本文へスキップ


 児童の日々の成長を「今日の一枚」
 として公開していきます。

 
   
 
  4月21日
 今年度初めての更新です。少しずつですがアップしていきますので、お時間のあるときにまたのぞいてみてください。
 朝のマラソンの様子です!今年は、桜の開花が遅く、校庭の桜が満開の中で朝マラソンが始まりました。年間190日を目標にがんばります。
 年間通して朝マラソンに取り組み、強い体と心を育てます。
  9月1日(金) 始業式
42日間の長くて、楽しい夏休も終わり、今日は子ども達が大きな作品や荷物を持って元気に登校してきました。
 久しぶりに会う子どもたちは、真っ黒に日焼けし、少したくましくなったようでした。
 1時間目は、体育館で2学期の始業式を行いました。2学期はたくさんの体育的・文化的な行事が多い学期ですが、まずは9月17日(日)にある、運動会に向けて、「がまんする力」、「最後までがんばる力」、「友だちと協力する力」の3つの力を身につけるようお願いしました。17日は、元気いっぱいの咸陽っ子たちの姿をぜひ見に来てください。
 10時からは、県下一斉のシェイクアウト訓練を実施しました。子どもたちは、いつものように素早い行動がとれていました。 
     
9月4日(月)
いよいよ今日から本格的に運動会の練習が始まりました。各学年ごとに体育館や運動場で、子どもたちのがんばる様子が見られました。
 5時間目は、5・6年生が団体演技の組体操の練習に取り組んでいました。心を一つにして、正確で、きれのある組体操を楽しみにしています。
 下の写真は、3年生が花壇に植えたひまわりを観察していました。花や葉がかれ、花にはびっしりと種がついていました。一人ひとりがしっかりと見てスケッチしていました。
 一つの花から、何個くらいの種がとれるのでしょうか。 
 
 
   
9月5日(火) 
今日から、9月27日まで養護教諭実習に来てくれています、はまぐちななさんです。かわいくて笑顔が素敵な先生です。早速子どもたちのケガの対応もしていただきました。3週間ですが、子ども達といい出会いをしてほしいと願っています。頑張ってください。
 
 昨日はあいにくの天候で予定していた全体練習ができず、今日から全体練習が始まりました。6年生を筆頭に元気よく入場行進やラジオ体操など開・閉会式の練習をしました。お礼も随分そろってきました。初日にしてはすばらしい練習態度でした。  
 
   
9月6日(木)
 今日は2学期はじめての英語の授業でした。ALTのリタ先生と担任の先生が楽しい英語の授業をしてくれました。5年生はI like 〇〇の言い方の授業でした。好きな食べ物やスポーツなど子どもたちの楽しそうな笑顔がたくさん見られました。
 リタ先生、2学期もよろしくお願いします。
  4年生の教室をのぞいてみると、なにやら黒い紙のようなものに、イラストを描いていました。よく見ると運動会のダンスに使う衣装のようです。保護者の皆さま、これを着てがんばる4年生のダンスを楽しみにしてください。  
 

 
   
 
9月8日(金)
 今日の昼休みは、マストリレーの練習を行いました。各学級から紅白2名の代表が参加して行われました。さすがに代表選手だけあって、するすると上手に登っていました。まだ、1週間あるのでしっかり練習をして本番に備えてください。
 アンカー選手の抜いた旗が、真っ青な空にひらひらと泳いでいるようでした。
 
     
     
  9月13日(水)
 今日は、運動会本番前の総練習でした。絶好の天候の中で、子どもたちは本番通りに、競技に演技にそして、応援にと全力で取り組めました。
 今日は、沖の島小学校の5名のお友だちも元気に参加してくれました。
 終了が遅くなり、子どもたちもかなり疲労した顔をしていましたが、最後の紅白リレーまでみんなで集中して取り組めていました。三つのねらいとする力の「がまんする力」「最後までがんばる力」もずいぶん付いてきました。
 17日(日)の天候が心配ですが、今日のみんなの元気で台風18号も吹き飛ばしましょう!
 みなさん、お疲れ様でした!  
     
  9月15日(金)
 みんなが楽しみにしている秋季大運動会がいよいよ近づいてきましたが、ブーメラン台風と言われる大型の台風18号が角度を変え、徐々に九州・四国地方に近づいてきました。
 17日の運動会実施に向け、昨夜学校とPTA三役とで協議した結果、下記のお知らせのように18日(月)に順延することを決定しました。
 保護者の皆さまや地域の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますがご理解くいださい。
 18日(月)には、いい状態で子どもたちの元気にがんばる姿をぜひ見てください。
 
   
 9月16日(土)
 台風18号がだんだん接近してきました。宿毛も雨・風共に次第に強くなってきました。みなさん、明日は四国に再接近・上陸するかもしれません、十分気をつけてくださいね。
 さて、今日は9月6日から3週間の養護教諭実習にきている、はまぐち先生の保健の授業がありました。4年生に手洗いの大切さを考えさせる授業でしたが、笑顔でにこやかに授業する浜口先生に参観した先生方も感心したことでした。改めて手洗いの大切さが理解できました。4年生の子どもたちも、笑顔が見えてとても楽しそうな授業でした。
 16時30分からは雨の中をたくさんの保護者や子ども達が参加して、18日の運動会のテントの抽選会が行われました。約70名のみなさんが参加してくれました。みなさん、いい席は取れましたか?18日はいい天気のもとで運動会を行いたいと願っています。
 
   
  9月18日(月)
 台風18号の影響で1日順延となりましたが、咸陽小学校、そして沖の島小学校の児童も参加して、すばらしい秋晴れの下、秋季大運動会が開催されました。会場には祝日にも関わらず、たくさんの保護者・地域の皆さまに参加していただき盛大な運動会となりました。
 子どもたちは競技に演技に応援にと、テーマの通り、「一致団結」して優勝目指して全力でがんばりました。
 今年は、午前中は赤組がリードしていましたが、午後は白組が追い上げ、最後は白組885点、赤組832点で白組が優勝しました。赤も白も最後まで力を抜くことなく、6年生を中心にすばらしい運動会でした。
 保護者の皆さまには、早朝からの準備や、終了後の片付けなど本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 今日は、帰ってから子どもたちのがんばりを是非ほめてあげてください。
 皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
   
9月20日(水)
 今日は咸陽小学校すぐ近くの宿毛新港に、大型客船の「日本丸」が入港しました。全長166メートル、約2万2千トンの大きな船体を新港岸壁に横付けにして、多くのお客様を宿毛に迎えました。
 下船後には、岸壁でセレモニーがあり、マスコットのはなちゃんや市の関係者の方々から宿毛の特産品などのプレゼントの贈呈等がありました。
 その後、みなさんはバスに乗り込み、近隣の四万十市や土佐清水市、大月町などの観光地めぐりにでかけました。今夜、6時ごろに出港し次の滞在地の宮島に向かうようです。
 気をつけて楽しい旅を満喫してください。
 
 










   
 
   9月22日(金)
 今日は、高知市から絵本の「コッコさん」が咸陽小学校に来てくれ、子ども達と一緒に選書会を行いました。体育館のじゅうたんの上には900冊以上の様々なジャンルの本が紹介され、子どもたちは目をキラキラと輝かせながら、一冊一冊ていねいに本を手にとって見ていました。それぞれが気に入ったベスト3冊を選んでアンケート用紙に記入し、それを集計して購入可能な本を選びます。自分の推薦した本が見事購入できるでしょうか。
 今回、初めての選書会でしたが、本離れが叫ばれている中で、今日の子どもたちの生き生きした姿を見ているとそうでもないのかなと思います。パソコンやスマホなどで様々な情報や図書も手に入る便利な時代ですが、紙には紙の良さがあります。
 咸陽小学校では、これからも本好きの子ども達を育成するために、いい本との出会いの機会を多く持たせたいと考えています。近いうちに新刊本も入ると思いますので、お楽しみに!
 読書の秋です。ご家族みんな 
 
  9月25日(月)
 先日、咸陽小学校の子ども達へということで、日本一輪車協会様から、素敵な一輪車を10台寄贈していただきました。運動会も終わり、少し落ち着いたところで、今日、10台分を組んで、6年生に一輪車小屋まで運んでもらいました。そのご褒美に、一番最初に乗ってもらいました。最近は一輪車にもあまり乗っていないということでしたが、楽しそうに乗ってくれました。全員分はないので、みんなで譲り合って楽しく練習してください。上級生は下級生にも教えてあげてくださいね。後片付けも忘れないように! 
 
 
     
  9月26日(火)
 今日は、午後から3年生が「びっちょごま教室」を行いました。
 今日の先生は、地域に住む竹田さん他、たくさんの皆さんがかけつけてくれました。また、子どもたちのおじいちゃんやおばあちゃん達も手伝ってくれました。
 「びっちょごま」は、主に桜の木から作る手作りごまで、木の皮や綿の紐等で作ったむちで、ぱちぱちとしばきながら回します。
 最初はなかなか苦戦していた子どもたちもすぐに慣れ、上手に回せる子ども達もたくさんできました。
 慣れてきたところで、みんなで一斉に回して、びっちょごまチャンピオンを決定しました。
 次に、3年A組対3年B組のびっちょごま相撲大会を行いました。3人が一グループになり、最後まで残った人の組の勝ちとなります。びっちょうごま相撲は、3Bの圧倒的な勝利でした。
 この、「びっちょごま」50歳以上の男子の方なら作った経験や遊んだ経験があるのではないでしょうか。普段は機械で遊ぶ子ども達も、今日は木の手作りおもちゃであるびっちょごまの面白さを十分に味わえたのではないでしょうか。
 ご指導していただいた、竹田さん初め、地域の先生方、おじいやん・おばあちゃんありがとうございました。
 10月1日(日)の宿毛駅まつりでも、体験コーナーが出るそうです。興味のある方はぜひ参加してみてください。 
     
9月26日(火)
今日から3週間の予定で、新しい教育実習生が来てくれるようになりました。咸陽小学校の卒業生の寺田君です。
3週間、子ども達と共に授業したり、遊んだりして本校の児童や教職員といい出会いをしてほしいと思います。3週間がんばってください。
咸陽小学校に見たこともないような大きなかぼちゃのプレゼントがありました。一番大きいものは49.7キログラムあります。このかぼちゃは、今年度四万十市のかぼちゃ大会に出品したかぼちゃだそうです。そのうちのいくつかは小学生が育てたと言うことです。そのコンテストが終わったので、市の職員の方が本校に声かけをしてくれました。かぼちゃと言えばハロウィンですね。このかぼちゃ、どこの学年がどのように使うのでしょうか。楽しみにしておいて下さい。
今は、玄関前に置いていますので、興味のある方はぜひ見においでてください。
 

   
  10月4日(水)
 10日ほど前から、宇須々木にお住まいの吉岡久子さんが、玄関前にある花壇の雑草取りをして、花を植えてくれる計画をしてくれています。吉岡さんは2年生のお孫さんが咸陽小学校に通学していて、この前の運動会にも参加してくれ、さの際に草に覆われていた花壇を見て、花を植えたらどうかと提案してくれました。それ以来午後の時間のある時に学校に来てくれ、草取りをしてくれています。雑草で覆われていた花壇は土が見え、すばらしい花壇に生まれ変わりました。この後は、いろいろな種類の花を植えてくれる予定です。しかし、広い花壇にはまだまだ雑草の根が残っていて時間がかかりそうです。もし、お時間のある方でご協力できます方がいましたら、ぜひ吉岡さんと一緒に花壇づくりに参加してもらえませんか。よろしくお願いします。
   今日は4時間目に、後期の児童会役員選挙がありました。投票前には立候補者・推薦者が、「あいさつ日本一の学校をめざします。」「楽しいレクを考える」「廊下を走らないための取り組みをする」、など当選した時の思いやこれからの取り組みなど、しっかり演説できました。その後、即日開票の結果、新児童会役員が決定しました。
 これからは、前期に児童会役員に代わって、児童会長さんを中心に、力を合わせて咸陽小学校のリーダーとしてがんばってほしいと願っています。
 
   
 
  10月11 日(水)
 今日は、宿毛市芳奈の運動公園で、宿毛市・大月町小学校陸上記録会が行われました。9月の運動会が終わった直後から、6年生は朝練での全体練習、そして放課後での種目別練習とがんばって練習してきました。
 今日は秋晴れの中、子ども達は練習の成果を十分に発揮して、50m走、100m走、走り幅跳び、ボール投げ、1000m走、ハードル走、リレー等、自己ベストをめざしてがんばってくれました。入賞者も数多く出て、咸陽小の鉢巻カラーのうぐいす色が目立っていました。応援の態度もよくがんばって声も出ていました。
 子ども達のピカピカ輝く笑顔と必死にがんばる姿が見えたすばらしい一日でした。特に、1000m走では、もうだめだと思ったところでの最後の力を振りしぼって力走する姿は感動でした。
 保護者の皆さまにも、早朝よりたくさんの応援をいただきありがとうございました。  
 
  10月20 日(金)
 今日は、NTTフィールドテクノの皆さんにご協力いただき、5・6年生が災害伝言ダイヤルの体験学習を行いました。先に担当者の方から、災害が起きたとき、周りに人がいない場合や、自分の安全や家族の安全を確認することなどのお話をしていただきました。その際に、役立つのが今日の伝言ダイヤルです。携帯や公衆電話などから「171」番を呼び出して、自分の安全を電話回線を使って録音し、家族等に安否情報を送るのもです。
 子どもたちは、デモの公衆電話や、携帯電話から「171」に電話をかけ、自分の安全情報の登録の仕方など習いました。いざ、災害等が起こった場合には、有力な情報提供として大変役立つものだと感じました。
 NTTフィールドテクノの皆さま、ありがとうございました。
 



   
10月24 日(火)
 今日は、6年生が埋蔵文化財センターの職員の方々にご協力をしてもらい、出前考古学教室を行いました。初めに、外に出て火起こし体験を行いました。専用の火おこし器を使ったり、棒をこすり合わせて、火種を作って脱脂綿の上にのせ、ぐるぐる回して風をおこすと見事に火がつきました。しかし、中にはかなり苦戦しているペアもあり、石器時代の火おこしの苦労を肌で感じていました。
 その後は、教室で勾玉作りに挑戦しました。自分で気に入った形にカットして、後はサンドペーパーで形を整え、細かいペーパーで滑らかにすると、ピカピカきれいに輝く勾玉が完成しました。真剣な目で取り組む子ども達の姿がたくさん見られました。埋蔵文化財センターのみなさん、ありがとうございました。
 
 下の写真は、来る11月10日の宿毛市・大月町小学校音楽祭に向けて、4・5年生が体育館で全体練習をしている様子です。8月のまだ夏休から少しずつパート練習してきましたが、今は全体練習をしています。まだまだ、十分ではありませんが、少しずつ音も合うようになってきました。心を一つにすばらしいハーモニーをめざしてがんばってください。 
     
 

10月27 日(金)
 今日は、6年生が地域の皆さんにご協力いただき雅楽の学習を行いました。
 以前からお世話になっている、浜口さんが中心になって、一緒にお箏や三味線を練習している9名の皆さんが指導してくれました。
 最初に、お箏や三味線について説明をしてもらい、そのあと、「月の砂漠」や「荒城の月」などのメドレーを演奏してもらいました。
 休憩をはさんで、3〜4人のグループで、先生に教えてもらいながら、「さくら・さくら」を練習しました。初めて爪をつけてお箏を奏でた子どもたちの表情はとても楽しそうで、たくさんの笑顔が見えました。先生からも、しっかり話も聞けて、とっても上手ですと褒めていただきました。一通り練習した後は、「さくら・さくら」のミニ演奏会をしました。子ども達は30〜40分の練習で、すばらしい演奏ができました。大きな拍手ももらいました。短い時間でしたが、日本の楽器のすばらしさに触れることができました。
 先生方、お忙しい中ありがとうございました。

     
10月31日(火)
 今日は各学級の授業の様子を見回っていると、絵や硬筆、毛筆等に取り組んでいる子ども達の様子を多く見かけました。そうです、明日は市の教育文化展の作品〆切です。だから、どの学級も最後の追い込みで子どもたちは作品作りに熱心に取り組んでいたのでした。
 どの作品も、子どもの想いがたっぷり入ったすばらしい作品ばかりです。
 11月3日(金)から5日(日)までの3日間、今年は宿毛小学校の体育館が使用できないため、宿毛市立文教センターで展示を行います。ぜひ、子ども達の作品を一緒に観に行ってあげてください。そして、お友だちの作品や、他の学校の子ども達の作品も味わってみてください。
 みなさん作品作りよくがんばりましたね!
 
 
   
 

 11月1日(水)
 今日は高知県教育の日 「志」とさ学びの日です。咸陽小学校では、このとさ学びの日にちなんで、宿毛のよさや歴史について学ぶ日にしようと、図書委員会が中心となって、以前宿毛市内の小中学生に寄贈していただいた、「すくも郷土かるた」を使った、かるた大会を行いました。
 まずは、長休みを使って、4年生以上の高学年が体育館で行いました。4〜5人でグループを作り、図書委員が読むかるたを素早くとっていました。グループの優勝者には、図書委員から、家族と一緒に作った手作りのきれいな王冠がプレゼントされました。
 午後のお昼休みには、1〜3年生104名が参加してとてもにぎやかにかるた大会を行いました。
 今日の大会には、すくも郷土かるたをプレゼントしていただきました、卓囲会の大江さんに大会のご案内をしたところ、見学にきていただき大変喜んでもらいました。「このかるた大会をきっかけに、家庭でも活用してもらえればうれしいことです。そして、すくものすばらしいところや、すくも市出身で世の中のために活躍した人々がいたことを知ってもらえればうれしいです。」とお話しをしてくれました。
 体育館には、子ども達の笑顔と歓声が響きました。

     
 午後からは、第2回目となる子ども安全見守り隊パレードを行いました。各地区の見守り隊員さん約30名の皆さんが参加してくれ、集団下校中の子ども達「お帰り、気をつけて」など温かい声かけをしてくれました。
 今日は大深浦の「オブカマン」の子ども達の見守りに駆けつけてくれました。
 見守り隊のみなさん、オブカマン、宿毛警察署の皆さん、育成センターの皆さん、関係者の皆さんお忙しい中ありがとうございました。 
     
 
   11月6 日(月)
 11月3日〜5日まで、宿毛市文教センターで宿毛市児童・生徒文化展が行われました。宿毛市内の小・中学生の絵や硬筆・毛筆等の作品が展示され、多くの方が鑑賞に訪れていました。今日の朝会でたずねてみると、咸陽小の子ども達も展示期間中にたくさん訪れ、自分の作品や、友達・他の学校の子ども達の作品を興味深く鑑賞したようでした。また、特別支援学級では、みんなで力を合わせて立派な共同作品もありました。


 先週から、12月7日(木)のマラソン大会に備えて、朝マラソンの走り方が変わりました。個人で目標を決めて走るので、スタート位置も学年でばらばらになります。子どもたちは音楽がなりはじめると今まで以上に力強い走りで、3分間がんばっています。咸陽小学校は、例年6年生の陸上記録会でも1000m走は非常にいい成績を残しています。毎日のこのような少しずつの積み重ねが力となるのだと思います。これからも、日々全力でがんばりましょう。 
     
 
    11月8日(水)
 今日は、6年生が宿毛市保健介護課の職員の方々や、9名の宿毛市食生活改善推進委員(ヘルスメイト)さんたちに協力してもらい、食育活動の一環として、お弁当作りに挑戦しました。
 最初に、市の担当の方から、生活するうえで食育の大切さについて説明をしてもらい、その後、班に分かれて調理実習に入りました。
 今日のお弁当のメニューは、「豚のしょうが焼き弁当」です。まず、調味料や野菜の分量を図ったり、野菜を切りました。6年生になると料理のお手伝い等をする子も多く、包丁の使い方もとても上手な子どももいました。反対に手を切りそうで心配な子どもも見られました。野菜を切った後は、フライパンで肉や野菜を炒めたりしました。各班からおいしそうなにおいが立ち込めてきました。ご飯も炊け、最後にはお弁当の器に自分で盛り付けをしました。職員室にもおすそ分けをいただきましたが、今日はちょうどお弁当の日で、職員はお弁当を頼んでいたのですが、どれがお店のお弁当かわからないくらい、おいしくて彩りもよく、ボリューム満点のお弁当でした。
 この後、ヘルスメイトさんと一緒に楽しい会食をしました。自分たちで使ったお弁当は最高でした。ぜひ、家でも今日習ったレシピをお家の人にも紹介して、作ってほしいと思います。
 保健介護課の皆さん、ヘルスメイトのみなさんご協力ありがとうございました。 
 
     
 
   11月10日(金)
 今日は、宿毛市社会福祉センターにおきまして、平成29年度宿毛市・大月町小学校音楽祭が行われました。
 咸陽小学校は4・5年生61名が参加し、合奏「ファンタジック・ワールド」合唱「スキンブルシャンクス」と「いまだよ」を演奏しました。
 ステージの上ではかなり緊張しているようでしたが、演奏が始まるといつものリズムでいい演奏ができました。他の学校の演奏も、学校規模や特性を生かした演奏を各校が発表してくれ、すばらしいハーモニーに包まれた時間を過ごすことができました。
 保護者や地域の皆さんも早朝より駆けつけてくれ、立ち見の方々も出るくらいの大盛況の音楽祭でした。この活動を通じて、少しでも音楽好きな子ども達が増えてくれると嬉しいですね。
 11月19日(日)は、恒例になりました咸陽小学校のバザーがあります。保護者や地域の皆さま、宿毛市内の量販店の方々からたくさんのバザー用の品物をいただいています。ありがとうございます。昨日(11月9日)は、バザー運営を中心にしていただいている事業部のお母さん方3名が、朝から子ども達用の品物をとってもかわいらしくラッピングしてくれました。朝から夕方までの作業となり、本当にお世話をおかけしました。子ども達も、喜んで買ってくれることでしょう。ありがとうございました。
 
   
 11月12日(日)
 今日は、芳奈の総合運動公園で、宿毛市P連親睦球技大会が行われ、咸陽小PTAもソフトボールに1チーム、スカッシュバレーボールに2チームが参加し、ハッスルプレーが随所に見られました。
 この日の本番を迎えるまでに、ソフトボール・スカッシュバレー共に1ヶ月前くらいから週1回から2回の練習を行い、試合に備えてきました。その努力の成果もあって、ソフトボールはゾーンで3位、スカッシュバレーの咸陽小Aは2位、Bチームは3位と参加した全てのチームが表彰状をいただきました。
 一番心配していたケガもなく、好プレーがたくさん出て、保護者の皆さんの歓声や笑顔がはじけていました。すばらしい秋空の元、気持ちのいい汗をかき、親睦を深めることができました。
 みなさんお疲れ様でした。筋肉痛は大丈夫でしたか?
     
 
    11月14日(火)
 昨夜の雨は結構降りましたね。10月末から、2年生の子どものおばあちゃんの吉岡さんが、正面玄関の花壇をきれいにしてくれている様子をお知らせしましたが、雑草や小石を取り除いた花壇に今は、ラッパスイセンやカモミールなどの花を植えてくれました。花はまだですが、春にはきれいな花が咲くことでしょう。とっても楽しみです。でも、油断すると雑草が後から後からにょきにょきと生えてきます。今もほとんど毎日、4時くらいから吉岡さんが来ては花壇の世話をしてくれています。どなたか花好きでお時間のある方は吉岡さんと一緒に花壇のお世話をしていただけませんか。遠慮なく、おいでください。子どもたちも自主的に草引きのお手伝いをする子もいます。子ども達も、花を好くのを楽しみにしています。
 
 今日は、1年生の担任が研修のため、5時間目の補欠授業に入りました。みんながんばって課題のプリントが早めに終わったので、「すくも郷土かるた」を使ってかるた大会を行いました。みんなでワイワイいいながら楽しいかるた大会になりました。やっぱりみんなでする遊びは楽しいですね。かるたを使って、宿毛のことを少しでも知るきっかけになればと思います。
 一番下の写真は、今日のチャンピオンです。いい笑顔です!おめでとうございます。
 
     
 
   11月15日(水)
 2時間目の算数の時間に1年生の教室をのぞくと、?マークのついた大きな黒い箱に向かって代表の子ども達が、にやにやしながら、手をつっこんで何かを探していました。1年生は今、算数の勉強で形の勉強をしています。「はこのかたち」「さいころのかたち」「つつのかたち」ボールのかたち」など様々な形の特徴を調べてかたちを判断しています。そうです。箱の中には、子ども達が家から持ってきた様々な形の箱があり、それを見ないでさわって当てっこゲームをしていたのです。とっても楽しそうな授業でした。このような授業が算数好きな子どもをつくるのかも知れませんね。

 咸陽小学校では、毎朝、朝マラソンをがんばっていますが、体育の時間には、12月7日に行われるマラソン大会に向けて、コース練習が始まりました。交通量の多い道路を走るので、気をつけて練習しましょう。今日は3・4年生が初のコース練習を行いました。

 11月19日(日)は参観日・バザーとなっています。家庭や地域からたくさんのバザーの品が集まっています。ぜひ、おいでください。
 
 
     
 
    11月16日(木)
 今日は2年A組の音読朝会がありました。今日音読してくれたのは、国語の教科書にのっている「名前を見てちょうだい」です。今日のめあては、「それぞれの場面の様子を思い浮かべながら伝わるように読む」です。えっちゃんの赤い帽子をいろいろな登場人物につたわっていくお話で2年生のお気に入りの単元です。大きな声で、りんりんと朗読してくれた2年生。場面の様子が手に取るように伝わってきましたよ。今日もたくさんの保護者の方々や、おじいちゃんおばあちゃん達が子ども達の様子をみに来てくれました。ありがとうございました。

 6年生はキャリア教育の一環で、外部から講師を招いてお話を聞きました。今日の先生は、自衛隊高知地方協力本部四万十地域事務所に勤務している、広報官の佐藤修一さんに来ていただきました。佐藤さんからは、自衛隊の任務や、自分が海外で支援にあたった、東ティモールでの仕事の様子などを教えてくれました。最後に自分の夢を早く見つけて、見つかった人はその夢に向かって努力することの大切さを教えてくれました。子ども達も、佐藤さんからの海外で働いたことや、いろいろなことにチャレンジする姿勢から、たくさんの刺激を受けたようでした。佐藤さんお忙しい中、ありがとうございました。
 
 

     
   11月17日(金)
 今日は6年生が宿毛歴史館に社会科見学に行きました。6年生は総合的な学習で、宿毛の21人の偉人たちについて調べ学習を行っています。今日は、その資料がたくさんある歴史館をたずねました。まず、八木館長さんから、展示してある資料の説明を聞きました。3階にある歴史館には、宿毛市内から出土した石器・縄文・弥生時代の狩に使われた道具や日用品の土器などが展示され、1万5千年前に作られた精巧な石の矢じりが、校区の宇須々木から出土したことも教えてもらい、子ども達も驚いていました。その他に、江戸時代の宿毛の城下町を再現した模型を使って、当時の町の様子も教えてもらいました。そして、明治から大正・昭和に至る偉人たちの説明をしていただきました。昼食後は、外に出て、河戸堰や宿毛城跡、近くの東福寺や清宝寺などのお寺を訪ね、宿毛城藩主の山内家のお墓や、偉人達のお墓を尋ねました。最後は、梓公園にも行きました。今日は宿毛の歴史や偉人たちについてゆっくり学習することができ、子ども達もとても満足していました。八木館長さん、長い時間ありがとうございました
     
【11月18日】
 今日は朝から、事業部や役員さん、学級委員さんを中心にたくさんの保護者の方が参加し、明日(11月19日)行われるバザーの準備をしてくれました。体育館の各ブースの配置や、商品の陳列、値札付け等々たくさんの作業を行っていただきました。家庭科室では、いつも好評の「おでん」の下準備もしていただきました。バザーは、明日、日曜日の午後3時からです。保護者・地域の皆さまぜひおいでください。また、今回のバザーには市内の業者や商店の皆さま、保護者や地域の皆さまからたくさんのご寄付を頂きました。心から感謝いたします。役員・関係者の皆さま、明日も売店等でお世話になりますがよろしくお願いします。
     
 
      11月19日(日)
 今日は、人権参観日及びPTA主催のバザーが行われました。5時間目の授業は、全学年で人権学習が行われました。たくさんの保護者の方々に参観していただき。子ども達は、人権に対する理解を深めました。
 
     
   午後3時らはお待かねのバザーが行われました。今日まで事業部の皆さんや役員さん、学級委員さんなどを中心にたくさんの方々のご協力をいただき盛大に開催されました。今年度からは、児童も参加することができ、お小遣いをさげて楽しそうに買い物をする姿をたくさん見ました。
 また、バザーには市内の事業所や商店、地域・保護者の皆さまからたくさんの商品もご寄付を頂きました。本当にありがとうございました。
     
 
    11月22日(木)
 今日の学校通信でもお知らせしましたが、4つの「あ」の一つのあいさつ運動に咸陽小では重点的に取り組んでいます。しかし、子ども達の実態を見るとしっかりできている子どももいますが、まだまだ十分でない子どももいます。そこで、朝の気持ちのよいあいさつをもう一度全校児童で取り組もうと、「咸陽小レベル5のあいさつ名人をめざそう!」という取り組みを始めました。あいさつを、レベル1から5まで設定し、みんなでレベル5のあいさつをめざそうというものです。そのためにも、まずは家での朝の第一声の気持ちのよいあいさつができるようにがんばりましょう。

 今日は、2年B組の音読朝会がありました。今日は教科書にある三つの詩を暗唱してくれました。今日のめあては、「大きな声でリズムよく読む」でした。全員が日頃の練習の成果を発揮して、大きな口で大きな声で、雨に関する三つの詩をリズムよく暗唱できていました。2年B組さんよくがんばりました!

 2時間目の初め、2回目となる咸陽小保育園との合同避難訓練を実施しました。子ども達は、3分間の長い揺れに耐え、落ち着いたところで素早く避難してきました。6年生は、保育園児の避難のお手伝いもしながら、みんなが声掛け合いながら素早く避難できました。日頃から、素早い判断・素早い行動を心がけていきたいと思います。
 
     
 
  11月24日(金)
 今日は、宿毛消防署の消防しさんにご協力いただき、火災を想定した避難訓練と、消火訓練、救急法実技講習を行いました。
 最初に家庭科室から出火したという想定で、全員が素早く校庭に避難しました。その際に、少しおしゃべりが多かったことが今回の課題となりました。その後は、各学級の代表が出て、消火器を使った消火訓練を行いました。消火器を使う手順は、「ピン・ポン・パン」です。まず、「ピン」を抜いて、次にホースの口を持って「ポン」と取り外し、上のレバーを「パン」と押すと水が出ます。子ども達はこの手順で上手に消火器を使うことができました。
 消火訓練後に、5・6年生は救急法実技講習を行いました。班に分かれてダミーを使って心臓マッサージを行いました。子ども達が、実際に行う場はないかもしれませんが、これから大人に成長していく上で大切な経験だと思います。、このような場面に遭遇した場合にいかに冷静な行動が取れるかという事も大事です。
 宿毛消防署のみなさん、お忙しい中ありがとうございました。
 これから、空気が乾燥して、火を使う機会も増えてきます。火事等には十分気をつけましょう。  
 
     
 
     
12月3日(日)
 今日は、宿毛市和田の宿毛市相撲場で、「第7回豊ノ島杯 ちびっ子相撲大会」が行われました。会場には、幡多地区の小学生がたくさん参加し、終日熱戦が繰り広げられました。
 咸陽小学校からも、1年生から6年生まで17名のちびっ子選手が参加し、元気のいい相撲を見せてくれました。昨年度まで高学年の団体は2連覇して、今年で3連覇を目指してがんばりました。今日は、主催者の豊ノ島関もかけつけ、元気のいいちびっ子力士の相撲を楽しんでいました。
 試合は、学年1名ずつの団体戦(低学年の部、高学年の部)、そして各学年別の個人戦が行われ、団体戦では、低学年で咸陽Aが準優勝、高学年で咸陽Cが第3位、個人戦では、1年生の部で第3位、2年生の部で3位、5年生の部で第3位2名、6年生の部で準優勝、第3位とそれぞれにすばらしい活躍でした。おいしいちゃんこ鍋やわかめご飯もたくさんごちそうになりました。保護者のみなさん、終日温かい応援ありがとうございました。 
     
 12月4 日(月)
 今日は、午後から第69回人権週間記念行事の一環で、宿毛市小・中学校人権教育作文発表会が宿毛市総合社会福祉センターで行われました。今日は小学生5名、中学生5名の10名のみなさんが、人権や差別について日頃思っていることや、学校や子ども会で学習したこと、友達、家族との関わりなど多くの気づきや考えを発表してくれました。咸陽小からも、5年生の代表が学校代表として、「声をかける勇気」と題して発表しました。休み時間に一人ぼっちでいる友達にどうしたが?と勇気を出して声をかけた経験から、「ありがとう」や「ごめんね」「だいじょうぶ」という言葉の大切さに気づいたことを発表してくれました。たくさんの観客の前での発表はとても緊張したと思いますがよくがんばってすばらしい発表でした。
 これからも、今日の発表の気持ちをいつまでも忘れないで、人に優しくできる人になってほしいと思います。
     
  12月5日(火)
 今日は、4年生がキャリア教育の学習で、宇和島市で助産師さんをしている、坂本さんと看護師の吉岡さんが来てくださり、「命の誕生」のお話をしてくれました。坂本さんからは、赤ちゃんできる過程やお母さんや家族のみんなが、赤ちゃんの誕生をどんなに待ち望んでいるかなど、写真や心音等も聞かせてくれとてもわかりやすく説明してくれました。また、吉岡さんが妊婦役となり、教室で分娩が始まったというシーンを見せくれ、子ども達も一緒に「ひーひーふー」と声をかけたり、「がんばれー」と励ましの声もたくさんかけてくれました。子ども達は坂本さんが本当の妊婦さんと信じ、陣痛が始まったシーンでは大騒ぎでした。
 そして、無事赤ちゃんが生まれると、みんなで喜び、一人ずつ抱っこさせてもらいました。赤ちゃんを見つめる、子ども達のまなざしがとてもやさしくて感動しました。
 坂本さん、吉岡さんお忙しい中、本当にありがとうございました。
     
 12月6 日(水)
 今日は、1年生の音読朝会がありました。今日音読してくれたのは、「おとうとねずみチロ」という国語の教科書にででいるお話です。
今日まで、教室でそして、お家で一生懸命練習してきました。その成果を十分に発揮し、めあて通り、「りんりん」と大きな声で音読できました。会話のところでは、登場人物のチロの気持ちがとってもよくあらわれ、工夫した読み方ができていました。今回で2回目となる音読朝礼でしたが、1年生の成長をたくさん感じることができた音読朝会でした。1年生のみなさんよくがんばりましたね!
 今回で2回目となる音読朝礼でしたが、1年生の成長をたくさん感じることができた音読朝会でした。1年生のみなさんよくがんばりましたね!
     
  3時間目、3年生の音楽をのぞくと、なにやら振り付けをして踊っているのかと思ったら、13日に行う人権集会での手話奏でした。曲は、「世界が一つになるまで」です。とっても上手に手話をつけて歌っていました。ピアノは男先生が伴奏するそうです。13日の人権集会、各学年の発表や人権標語、3年生の歌もピアノも楽しみです。
     
 
12月7日(木)
 今日は、2学期最後の大きな学校行事となるマラソン大会が行われました。朝はこの冬一番くらいに冷え込みましたが、その分スタート時刻には気温も上がり、風もなく絶好のマラソン日和よりでした。
 子ども達には、最後まで歩かずに走りきることと、友だちを全力で応援することの2つをお願いして、1年生からスタートしました。保護者や地域の方々にもたくさん参加していただき、交通安全街頭指導や温かい声援ををたくさんいただき、子ども達の背中を押してくれました。ありがとうございました。ほとんどの子ども達がベスト記録を出す中で、5年生女子のくぼまりかさんが大会新記録を出しました。おめでとうございます。惜しくも大会新記録まであと数秒という記録もありました。
 子ども達一人ひとりのがんばりが十分発揮できた、すばらしいマラソン大会でした。  
 
     
  12月8日(金)
 今日は、いつもお世話になっています西町地区ゲートボールクラブの皆さんにご指導いただき、クラブの時間にゲートボールで交流しました。子ども達は5・6人で1チームを作り、5コートを一回りする試合を行いました。最初はスティックの扱い方もぎこちなかったですが、だんだんに慣れてきて、すばらしいショットを見せてくれました。ホールインワンも何人も出て、大変盛り上がりました。寒い日でしたが、子ども達は寒さを吹き飛ばすくらいゲートボールを楽しんでいました。西町ゲートボールクラブの皆さんありがとうございました。
     
  12月8日(土)
 今日は、朝から個人面談があり、保護者の方々がたくさんおいでてくれました。寒い中、ご協力ありがとうございました。
 午後2時からは、放課後子ども教室主宰のクリスマス会が体育館で行われました。体育館は放課後の先生方が、前日にきれいに飾りつけもしてくれ、クリスマスの雰囲気でいっぱいでした。オープニングは、片島中学校吹奏樂部の皆さんが、クリスマスの衣装を身につけ、クリスマスソングや「嵐」の曲を演奏してくれました。子ども達も鈴やタンバリンなどの楽器を持って一緒に演奏する機会も作ってもらいました。その後は、みんなでゲームをしたりクイズをして楽しみました。今日は、フィンランドから3人のサンタクロースがかけつけ、子ども達一人ひとりに素敵なプレゼントを渡してくれました。放課後の先生方のおかげで、楽しいクリスマス会ができました。放課後の先生方、片島中学校吹奏楽部のみなさんありがとうございました。
     
 12月11日(月)
 今日は、4年生と5年生が、黒潮実感センター長の神田さんにおいでていただき、宿毛湾の海の生き物や、宿毛湾の漁業について学びました。
 5年生は、社会科で日本の漁業について学習していますが、その発展として、宿毛湾の海生き物の様子や、漁業の仕方(漁法)について、写真やビデオ等で紹介してもらいました。子ども達は、柏島の海のすばらしさに目を奪われ、宿毛湾での漁業の仕方や獲れる魚などにも興味を持って話を聞いてくれました。子ども達の中には、お父さんが養殖業をしている子ども達もいて、ブリやマダイの養殖の仕方や、大月町で行われているマグロ養殖等についても熱心に耳をかたむけていました。
 4年生は、宿毛湾の海の生き物についての学習でしたが、黒潮の役割や、働き、柏島の魚の種類等、知らないことをたくさん学ぶことができた1時間でした。いろいろな質問にもとても分かりやすく答えてもらいました。神田先生、お忙しい中ありがとうございました。
     
  3時間目は、2年生のキャリア教育の一環で、咸陽小学校のとなりにある咸陽保育園から、杉本園長先生と前田先生が来てくださり、保育園の1日の様子や、どうして自分が保育士になろうかと思ったきっかけなど、とても分かりやすく話してくれました。前田先生の保育士になろうと思ったきっかけは、自分が幼稚園に行っている時に、優しい先生との出合があって、将来は自分もこんな優しい先生になりたいと思ったのがきっかけだそうです。その後は、みんなでゲームや保育園の子ども達がしている遊びを教えてもらいました。子ども達は、保育園に帰ったような気分で、とても楽しそうに遊んでいました。園長先生、前田先生ありがとうございました。
     
   3・4時間目は、5年生がすくも湾漁協女性部の皆さんや、漁業指導所、学校給食センターや産業振興課の職員さんたちに協力してもらい、食育授業を行いました。今日は、宿毛市の代表的な魚の「きびなご」を使った、てんぷらやフライ、おみそ汁、酢の物などを作りました。きびなごは、手で頭を取り、爪を立てて、はらわたや中骨をぬききれいに一枚にしていきました。初めての挑戦で苦労している子どももいましたが、手馴れた手つきでさばく子どももいて、やはり海ばたの子ども達だなと関心したことでした。皆さんのご支援で、おいしい給食ができ、先生方と一緒に楽しい会食ができました。先生方、とても分かりやすく教えていただきありがとうございました。
 ぜひ、家でも魚料理に挑戦してみてください!
     
 12月12日(火)
 今日は全校児童が、被災時に食べるレスキューフーズの試食会(防災給食)を行いました。低学年には、高学年がお助けマンとなって手伝いに入ってくれました。低学年は先生の説明どおりに箱から中身を開け、手順にそって作業を進めました。高学年は、パッケージに書かれている手順を自分で読んで、先生の助けを借りず、作業を進めるクラスもありました。水の中に発熱剤を入れると、水と反応して温度が上がり、すぐに袋の中から水蒸気が出てきました。20分ほどかけ温めた後は、10分くらい蒸らしてできあがりです。今日は中華丼とカレーライスでしたが、子ども達の反応もよく、「おいしい」と、しっかり食べていました。しかし、うまく温めることができずに、まだご飯の固いままの人もいて、レンジで温める人もいました。
 災害時、とても便利でおいしいレスキューフードですが、今回のように、固いままのご飯ができ、食べにくい一面もあることが分かりました。やはり、一度実際にやってみないといけないということを実感しました。
     
 
     
 午後2時からは、オルカブラスの演奏会がありました。オルカブラスは金管5重奏とマルチパーカッションを加えた6重奏で、主に関西を中心に、西日本や日本全域に渡って、公演活動を活動をしています。
 オルカブラスのメンバーには、本校卒業生の横山さんも活躍されていて、今回は音楽とそして、後輩の咸陽っ子たちにキャリア教育の視点から、夢や希望を持つこと勉強の大切さを話してくれました。
 また、横山さんが様々なパーカッションを使って、楽器の持つ「音」の楽しさを教えてくれました。
 演奏は、子ども達の大好きなドラゴンクエストの曲や、クラシック、テレビのテーマソングや咸陽小学校の校歌も演奏してくれました。オルカブラスさんから、少し早い素敵な演奏のクリスマスプレゼントをいただきました。
 保護者や地域の方々もたくさんおいでていただき、プロの生演奏に大満足の1日でした。
 オルカブラスの皆さん、本当に今日は素敵な演奏をありがとうございました。心に残るコンサートでした。
     
 
    12月13日(水)
 日本では、昭和24年に12月10日を最終日とする1週間を「人権週間」と定めています。 咸陽小では、校内の取り組みとして、今日の1時間目に人権集会を行いました。子ども達は、4日から自分で作った人権標語をワッペンにして、この期間中、普段以上に自分と友だちを大切にする活動を心がけて生活しています。
 今日の人権集会では、歌や音読、名前の由来、人権作文発表など、各学級の特色ある取組が発表されました。短い練習期間の中で、とても堂々とすばらしい発表でした。見ている私たちもたくさん感動をもらいました。
【各学級の発表】
・1年生  詩の音読「あるけ あるけ」「ありがとう」 歌「手と手と手」
・5年生  作文「声をかける勇気」 安喜 梨花  作文「あいさつは、まほうの言葉」 安喜 凪咲
・2年生  音読「島ひきおに」
・4年生  大切な名前「私の名前の由来」
・3年生  音読「ともだち」 手話の歌「世界が一つになるまで」
・6年生  音読「私と小鳥と鈴と」他  
 
   午後からは、5年生が、文部科学省の事業の一つで、各校に著名なアスリートを派遣してくれる“夢先生”派遣事業がありました。今日の夢先生は、以前、ハンドボールの実業団でプレーし、今は環太平洋男子ハンドボール部で監督をされている、前田誠一さんが来てくれました。
 まず、体育館で体ほぐしのウォーミングアップの後、グループで一つの目標を達成するゲームや競争の「チームワークゲーム」を行いました。一つ目は、決められたスタート地点に一列に並び10歩で全員が一直線にきちんと並べるかというゲームでした。子ども達は、クリアする方法を話し合い、心を一つにし取り組み、3回目に見事クリアすることができました。楽しいゲームの中にも、いろいろな課題が出され、その都度話し合ったり考えたりすることで、体を動かすだけでなく、頭を使って工夫したり、しっかりコミュニケーションを図ることの大切さを学びました。とても有意義な1時間でした。ウォーミングアップで、前田先生が見せてくれたボール投げは、体育館のすみからステージの上まで届くくらいすごいボールを投げていました。さすが、ハンドボール選手だなとみんなびっくりでした。
 その後、教室で前田先生が社会人のハンドボール選手になり、現在、大学の監督をすることになったこと、そして、これからの夢など、いろいろな挫折や苦労を乗り越えて今があることを子ども達につたえてくれました。
 子ども達も、その後夢シートに自分の将来の夢について発表してくれました。5年生にとっては本当にすばらしい出合になりました。
 前田先生、原先生、山下先生ありがとうございました。
 
     
 12月14 日(木)
 今日は、6年生が小学校生活で最後となる音読朝会を行いました。今日発表してくれたのは、国語の教科書に出ている、立松和平さんの著書の「海のいのち」です。今日のめあては、物語の内容が伝わるように、一つひとつのことばを大切にして音読する。」でした。普段は声の小さい女子も、今日は自分の持てる精一杯の声を出し、下級生達に音読の手本を示してくれました。下級生の聞く態度もとってもよく、シーンと水を打ったようでした。多くの行事等が重なり、短い期間の練習ではありましたが、いい発表でした。
     
  午後からは、1年生がキャリア教育の一環で、市内でケーキ屋さんをしている、「タンプルタン」の有田さんが、1年生にケーキ作りを教えてくれました。最初にケーキ屋さんの仕事の様子について話を聞きました。ケーキ屋さんの仕事は、パン屋さんのように朝あまり早くないことも分かりました。それには、あまり早くから作ると、商品がいたみやすいし、お客さんも店に来るのはわりと遅い時間だからそうです。その後、子ども達は、スポンジにクリームをのせ、いろいろな果物をトッピングして、かわいいケーキを作りました。その後は、ケーキの試食会をしました。とってもおいしくて、子ども達の幸せそうな笑顔が広がりました。初めて作った本格的なショートケーキに子ども達は大喜びで、普段お店で買っているケーキを自分達で作る機会が持て、本当によかったです。授業後は、ほとんどの人が「ケーキ屋さん」になりたいと教えてくれました。
 有田さん、お忙しい中本当にありがとうございました。
     
 
     
 12月18 日(月)
 今朝はまた一段と冷え込みが厳しかったですね。聞くところによりと、三原村ではマイナス4度だったとか・・・寒いはずです。その寒さを吹き飛ばすかのように、今日から、児童会主催のドッジボール大会が始まりました。全8チームのトーナメント方式で優勝チームを決定します。決勝戦は22日(金)です。
 熱戦をごらんになりたい方は、お昼休みの午後1時過ぎに体育館へ来てください。
 みなさん、優勝目指して頑張ってください。
     12月19 日(火)
 今日は3年生が人権学習として、毎年お世話になっています山戸さんにきてもらいお話をしてもらいました。山戸さんは目が不自由で、アイメイトのロリアンという盲導犬と生活しています。
 今日はその盲導犬との出会いや、アイメイト協会での盲導犬との訓練の様子、普段の生活の様子や、目が不自由で生活をする上で大変なことなどをとても分かりやすく、楽しく教えてくれました。
 今日は、ロリアンは一緒に来ることはできませんでしたが、また、ぜひ一緒に話を聞きたいです。
 山戸さん、お忙しい中ありがとうございました。
 
     
  12月20日(水)
 今日は2年生が生活科でおもちゃ祭りを計画してくれました。体育館には、さらまわしコーナー、つりコーナー、ボーリングコーナー、山登りかめさんコーナー、びょんびょんカエル・びっくり箱コーナー、輪投げコーナーなど、たくさんの楽しいコーナーを作ってくれました。
 午前中は、隣の咸陽小保育園の年長さんも招待し、一緒に楽しんでくれました。
 長休みには、高学年を招待し、3時間目には1年生を招待してみんなで楽しみました。どのコーナーもよく工夫さてとっても楽しかったです。
 2年生のみなさん、楽しい時間をありがとう。
 
   
 12月21日(木)
 毎週木曜日は、ALTのリタ先生との英語の授業がある日です。今日も1年生、3年生、5年生、6年生とフル回転で担任の先生と授業をしてくれました。歌ありチャンツありで笑顔と子どもたちの元気な声が絶えない楽しい授業でした。
 リタ先生、ありがとうございました。
 少し早いですが、MerryChrismas 
     
 
 12月22日(金)
 今日は、たんぽぽ学級、なかよし学級、あおぞら学級の子ども達がお世話をして育ててくれた野菜の販売をしました。子ども達は、毎日水をあげたり、野菜につきた虫をとったりと大事に育てた大根、ブロッコリーを格安で販売してくれました。たくさんあった野菜もあっという間に完売しました。
 売ったお金を何に使うのか楽しみですね。
 お昼休みには、月曜日から始まったドッジボール大会の決勝戦と3位決定戦が行われました。決勝は3年生チーム対4・5・6年生の連合チームの対決でしたが、3年生の健闘及ばす、優勝は4・5・6年生連合チームでした。企画してくれた児童会の皆さんお疲れ様でした。  
 
   12月25日(月)
 今日は、いよいよ2学期最後の日でした。
 咸陽小には、咸陽地区特産の文旦と小夏の木が2本校庭に植わっています。普段から、地域の方がお世話をしてくれ、少し実は小ぶりですがたくさん実っていました。それを空からのお客さん(トンビ・カラス)が美味しそうに食べていました。このままでは大変なことになると、5年生が収穫してくれました。少し寝かしてみんなで分けて食べたいと思います。
 2枚目の写真は、児童会が中心になって取り組んだ、赤い羽根共同募金を宿毛市の社会福祉協議会の職員さんに渡しました。みんなで集めたお金を有効に使ってもらえたらうれしいです。
 午後からは、終業式を行いました。たくさんの行事があった2学期、子ども達のがんばりを称え、安全に楽しい冬休みを送るように話しました。
 その後、子どもたちは学級に入って、冬休みの過ごし方や、宿題などについて確認し、一番はらはらする瞬間の「あゆみ」をもらいました。
 担任の先生から、2学期のがんばりを評価され、子ども達はにこにこ顔で受け取っていました。
 咸陽っ子たちのがんばりがたくさん見ることができた2学期でした。1月9日にまた元気に会いましょう。
 保護者・地域の皆さんたくさんのご支援・ご協力ありがとうございました。
 よいお年をお迎えください!
 
 
   12月28日(木)
 子ども達のいない学校は、とっても静かです。
 今日は、12月28日(木)仕事納めです。
 4月に咸陽小学校に赴任し、今日まであっという間でした。私の中での、今年の一番のニュースはは、咸陽小学校のかわいい子ども達との出会いがあったことです。平成30年も子ども達の笑顔が輝くような、「最幸の学校」をめざしてがんばります。
 今年一年、お世話になりました保護者の皆さま、地域の皆さま本当にありがとうございました。平成30年もよろしくお願い致します。
 皆さま、よい年をお迎えください。
 
     
 新年、明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。

1月9日(火)
 いよいよ、今日から学校では3学期がスタートしました。14日間の休みを満喫した子ども達が、寒い中元気に登校してきてくれました。やっぱり子ども達の笑顔と元気な姿は最高ですね。
 1時間目は、3学期の始めの式の始業式を行いました。一年間のまとめとなる大事な学期です。特に、6年生にとっては小学校生活最後の学期です。たくさんの思い出を作って、立派に卒業してほしいと願っています。
 午後からは地区別に分かれて、冬休みの反省をしました。けっこうお手伝い等もがんばってくれたようです。
     
  1月10日(水)
 今日からまた、朝マラソンが始まりました。子ども達は寒い中でも全力で朝マラソンをがんばっています。このようにこつこつ積み重ねることによって、丈夫な体と強い心を身につけることができると思います。“今日も元気だ!咸陽っ子”

 また、この日は、4・5年生が高知県学力定着状況調査を行いました。長文でかなり難易度の高い問題もありましたが、最後まで集中して解いていました。1・2・3・6年生は標準学力調査を行いました。この後、成果と課題を明らかにして、今後につなげたいと思います。
     
  1月12日(金)
 今日は今年一番の寒気団が日本列島に接近し、咸陽小学校でも断続的に雪が降りました。玄関前の花壇もうっすらと雪化粧をしてとてもきれいでした。
 裏の文旦や小夏畑も雪でたちまち真っ白に変身していました。教室からは、子ども達の「もっと降れ!」という心の声が聞こえてきたように思いました。
 子ども達が期待するくらい、今夜も雪が降るのでしょうか。道路の凍結が心配です。
     
  1月17日(水)
 もうすぐ韓国の冬季ピョンチャンオリンピック、そして2020年東京オリンピック・パラリンピックが2年後に迫ってきました。今、テレビ等でも東京2020のキャラクターのことを放送していますが、全国の小学校でも、子ども達がキャラクターの選定をしています。咸陽小学校でも、学級別に東京2020授業を行い、DVDやその他の資料を使い理解を深め、それぞれのキャラクターの持つ意味やイメージを膨らませて、クラスごとにキャラクターを選んでいます。最終的にはどのキャラクターになるのか楽しみですね。
     
  1月18日(木)
 今年になって、初めての読書ボランティアさんによる読み聞かせをしていただきました。今日は1年生から3年生まで5人の先生方が来てくれ、おもしろい本や楽しい本を紹介してくれました。1年生は、落語に出てくる「じゅえむ」を読んでくれ、子ども達は大笑いでした。
     
 午後からは、保健集会で保健委員さんたちが、冬休みの生活習慣から抜け出すように、規則正しい生活習慣を紹介してくれました。インフルエンザも流行っています。早ね・早おき・朝ごはん、そしてうがい・手洗いでしっかり予防もしましょう。
     
1月21日(日)
 今日は、1月の参観日で午後からは1日先生でした。
 4年生は、午前中に10歳を記念して、「二分の一成人式」を行いました。家族から子どもへのメッセージをもらい、子どもからは、それに対して日頃お世話になっている、家族の人たちに普段はなかなか言えない感謝の言葉を心を込めて伝えました。思わず声がつまって読めなくなる児童や、涙をこらえながら最後まで読もうとする姿に、聞いてくれた保護者の皆さんの涙を誘いました。4年生の皆さん、今の気持ちを大切にいつまでも持ち続けてくださいね。 
     
 午後からは、それぞれの学級で、保護者が先生になったり、外部から講師の方に来ていただいて教えてもらったり、親子で楽しい交流の時間をもつことができました。
 1年生は、「たこ作り」でした。白い紙に好きな絵や模様を入れて、自分だけの凧を完成させました。その後は校庭に出て、凧揚げをしました。
     
 2年生は、親子ドッジボール大会と、紙とんぼ作りをしました。親子で、楽しいドッジボール大会を行いました。
     
 3年生は、本業は大工さんで、組子作りの名人の、濱中伸也先生に来ていただき、「組子細工」を作りました。とってもきれいな組子模様の作品ができました。
   
  4年生はプラ版作りと、親子ドッジボール大会でした。プラ板にいろいろなキャラクターや絵を描いて、オリジナルのキーホルダーを作りました。
     
 5年生は、3名のはし拳の先生方に来ていただき、ルールや対戦方法を学び、クラスでトーナメントをして、横綱を決めました。「はい!いらっしゃい!〇〇本」という元気な声が飛び交いました。 
     
 6年生は、クレープ作りを行いました。保護者の方に先生になってもらい、具沢山でとっても美味しいクラープができました。
 それぞれの学年で、楽しい内容が実施できました。講師の依頼や、当日の運営等中心になっていただきました、各学級の学級委員さん、お忙しい中ご指導いただきました講師の先生方、本当にありがとうございました。
     
  1月26日(金)
 今日は、午後から人権コンサートを行いました。
 今日来ていただいたのは、福岡県出身のmonさんです。
 monさんの透き通った張りのある声と素敵な歌、そして自分の小学生の時の人とは違う行動をとっていたことや、それでいじめられた体験、素敵な先生との出会い、命の大切さ、お母さんやお父さんの子どもを思う気持ち等、会場にいいた全員にたくさんの示唆とすてきな歌のプレゼントをしていただきました。
 隣の咸陽保育園の年長さんも参加してくれ、しっかり聴いてくれていました。
 保護者や地域の方々も参加いただき、それぞれの皆さんの心に響くものがあったのではないかと思います。
 monさん、素敵な時間をありがとうございました。
     
1月29日(月)
 今日は、5年生が焼き物作りに挑戦しました。
 講師は、大月小学校の和田先生を招聘し、皿やコップを作りました。
 初めに、土をこねたりたたいたりしながら土の中の空気を抜いたりやわらかくした後に、コップ作りと皿作りの2班に分かれて作業を行いました。皿作りは、最初にデザインをして、土を棒で平たく伸ばして、自分のデザインを竹串で写し切り抜きました。その後、ふちをつけて完成です。
 コップは、底を作ったものに、ひも状に伸ばしたものを底の周りに積み重ねて高くしていきます。子ども達は、最後まで熱心に作業に取り組み、講師の和田先生からも褒めてもらいました。この後。素焼きをして、次にゆうやくを塗ってもう一度焼いて完成です。どんな作品に仕上がるか楽しみです。
 
     
  お昼休みには、21日(水)に予定されている、縄跳び大会の練習を行いました。
 縄跳び大会では、個人種目と団体種目があり、団体では班別に一斉跳びや八の字跳びを行います。今日は6年生の班長を中心に、一斉跳びや八の字跳びの練習を行いました。低学年にはやさしく教える場面もたくさん見られました。これから、みんなでどんどん練習を頑張ってください。 
     
  1月31日(水)
 この前、知人から借りてきて玄関に置いている梅の鉢に梅の花がぽつぽつ咲き始めました。外はまだまだ寒いですが、確実に春の訪れを感じます。


 4時間目、学級の様子を見に教室を回っていると、1年生が楽しそうにけん玉をしていました。リズムにのってとても上手にけん玉をしていました。私の姿を見て、いろいろな難しい技も見せてくれました。
 さあ、けん玉はいつ披露してくれるのでしょうか。楽しみです。
     
 
     
2月2日(金)
 今日は、6年生が宿毛市森林組合やすくも湾漁協、JA高知幡多、宿毛市役所産業振興課などたくさんの方々のご協力で、「松田川水系上流植樹事業(森林学習)に平田小学校の5年生と参加しました。
 最初に、黒潮生物研究所の中地所長さんや、川エビの研究をしている、山下しんご先生から、宿毛湾の自然のすばらしさや、海の生き物の多様性、今の川エビの状況などを中心に、山と川と海のつながりについて学びました。
 その後は、坂本ダムの下流に移動し、山桜やほうの木などの植樹を行いました。土がかなりかたくて苦戦している児童もいましたが、大人の先生方の力を借りて、何とか一人3本の植樹を行いました。何年か後には、立派な山になって、きれいな水を蓄えてほしいです。
 お昼は、すくも湾漁協婦人部の方々が、美味しいカレーや、宿毛特産のキビナゴの天ぷらを作ってくれました。とっても美味しくて、お代わりを3杯した男子もいました。
 昼食後は、坂本ダムに移動し、ダム内部の見学や、働きについて学びました。
 たくさんの方々にお世話になり、多くのことを学べた森林学習となりました。
 宿毛市の、山・川・海の自然のすばらしさが改めて分かりました。 
     
 
     
  2月4日(日)
 今日は、10時から宿毛市旧真丁商店街を中心に、2018早春健全育成ジュニア駅伝大会が行われました。
咸陽小学校からは男子2チーム、女子1チームが出場し、他の宿毛市内の小学校のお友達や、宿毛市・四万十市の陸上クラブや、他の運動クラブの友達と競いました。女子は見事3位に入賞し、男子もAチームが4位、Bチームが7位というすばらしい成績でした。
 会場となった、旧真丁商店街付近には、たくさんの保護者や家族が選手の応援に駆けつけてくれていました。
 小雪が舞い、非常に寒い天候でしたが、選手のみなさんは、寒さを吹き飛ばすかのような熱の入った走りを見せてくれました。
 区間賞も男子4区で2年生が第1位、女子5区で4年生が第1位、女子1区で5年生が第2位というすばらしい成績でした。その他にも、いろいろなスポーツクラブで出場した咸陽小の子ども達もすばらしい活躍でした。普段の朝マラソンの成果が十分出せる形となりうれしく思います。これからもこつこつ継続していきましょう。
 一本の襷にたくさんの思いをこめて走ったすばらしい駅伝大会でした。
     
  2月6日(火)
 今日は、午後から来年度入学する年長児の1日入学と、新入学児の保護者を対象に入学説明会が行われました。午後1時30分からの受付時間に、保護者に付き添われて、園児が元気に登校して来てくれました。
 最初は、1年生との交流が行われ、体育館で鬼ごっこなどして楽しみました。その後は、5年生のお兄さんやお姉さんに手をつないでもらい、校舎の案内をしてもらいました。たくさんの教室に驚いた様子でした。園児の皆さんには、「早ね早おきをすること」、「元気なあいさつができること」、「好き嫌いなく、しっかり食べること」の三つを入学するまでに頑張ってくださいとお願いしました。
 並行して、音楽室で保護者説明会を行い、学校の概要や、入学にあったっての準備物、集団登校、放課後子ども教室、給食島について説明をさせてもらいました。説明に先立って、地区の民生児童委員さん、SSWさんにも来ていただき紹介させていただきました。
 みんなが、4月9日の入学式を楽しみにしています。
     
 
     
 
     
2月7日(水)
 今日は、2年生が西土佐にある四万十川森林ふれあい推進センターの皆さんにご支援いただき、木工クラフト教室を行いました。工作に入る前に、紙芝居で森や森林の働きについて学びました。植林した杉やヒノキは世話をしないと、水をためたり、立派な木に成長しないことなどとても分かりやすく教えてもらいました。
 その後は、お待ちかねの木工クラフトの工作をしました。今日は、ふれあいセンターのみなさんが用意してくれた、お雛様とお内裏様をきれいに色を付けて塗りました。子ども達は、思い思いに丁寧に工夫しながら作業を進め、1時間ほどで完成しました。子ども達の楽しそうに色付けをすく姿が見ていてとってもうれしかったです。もうすぐひな祭りですね。ぜひ、家にもって帰った飾ってほしいです。
 森林ふれあい推進センターの皆さん、ありがとうございました .
     
 
      2月8日(木)
 今日は、高知ユナイテッドスポーツクラブから2名の先生が来てくれ、1・2・3・4年生に、サッカーの楽しさや魅力について、ボールに触りながら教えてくれました。子ども達は、ペアでボールの扱いをならいながら、攻撃と守備の練習をしました。慣れてくると少人数で練習したり、最後には男子と女子に分かれてミニゲームで楽しみました。
 お二人の先生方、遠路高知市からおいでいただきありがとうございました。子ども達の生き生きと楽しそうな姿がたくさん見ることができました。
 
     
2月9日(金)
 今日は、午後から6年生が大島小学校と2校交歓会を行いました。4月には、ほとんどの子ども達が片島中学校へ入学します。それまでに一度顔を合わせ、交流を図ることを目的として行われました。この日は、サッカーを通して、男女混合チームや学校対抗でゲームをして楽しみました。最初は、やや恥ずかしそうにしていた子ども達も、だんだん慣れてきて、会話もできるようになりました。
 今回の交流をきっかけに、ぜひ、4月からいいともだち関係をつくってほしいと願っています。
     
2月11日(日)
 今日は、芳奈の宿毛市運動公園陸上競技場で小学生西南駅伝大会が行われました。今回は6年生6人がエントリーし男女混合で1チームを作り出場しました。2月に入ってからは、放課後に学校周辺を走るなどして練習を積んできました。レースは、1区のあやと君が区間1位とすばらしい走りで流れを作り、その後にタスキを受けた選手も自分の力以上の走りでがんばってくれました。やや順位を落としましたが、最終区5区のアンカーのみなとくんが前の選手を何人かかわし、最終的に5位入賞というすばらしい結果でした。6年生の底時からを見せてくれました。 
     
2月13日(火)
 昨年の夏、立派な外倉庫が完成しましたが、中の棚等がなく整理できない状況でしたが、副会長の山口さんにお願いし、棚を取り付けていただきました。完成と同時に早速、6年生が荷物等を倉庫の棚に置いてくれすっきりと整理・整とんできました。
 山口さん、お忙しい中ありがとうございました。
  2月16日(金)
 今日は、午後1時30分から体育館で学習発表会が行われました。どの学年も練習の成果を十分に発揮でき、その学年にあった工夫と特色が見られた学習発表会でした。出し物の最後には、全ての学年が、お世話になった6年生に感謝のことばをかけていました。聞いていた方々の胸にも熱いものがこみ上げてきたのではないでしょうか。インフルエンザにより、全員そろっての練習も十分でない学年もありました。また、当日も残念ながら出演できない子どもさんもたくさんいました。その人たちの分まで、みんなでがんばりました。
 会場に来ていただいた、保護者や地域の方々に最後までたくさんの声援をいただきました。ありがとうございました。  
 
     
プログラム1番 3年「オペレッタ・花さき山」 
3年生は、「花さき山」をオペレッタで紹介してくれました。ピアノに合わせて、せりふを言ったり、歌で発表したりとすばらしい声をきかせてくれました。
     
プログラム2番 4年「百人一首をしょうかいしよう」 
4年生は、百人一首から一人が一枚選んで、大きな紙にかるたを書いて、発表してくれました。恵もとても上手でしたが、かるたの読み上げもとても上手でした。
     
 プログラム3番 1年「できるようになったよ」
1年生は、4月に入学して以来、たくさんのことができるようになりました。今日は自分ができるようになった発表と、けん盤ハーモニカ(ピアニカ)の演奏、そして、歌手の三山ひろしさんもびっくりするような「けん玉」の腕前を見せてくれました。特に曲にあわせてけん玉をするところでは、全員がひざでうまくリズムをとって、すばらしいパフォーマンスを見せてくれました。
     
 プログラム4番 2年「オペレッタ・くつ屋と小人」
2年生は、歌と劇で楽しい出し物を見せてくれました。とってかわいいくつ屋さんと小人がたくさん出てきてくれました。
     
プログラム 5番 5年「5年生の思い出」
5年生は、運動会で行った組体操、1日先生で教えてもらった「はし拳」、総合で学習した、宿毛湾の漁業などについて発表してくれました。
     
プログラム6番 6年「力(ちから)合わせます! 
6年生は、ダンスとコップで出す音を組み合わせて、素敵なパフォーマンスを披露してくれました。その前には、1から10までの数字の数え方を、韓国語、中国語、英語で読んでみせてくれました。
     
最後に、1年生から素敵な手作りメダルが、6年生一人ひとりの首にかけられました。まるで、平昌オリンピック(ピョンチャン)で活躍する日本選手のようでした。6年生いい笑顔でした!6年生のみなさん、あと少したくさんの思い出をつくりましょう!