平成30(2018)年度活動方針
目標

公教育に寄与する。

活動方針

・事務職員個々の職務能力の向上を目指し、事務職員のチーム力を高める。
・学校事務の組織化をはかり、学校事務の向上をめざす。

具体的活動内容

・研究・研修活動の充実をはかる。
・実務研修の充実をはかる。
・「第22回四国地区公立小中学校事務研究大会(徳島大会)」の成功に向けて積極的に取り組む。
・学校事務支援室等連絡協議会及び教育関係機関(教育委員会・校長会・教頭会・共同実施組織等)との連携をはかる。。

各部の活動について
財務部

目的:研究会の財政運営
役割 ・充実した研究活動を実現するための予算編成
    ・会員の理解が得られる適正な予算執行

総務部

目的:研究会活動を円滑に行うための企画運営・連絡調整・各種情報提供
役割 ・広報
    ・研究会全体の連絡調整
    ・研究大会、研修会、幹事会、企画委員会の運営

研修部

目的:「学校事務職員」の実践力の向上
役割 ・研修会関係の企画
    ・チーム力UPと実践力向上をめざすための研修企画

調査研究部

目的:高知県公立学校事務研究会研究中期計画に基づき研究を行い、学校事務の高質化をはかる。
役割 ・調査関係(全事研調査・県内の学校事務に関する調査・全国の情報等の情報収集、情報提供)
    ・研究関係(県大会全体会の企画・四国大会高知県担当分科会企画)
    ・研修会受付(春季研修会・冬季研修会)

ご感想・ご意見などはメールでお寄せください。
迷惑メール対策のため、メールアドレスを画像で表示しております。恐れ入りますが、表記のメールアドレスをメールソフトに転載のうえ、メールをお送りください。