佐市の文化祭に参加しました(平成29年10月21日)

茶道部員がお茶会のお手伝いに行ってきました。あいにくの天気でしたが、大勢のお客様にお茶を点てることができ、充実した1日となったようです。海洋祭(11月19日)でもお茶会を開きますので、ぜひお立ち寄り下さい。

インターンシップが始まりました(平成29年10月18日)

2年食品コースの生徒は、土佐市近隣の企業でインターンシップを行っています。3日間という短い期間ですが、インターンシップを通して普段とは異なる環境に身を置くことで、自分に足りないものは何か、社会に出るときに何が求められるのかなど多くのことを学んでもらいたいと思います。

四国高等学校カヌー新人大会(平成29年10月14日)

第13回の四国高等学校カヌー新人大会が香川県坂出市の府中湖カヌー競技場で開催されました。500mシングルの部で船坂尚也君が優勝、1年生のみの新人レースでは、田村玖龍君が第2位、堅田侑吾君が第3位、フォアの部では船坂君、山崎君、田村君、堅田君が優勝しました。レースの様子はこちらから見ることができます。「ほぼ日刊カヌー部日誌」http://blog.livedoor.jp/naka_canoe/

鯵の干物(平成29年10月)

恒例の鯵の干物実習が始まっています。地元須崎産の鯵200kgを2年生の食品コースの生徒達が開いて干していきます。海洋祭(11月19日)と魚河岸かいよう(12月16日)で販売しますので、ぜひお買い求め下さい。

ハンドメイドジグ製作とスローピッチジャークの講演・航海コース(平成29年9月21日)

ディーパース・ファクトリーという会社をご存じですか。メタルジグでマハタ、カンパチ、アカムツ、クロムツなどを高確率で釣らせることの出来る人気の遊漁船船長、こだわり満載のメタルジグおよびジギングロッドの釣り具メーカーの社長として名高い東村さんを招いて講義がありました。続きはこちらをクリック。

第56回全日本教職員選手権大会(バドミントン)で本校教諭が優勝しました(平成29年8月14日)

福島県で行われた大会で複合部門において、本校バドミントン部顧問の中原先生が優勝しました。全国から34チームが出場し、その頂点に立ちました。おめでとうございます!同じくバドミントン部顧問の豊永先生もベスト8になりました。大会の様子はこちらをクリック。

バス釣り大会で2位、3位に入賞!!(平成29年7月30日)

岡林釣り具が開催した“BASS 陸っぱりフォトCUP Vol.1”というバス釣り大会で、本校生徒がが、2位、3位に入賞するという快挙を達成しました。今大会は、4時半に岡林釣具店をスタートし、それぞれが思った場所で釣りをし、釣れたら写真に撮り、15時に池公園到着で順位をつけるというものです。結果は以下の通りです。
2位 食品コース3年北岡君、記録は53㎝。 3位 航海コース2年山本君、記録は47㎝。
優勝は一般の方で、53.5㎝。ほんの僅かの差で優勝を逃していますが、それでも多くの参加者のなか、立派な成績です。ちなみに、この大会に参加した、高知海洋高校の先生は8位でした。この模様は岡林釣具店のページにも掲載されています。写真の左右が本校生徒です。

インターハイ出場(カヌー部)(平成29年8月)

山形県月山湖で行われた全国高校総体(インターハイ)に、本校からは、カヌー部が出場しました。カナディアンシングル(200m・500m)で船坂君が準決勝進出したものの力及ばず。カナディアンフォアでは、船坂君、川澤君、林君、山崎君が出場し500mの部で準決勝へ駒を進めました。残念ながら決勝へは進めませんでしたが、選手たちはまだ高校2年生です。来年に向けて気合を入れなおしていました。応援ありがとうございました。

全国水産・海洋高等学校食品技能コンテストに出場(平成29年7月)

東京海洋大学で行われた全国水産・海洋高等学校食品技能コンテストに、本校から3年生の松岡さんが出場しました。ペーパー試験だけでなく、魚の刺身等の実技審査もあり白熱した戦いとなりました。残念ながら優秀賞は逃しましたが、全国の水産・海洋高校生の技術を目の当たりにして大きな刺激を受けた松岡さんでした。後輩の皆さんは後に続いて下さいね!

ドラゴン甲子園 準優勝!(平成29年7月25日)

今年も優勝目指して漕ぎましたが、最後の追い上げもかなわず僅差の二位でした。でも選手たちは、最後まであきらめず頑張りました。応援ありがとうございました。

マリンスポーツデー(平成29年7月18日)

天気が心配されましたが、1時間遅れで競技を開催しました。マリンスポーツを初めて経験する1年生も楽しそうに競い合っていました。笑顔がはじけた1日となりました。

第27回波介川53PickUp釣り大会が開催されました。(平成29年6月)

当日は朝から雨の降る中、47名のご参加をいただきました。続きはコチラをクリック。

宇佐小学校へベンチを寄贈(平成29年5月26日)

本校機関コースの実習で制作したベンチ3基を、地元、宇佐小学校へ寄贈しました。設置にあたって、宇佐小学校の山本校長先生、海地教頭先生から有意義に活用したい趣旨のお礼のあいさつを受けました。また小学校の校庭にあった古いベンチも回収し、修繕作業をして再度設置する予定をしています。

これは何でしょう?(平成29年5月18日)

女子生徒達が持っているのは、マグロの胃袋です。食品コースでは、土佐海援丸での漁業実習で獲ってきたマグロの胃袋を捨てることなく加工しています。胃袋を一つ一つ丁寧に洗い蒸煮していきます。独特な食感がクセになりそうなマグロの胃袋、学校行事で販売しますので、来校者に喜んでいただけることと思います。

高知県知事が視察(平成29年4月20日)

高知県知事、土佐市長ほか20数名の方々が、高知県地場産業大賞の次世代賞を受賞したマグロ缶詰の製作とツナガールの視察においでてくれました。ツナ缶の試食では「これは美味しい」と褒められ、ますますやる気が出た生徒達でした。

高知県高等学校男・女カヌー競技春季大会で優勝(平成29年4月16日)

須崎市の浦ノ内湾カヌー競技場で高知県高等学校男・女カヌー競技春季大会がありました。男子カナディアン・フォアの部で、船坂・山崎・川澤・林君チームが優勝しました。さらに男子カナディアン・シングルの部では、林君が第3位、男子カナディアン・ペアの部では、船坂・山崎君ペアが第2位という素晴らしい結果が出ました。今後の活躍を期待しています。

楽しかった仲間作り合宿(平成29年4月)

今年度も親睦を深めるために、国立室戸青少年自然の家に行きました。みんなで力を合わせてカレーを作ったり、校歌を練習したり、たくさんのことを経験した1泊2日でした。これから3年間、海洋高校で頑張ってください。

機関コース ベンチ製作(平成29年2月22日)

2年機関コースの生徒達が、授業で学んだ溶接技術などを活かして、ベンチを製作しました。製作したベンチは地域に寄贈したいと考えております。

8代目ツナガールとツナ缶が次世代賞を受賞(平成29年1月26日)

第31回高知県地場産業大賞の高知県次世代賞に選ばれました。この賞は、高知県内で作り出された優秀な地場産品や地域産業の振興に貢献のあった活動を顕彰するものです。 チームワークを発揮して作るツナ缶の完成度の高さや、学校の広報にとどまらず魚食文化の普及や魚の消費拡大、高知県の観光PRに貢献している活動が高く評価されました。

大盛況の魚河岸かいよう(平成28年12月17日)

快晴のなか、第14回魚河岸かいようが開催されました。10時からの販売に合わせて長蛇の列ができていました。1年生が作ったクロカワカジキのみりん干しや本校の人気商品であるマグロ缶詰などはあっという間に売り切れてしまいました。自分達が作った商品が飛ぶように売れて生徒達も嬉しそうでした。今月23日には、高知中央公園で行われる農業フェアー(10:00~13:00)にも出店いたしますのでぜひお立ち寄りください。

フィッシングコンテストで優勝!(平成28年11月)

第14回全国フィッシング技能コンテストブラックバスの部で1年白岩君が優勝、大物の部で1年中村君が準優勝です。釣りが大好きで海洋高校へ進学してきた二人は、フィッシング部に入部し日々練習に励んでいます。

スケアード・ストレイト教育技法による自転車交通安全教室(平成28年10月25日)

スタントマンによる模擬交通事故及び違反行為模擬演技を見学しました。傘さし運転の危険性や見通しの悪い交差点での一時停止の重要性を痛感した教室となりました。スタントマンの実演を間近で見学することで交通事故の恐ろしさを実感し、自転車安全利用の大切さを改めて学ぶことができました。

学校前バス停にベンチを設置しました(平成28年10月)

3年機関コースの生徒達が授業で製作したベンチを学校前バス停に設置しました。授業で学んだ溶接技術などを活かして地域に貢献しようと考え製作しました。今後も地域に役立つものを作っていきたいと意気込んでいますのでお声掛け下さい。

ハンドメイドジグ製作およびスローピッチジャークに関する講演(平成28年9月15日)

ディーパース・ファクトリー 社長 東村真義 さんの講演会が開催されました。学生時代の話、会社時代の話、ハンドメイドジグ製作会社兼遊漁船の会社の起業に関する話、今のジギングのためにやっている取り組みなどの話をわかりやすくしてくれました。(続きはコチラ)

お造りを学びました。(平成28年9月15日)

卒業生で「寿し和菜 濱」に勤務活躍されている小松良太さんが、お造りの作り方などを教えにきてくれました。生徒達は、大根を使っての桂剥き、胡瓜や人参の飾り切り、鯵のお造りに挑戦しました。初めは苦戦していましたが、何度も練習するうちに出来るようになってきました。あと2回の技術指導がありますので、生徒達も上達すると思います。最終的な作品をホームページにもUPしますので、お楽しみに!

平成28年度高知県カヌー秋季大会(新人戦)(平成28年9月10日)

台風の影響で9月4日の予定であった秋季大会(新人戦)が10日に須崎市浦ノ内湾カヌー競技場にておこなわれました。
1年C組の船坂君がカナディアンシングル2位、同じく1年C組の川澤君・林君がカナディアンペアで2位になりました。これからもトレーニングを重ね、10月16日香川県府中湖で開催されるカヌー四国新人戦では、さらにパワーアップした漕ぎを見せてくれるでしょう。

アジの干物造りが始まりました(平成28年9月7日)

食品コースの2年生の実習にて、地元須崎産のマアジを背開きにしたアジの干物造りが始まりました。約200kgのマアジを数回に分けて天日干しにて製造していきます。魚河岸かいよう(12月17日)で販売しますので、ぜひお買い求め下さい。お待ちしております。

『釣り』を学ぶ!(平成28年7月26日)

宇佐にある遊漁船“湊丸”さんにお世話になり、インターンシップ研修会を行って参りました。遊漁船の仕事とはどのようなものか、その心構え、実践、操船法、探魚法、遊漁者の楽しませ方、船長の苦労話等々、深い内容をレクチャーしていただきました。(続きはコチラ)

生徒防災教育研修会(平成28年8月24日~26日)

生徒会の生徒5人およびPTA副会長とともに、防災教育の一環として東日本大震災の被災地である宮城県に行ってきました。(続きはコチラ

フォークリフト講習会(平成28年8月1,2日)

本年度も小型フォークリフト運転業務に係る特別講習会が行われました。1日目は、座学で2日目は実技講習。暑い中頑張っていました。

ドラゴン甲子園で優勝!(平成28年7月27日)

第9回須崎市ドラゴンカヌー高等学校選手権大会(ドラゴン甲子園)が須崎市浦ノ内カヌー競技場で行われました。当日は晴天で良好のコンディションとなり、5校300人が参加し熱いレースが繰り広げられました。本校は、予選を全てトップで通過し決勝戦にのぞみました。決勝戦は大差をつけて優勝!! 出場した野球部、カヌー部、柔道部、バドミントン部の皆さん、お疲れ様でした。

マリンスポーツDAYに向けて練習しました(平成28年7月11日)

15日(金)に行われるマリンスポーツDAYに向けて3年生が練習しました。カヌー競技では、息を合わせて漕ぐ生徒たちでした。笑顔あふれる練習となりました。

企業技術者による技術指導(平成28年6月9日~10日)

3年生航海コースマリン系では、漁具制作として「エギ」(イカの疑似餌)作りをフィッシングハヤシの北川さん(航海コースの卒業生です)らを迎えて実施しました。9日は小型ナイフを器用に使いながら丁寧に偽装を施し、10日にはそれを使っての洋上にて漁業実習を行いました。実際的な実習であり、生徒たちもいつも以上に熱心に取り組んでいるようでした。

企業技術者による技術指導(平成28年6月9,10日)

3年生機関コース海洋機器系では、エンジンの分解・復旧実習を南海ヤンマーディーゼルの野瀬さんらを迎えて実施しました。9日は各部の構造を確認しながらエンジンの分解を行い、10日には分解したエンジンを組み立てる工程を学びました。整備のプロの指導ということもあってか、生徒たちもいつも以上に熱心に取り組んでいるようでした。

缶詰製造実習(平成28年6月9日)

食品コースでは4月中旬から6月末までの約2ヶ月半の期間でマグロ缶詰製造実習を実施しています。土佐海援丸での国際航海においてハワイ沖での漁業実習で獲ってきたビンナガなどを原料に2年生、3年生が丁寧に手作りした自慢の一品です。11月の海洋祭および12月の魚河岸かいようでは、たくさんの来校者に喜んでいただけることと思います。

県大・海洋高校国際交流マリンプロジェクト(平成28年6月4日)

高知県立大学から大学生や留学生(イタリア、中国、台湾)ら22人が来校し、本校の専攻科1年生とともに食品体験やロープワークなどを通して、交流会を持ちました。当日は、あいにくの雨のため、予定していた宇佐湾のクルージングが中止となりましたが、ロープワークや三角巾の救急利用法、練り製品の製造などで交流しました。お昼はテンプラや本校教員が提供してくれた80cmのマダイを、これも卒業生が調理し、おやつにはできたてのトコロテンに舌鼓をうちながら、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

1年生の実習風景(平成28年5月)

班ごとに分かれて行う「水産海洋基礎実習」も2サイクル目になりました。今日は、食品コースのトコロテン作りの風景を紹介します。海藻を煮出して作るトコロテンに大興奮の1年生でした。

食品コースの缶詰実習が取材を受けました(平成28年5月12日)

KUTVの取材を受けました。本日のローカルニュース(18:15~)と25日(水)のテレっちのたまご(16:20~)で放送予定です。

1年生の実習風景(平成28年4月)

班ごとに分かれて行う「水産海洋基礎実習」が始まっています。この日は、航海コースの実習が海洋観測と釣り、機関コースの実習がガソリンエンジンの分解組立、食品コースがレトルトカレー作りでした。初めて取り組むことばかりで、目を輝かせて一生懸命頑張っている1年生でした。

1年生は宿泊研修へ行ってきました(平成28年4月12,13日)

今年度も親睦を深めるために、国立室戸青少年自然の家に行きました。ゲームでは、クラスの結束力を高めている姿が見られ、生徒たちはこの研修で多くのことを学び、たくさんの友達を作ることができたと思います。海洋高校で充実した内容のある3年間を過ごしてほしいです。

原付自転車通学許可講習会(平成28年4月5日)

本校では2年次よりバイクでの通学が許可されています。生徒が関わるバイクでの交通事故防止ため、安全運転技術の取得ならびに運転マナーの向上を目的として、毎年、生徒指導部による講習会を行っています。講習会終了後に通学許可証が発行されます。新2年生、安全運転で登校してください。

四級海技士(航海・機関)国家試験の筆記試験に6名全員合格!!(平成28年2月17日)

挑戦したのは、航海コースと機関コースの3年生6名です。卒業試験後の自宅学習期間にも登校して勉強に励み、2月に国家試験を高松市で受験、全員が合格しました。将来は、さらに上級の資格を取得し、大型タンカー船や旅客船の船長・機関長になりたいと意気込んでいます。

避難所にベンチを設置しました(平成28年1月22日)

今日は、機関コース3年生「課題研究」最後の授業でした。授業で製作したベンチを、学校近くの十郎谷避難所に設置しに行きました。6年前から本校の先輩たちが課題研究の時間で地域の方々の要請にこたえ、南海大震災時に役立つものとして製作しています。地震・津波で避難することを想定し、学校での授業を活かして、地域の方々に少しでも落ち着いて避難生活が過ごすそのために必要なものを作っていこうと取り組んできました。
今回設置したベンチは1脚ですが、これまで先輩たちが設置した4つのベンチも長年の雨風等で色褪せしており、それらも再塗装して地域の方々に気持ちよく使っていただけるものにしました。また、ベンチを運んだ仲間で周辺の清掃活動も行いました。
これまで先輩方が続けてきたこの活動を、機関コースの伝統として受け継ぎ、将来やってくるといわれている地震・津波災害に備え、必要と思われるものを製作したいと思います。

入交太兵衛記念賞を受賞!!(平成28年1月9日)

高知工科大学にて高知県の高等学校産業教育生徒研究発表会が実施されました。県内の産業教育関係学科等に学ぶ高校生13チームが日頃の学習・研究活動の成果を発表しました。本校代表は、航海コース3年生による『縄梯子で海難事故防止~簡単・安全・縄梯子~』班が発表し入交太兵衛記念賞を受賞しました。

高知県農業教育フェアに参加しました(平成27年12月23日)

農業や水産を学校で学んでいる生徒たちが作った野菜や加工品を販売する「高知県農業教育フェア」が中央公園で開かれ、たくさんの人で賑わいました。本校からは、食品コースの3人が参加し、ツナ缶や冷凍マグロのブロックを販売しました。大人気商品のツナ缶は、開始から約10分で完売しました。


全国水産海洋高等学校生徒研究発表会四国地区生徒研究発表会で優秀賞!!

11月20日に全国水産海洋高等学校生徒研究発表会四国地区生徒研究発表会が本校を会場に実施されました。四国の各県からは、宇和島水産高校、多度津高校、徳島科学技術高校の上位2チームが出場、本校を含めて計8チームが日頃の学習・研究活動の成果を発表しました。本校代表は、航海コース3年生による『縄梯子で海難事故防止~簡単・安全・縄梯子~』班と、食品コース3年生による『ブリの大和煮』班が発表しました。そして、航海コース3年生の縄梯子班が準優勝に該当する優秀賞を受賞しました。縄梯子班は、来年1月9日の平成27年度高等学校産業教育生徒研究発表会においても発表しますので、ぜひ見に来てください。会場は、高知工科大学講堂です。本校の発表は11:10~を予定しています。

第24回波介川53PickUp釣り大会報告(平成27年12月6日)

無事に終了しました。詳細は、こちらをご覧ください。次回は来年の6月を予定しています。

土佐湾で遊漁船業務について学んできました(平成27年8月3日)

宇佐の湊丸・筒井船長から遊漁船業務について講義を受けた後、実釣指導に入りました。詳細はこちらへ。


ドラゴン甲子園で準優勝!!(平成27年7月29日(水))

第8回須崎市ドラゴンカヌー高等学校選手権大会(ドラゴン甲子園)が須崎市浦ノ内カヌー競技場で行われました。当日は晴天で良好のコンディションとなり、今年も各高校対抗の熱いレースが繰り広げられました。本校は、予選を全てトップで通過し決勝戦にのぞみました。決勝戦は大接戦の末、最後に逆転され、僅差での2着に。出場したカヌー部、野球部、柔道部、バドミントン部、フィッシング部の皆さん、お疲れ様でした。

第23回波介川53PickUp釣り大会報告(平成27年6月21日)

高知海洋高校が実施する波介川53PickUp釣り大会が6月21日(土)に開催され、今回で23回目の開催となりました。詳細はこちらへ。

ようこそ!海洋高校へ!!(平成27年6月16日)

マキキ交流の詳細はこちらへ

宇佐小学校1日体験航海(平成27年5月26日)

宇佐小学校5年生18名と先生2名が土佐海援丸に1日体験乗船しました。海も穏やかだったので、ロープワークなどの活動もできました。積極的な児童が多く、休み時間には船の操舵体験をするなど、クルージングを楽しんでいました。

第68回高知県高等学校体育大会(カヌーの部)で総合優勝!四国大会出場へ!!(平成27年5月23日)

浦ノ内湾カヌー場で行われたカヌー競技にて、カナディアンシングル500メートルで羽飼が優勝、同ペア500メートルで羽飼・宮田ペアが優勝、同フォア500メートルで東野・野村・羽飼・宮田チームが優勝しました。目標は四国大会優勝、インターハイ出場です。引き続き応援よろしくお願いします。

食品コースでは、恒例のマグロ缶詰製造実習が始まりました。(平成27年5月13日)

秋の学園祭に向けて2年生3年生が奮闘しています。

 

海技士(航海・機関)国家試験 三級の筆記試験に6名合格!!(平成27年5月)

 挑戦したのは航海・機関専攻科の1,2年生です。本科卒業後の春休み期間中も補習のため毎日登校し、4月に国家試験を高松市で受験、6名が合格しました。将来は、1,2級の海技士資格を取得し、大型タンカー船や旅客船の船長や機関長になりたいと意気込んでいます。

海上保安官にマリンレジャー等の安全指導をしていただきました。(平成27年4月24日)

 受講したのは航海コース3年生の5名です。ゴールデンウィーク期間に合わせ、マリンレジャーに伴う海中転落や船舶事故等の未然防止を図るために、「縄梯子作成」や「ライフジャケット着用推進」の講習をしていただきました。講義の内容は、マリンレジャーを安全に楽しむために必要なことばかりだったので、生徒達も熱心に取り組んでいました。

 

部活動情報

5種の体育系、5種の文化系部活動が活動中です。国体や各種大会で優勝するなど活躍を見せるカヌー部をはじめ、マリンダイビング部や食品科学部、海洋生物部など、本校ならではの海洋に関する部活動もあります。

体育系

  • バドミントン部、野球部、柔道部、カヌー部、陸上部
  • 高校野球ドットコムに本校野球部が掲載されました。(6月8日)

文化系

  • マリンダイビング部、フィッシング部、茶道部、海洋生物部、食品科学部