中土佐町立上ノ加江中学校
上ノ加江中学校HP
学校経営方針
学校の概要
年間行事予定
活動報告
校歌
学校の位置
生徒数と教職員数
.
学校の概要
青い空、広い海、澄み切った空気、自然環境に恵まれた本校は高知県のほぼ中央にあり、中土佐町久礼から南西約8Kmの地点に位置している。景観の美を誇る土佐湾に面した東側を除いて、潮騒が聞こえる豊かな自然林をはじめ三方山に囲まれている。

 当地域は明治22年町村制施行により、上ノ加江村、矢井賀村が合併して上ノ加江村となり、久礼村と二村になる。明治34年に久礼村が久礼町に、大正4年に上ノ加江村が上ノ加江町となった。昭和32年には久礼町と上ノ加江町が合併して、中土佐町が誕生した。平成18年1月1日、中土佐町と大野見村が合併し、人口8,683人、3,644世帯(平成18年4月現在)の町となった。、

 現在、上ノ加江地区(押岡・上ノ加江・矢井賀)笹場地区には、2,076名、867世帯(平成18年4月現在)の人々が生活している。平成9年7月には、念願であった上ノ加江トンネル(押岡〜上ノ加江間)の開通し、交通の便が大きく改良された。

 産業は、漁業では定置網が主体で、その他に沿岸漁業・近海漁業を中心に、はえなわ(マグロ)、一本釣り(カツオ、マグロ)、養殖(ハマチ・長太郎貝・コンブ)などが行われている。農業は、稲作、葉タバコなどが主体であるが、ハウス園芸も盛んでミョウガ、花、豆などが栽培されている。

 本校は昭和36年、矢井賀中学校と上ノ加江中学校が統合し、昭和51年9月に現在地に新校舎が建設され現在に至っている。校区の小学校は、笹場小学校・上ノ加江小学校・矢井賀小学校で、いずれも小規模校である。

 生徒は、恵まれた自然環境と人情豊かな地域の土地柄の中で育まれ、素直さ、優しさなど素朴な気風を今なお引き継いでいる。挨拶もよくでき、何事にも真面目に取り組むことができる。

 保護者や地域の人々は、学校教育に大きく期待しており、地域の多くの方々が行事など何事にも大変協力的である。