加領郷小学校いじめ防止基本方針

○ はじめに
児童が将来に向けての夢と希望を持ち、自己実現を図るために努力し自立した社会人に な る た め の 基 盤 を 育 成 す る た め に 、「 心 豊 かでたくましい子を目指す児童像に掲げ、学校として、確かな学力・基礎体力の確立そして、なによりいじめのないお互いが支え合って生きていける学校づくりを実現し、児童が安心して通える学校づくりのためにいじめ防止基本方針を策定する。
これを基に教職員が一丸となり、学校の中で起こった些細な事象にもしっかり目を向け、児童が学校生活の中で不安やつらい思いをしない学校づくりを進めていく。

○ いじめ防止等の対策に関する基本理念
いじめの防止対策は、いじめが全ての児童に関する問題であることを理解し、児童が安心して全ての活動に取り組めるよう、学校内外を問わずいじめのない学校を推進するとともに、いじめが及ぼす影響や問題を十分理解し、全ての児童がいじめをしない、させないを実現するとともにいじめ防止のための対策をいじめを受ける子どもの側に立ち、生命及び心身を保護することが特に重要であることを認識しつつ、保護者、地域住民、その他の関係者との連携の下、いじめ問題を克服することを目指して行わなければならない。

○ いじめの定義【いじめ防止対策推進法第2 条】
この法律において、いじめとは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人間関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為( インターネットを通じて行われるものを含む) であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。
この法律において学校とは、学校教育法( 昭和2 2 年法律第2 6 号) 第1 条に規定する小学校、中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校( 幼稚部を除く) をいう。
この法律において児童等とは、学校に在籍する児童又は生徒をいう。
この法律において保護者とは、親権を行う者( 親権を行う者のいないときは未成年後見人) をいう。
・個々の行為がいじめに当たるか否かの判断は、表面的・形式的にすることなくいじめられた児童生徒の立場に立つ
・心身の苦痛を感じているものとの要件が限定して解釈されることのないよう努める。
・当該児童生徒の表情や様子をきめ細かく監察するなどして確認する外見的にはけんかのように見えることでも、いじめられた児童の感じる被害生に着目して見極める。
・いじめの認知は、特定の教職員のみによることなく、学校におけるいじめ防止等の対策のための組織を活用して組織的に行う。
( 具体的ないじめの態様)
・冷やかしやからかい・仲間はずれや集団による無視
・軽くぶつかられたり、遊ぶふりをしてたたかれたり、蹴られたりする。
・ひどくぶつかられたり、たたかれたり蹴られたりする。
・金品をたかられたり、隠されたり、壊されたり、捨てられたりする。
・嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする。
・パソコンや携帯電話で、誹謗中傷や嫌なことをされる。

○ いじめの理解
いじめはどの子どもにも起こりうることであり、嫌がらせや意地悪等の「暴力を伴わないいじめ」は、多くの児童が被害も禍害も経験する。これは度も繰り返されたり、集中的に行われたりすることで生命または身体に重大な危険を生じさせうる。
加えて、いじめの加害、 被 害 と い う 二 者 関 係 だ け で な く 、「 観 衆 」 としてはやし立てたりおもしろがったりする存在や、周辺で暗黙の了解を得ている「傍観者」の存在にも注意を払い、集団全体にいじめを許容しない雰囲気が形成されるようにする音が重要である。

○ いじめ防止等の対策のための委員会
当該組織は、学校がいじめ問題に取り組むにあたって中核となる役割を担う。当該組織は的確にいじめの疑いに関する情報を共有し、それを基に組織的に判断し対応する。

1 . 組 織 の 役 割
( 1 ) いじめ防止基本方針に基づく取り組みの実施や具体的年間計画の作成・実行・検証・修正を行う。
( 2 ) いじめ防止等の対策の取り組みに関するチェックシートの作成・検証・修正
( 3 ) いじめに関する校内研修の企画・検討
( 4 ) いじめ相談・通報の窓口としての役割
( 5 ) いじめの疑いに関する情報や児童の問題行動になどに係る情報の収集と記録
( 6 ) いじめ情報に基づき緊急会議を開き、情報の迅速な共有、関係児童への聴取、指導、支援体制、対応方針の決定と保護者との連携を組織的に実施する。
( 7 ) 重大事象の調査組織の学校母体となる。

2 . 組織の構成員
この組織を構成する教職員は、全職員( 管理職・学級担任・保健支援員・支援員・用務員) 及び定期的( 月1 回もしくは2 回) に学校に勤務するS C 、S S W とする。また、事象に応じて保護者
・地域住民・外部人材を加える。

3 . 組織運営上の留意点
当該委員会を機能させるにあたっては、教育委員会の助言を得るとともに、重大事態の調査を行うにあたっては、この組織を母体にしつつ、事案の性質に応じて、教育委員会が指定する専門家を加えるなどの方法によって対応する。
○ いじめ防止のための取り組み

【学校づくり・授業づくり】
① 全ての児童が安心で安全な学校生活を送ることができ、規律正しい態度で授業や行事に主体的に参加・活躍できる学校づくりを進めていく。
② 授業研究を通じて、わかる授業づくりに全教職員で取り組み、全ての児童が参加・活躍できるめの授業改善を目指す。

【集団づくり・児童理解】
① 学校生活での児童の役割を縦割り班の中でしっかり見つめ、集団の一員としての自覚や自信を育む。
② 集団での活動の中で、お互いが認めあえる人間関係や学校風土を 作 り 出 し て い く 。 1
③ 交流学習や地域一体型の活動を通じて、児童が人と関わることの喜びや大切さに気づかせる。
④ 児童の様子を注視し、時期や行事で起こりえる様々な事柄に対して対応できる指導計画を作成する。

【生徒指導】
① 授業規律をしっかりと確立し、学校として揃えて行くべき事柄を確認する。
② 児童の行動をしっかりと見つめ、いじめの兆候や前兆を見逃さない。また、いじめている児童や、周りではやしている児童を容認することがないようにする。
③ いじめをゆるさない体制づくりを行い、問題を自分たちの問題として主体的に考えるよう働きかける。

【教職員の資質能力の向上】
① 校内授業研究等で互いの授業を参観し合う機会を、いじめ防止に絡め年間指導計画に位置づける。
② いじめに対する認識を深めるための校内研修を実施し、自身の対応に対してしっかりとチェックし、いじめに対する取り組みができる学級づくりに取り組む。
③ すべての児童がいじめの問題への取り組みについての意義を理解し、主体的に参加できる活動になっているかどうかをチェックするとともに、陰で支える役割に徹する。
④ 教師の不適切な認識や言動、差別的な態度や言動が、児童を傷つけたり、他の児童によるいじめを助長したりすることがないようにする。

○ いじめの早期発見、早期対応
1 . いじめの発見
( 1 ) いじめの早期発見は、いじめへの迅速な対処の前提であり、全ての大人が連携し、児童生徒の些細な変化に気づく力を高めることが必要である。
( 2 ) 児童の変化等に気づいた情報について確実に共有するとともに速やかに対応する。
( 3 ) ささいな児童の変化や気になる行為があった場合、詳細をメモしいつでも共有できるようにしておく。
( 4 ) 情報を得た場合、それを集約し必要に応じて関係者を招集し対応を考える体制づくりをする。
( 5 ) 朝の会や帰りの会での児童の顔を見て声を聞くことや、個人ノート等の日記も活用し、児童の様子を注視する。
( 6 ) 保護者との連絡を密にし、家庭での様子を把握する。
( 7 ) 保護者からの相談、地域からお情報を収集できる体制を確立する。
( 8 ) 担任による個人面談、S C ・S S W による定期面談を実施する。
( 9 ) 児童の相談には真摯な態度で臨み、児童の側にたった対応をする。

2 . いじめの対応
( 1 ) すみやかに、組織的に対応する。
( 2 ) 加害児童に対しては、人格の成長に配慮しながら、教育的配の下、毅然とした態度で指導する。
( 3 ) いじめとして対応するべき事案かどうかの判断は対策のための委員会が行う。
( 4 ) いじめであると判断された場合、被害児童のケア、加害児童の指導など、問題の解消までは対策のための委員会が責任を持つ。
( 5 ) 加害児童生徒の状況が改善されない場合、また効果が十分でないと判断される場合は、高知県教育委員会とも連絡を取り合い所轄警察と連携し対処する。
( 6 ) 児童の生命、身体又は財産に重大な被害が生じる恐れがあるときは直ちに所轄警察署に通報し、適切に援助を求める。
( 7 ) ネット上のいじめについては、関係機関の援助を得ながら適切に対応する。
( 8 ) いじめが重大な事態と判断された場合には、高知県教育委員会からの指示に従って必要な対応を行う。
( 9 ) いじめを見ていた児童に対しては、自分の問題として捉えさせるような教育活動を行う。
( 10 ) 児童の人格成長に 主 眼 を 起 き 、 問 題 の 再 発 を 防 ぐ 教 育 活 動 を行うことが問題の解消につながるという考え方で動き、その後の経過も見守る。
( 11) 情 報 モ ラ ル の 授 業 を 行 う 。

○ P T A や地域の関係団体との連携
1 . P T A や地域の関連団体との連携促進
( 1 ) P T A 及び地域関係者にいじめ防止のための委員会への事象に応じての参加してもらい、いじめについての検証・対応策の検討を行う。
( 2 ) いじめについての校内研修への参加や、S C による授業、講演への参加を促す。
( 3 ) 県内の教育相談事業に関わる広報カードやチラシを配布し周知する。

2 . 地域とともにある学校づくり
( 1 ) 学校と保護者・地域住民が一体となって地域の子どもを育みいじめ問題の解決を進めていくために、開かれた学校づくり推進委員会とともに、学校のいじめ問題の取り組みについて検証する。

○ 重大事態への対処
・重大事態の発生と報告
学校は「重大事態」に対処し、当該重大事態と同種の事態の発生の防止に資するために、重大事態委員会を設け、質問票の使用その他の適切な方法により、当該重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行う。
調査を行った時は、当該調査に係るいじめを受けた児童及びその保護者に対し、当該調査に係る重大事態の事実関係、その他必要な情報を適切に提供する。

( 1 ) 重大事態の発生と調査
学校は重大事態が発生した場合には、直ちに県教育委員会に報告し、その事案の調査を行う主体の判断を仰ぐ。
( 2 ) 調査の趣旨
重大事態の調査は、重大事態に対処するとともに、同種の事態の防止に資するために行う。
重大事態へのへの対処にあたっては、いじめを受けた児童生徒やその保護者からの申し立てがあった時は、適切かつ真摯にに対応する。
( 3 ) 調査を行うための組織について
重大事態であると判断したときは、当該重大事態に係る調査を行うため、速やかに重大事態委員会を設ける。
この組織の構成については、弁護士や精神科医、学識経験者、心理や福祉の専門家等の専門知識及び経験を有するものであって、当該いじめ事案の関係者と直接の人間関係又は特別の利害関係を有しない者に参加を図ることにより、当該調査の公平性・中立性を確保するよう努める。
( 4 ) 事実関係を明確にするための調査の実施
調査は、重大事態に至る要因となったいじめが、いつ、誰から行われ、どのような態様であったか、その背景事情、人間関係、学校対応などを網羅的に明確にする。


太平洋を一望できる加領郷小学校の子ども達は、広大な海原のような広い心を持ち、すくすくと成長を続ける...いつかこの場所に帰りたくなる 海と共に生きる場所 それが加領郷