高知県公立学校事務研究会

平成29(2017)年度活動報告
目標

公教育に寄与する。

活動方針

・事務職員個々の職務能力の向上をめざし、事務職員のチーム力を高める。
・学校事務の組織化をはかり、学校事務の向上をめざす。

具体的活動内容

・研究・研修活動の充実をはかる。
・実務研修の充実をはかる。
・「第49回高知県公立学校事務研究大会(佐川大会)」の成功に向けて積極的に取り組む。
・ 学校事務支援室等連絡協議会及び教育関係機関(教育委員会・校長会・教頭会・共同実施組織等)との連携をはかる。

各部の活動について
財務部(部員数5名)

○会員、各担当、各部の協力のおかげで予算の効率的な執行に努めることができた。

総務部(部員数14名)

○広報
 ・会報「わかたけ」の発行(H29年度は、6号発行)
 ・研究集録「わか竹」の編集及び発行
○研究会全体の連絡調整
 ・支部や各部との連絡調整及び研修会等の後援・講師依頼など県教委他との連絡調整を行った。また、校長会や教頭会との教育懇談会開催にむけ、関係機関との連絡調整を行った。
○研究大会・研修会・幹事会・企画委員会の運営
 ・研修会・幹事会・企画委員会等の開催にあたり、日程調整や会場手配、要項・案内文書発送など、当日までの準備を行うとともに、当日の運営を行った。

研修部(部員数7名)

○研修会関係の企画・チーム力UPと実践向上をめざすための研修
6月 春季研修会
 ・講演「集団になじみにくい児童・生徒の理解と対応」
  スクールカウンセラー 濱川 博子

10月 自前研修会
 ・講演「『学校事務』誌とその周辺 - 業界の羅針盤をめざして -」
  学事出版株式会社「月刊学校事務」編集長 木村 拓
 ・シンポジウム「これからの高知県の学校事務」
  コーディネーター 学事出版株式会社「月刊学校事務」編集長 木村 拓
      シンポジスト   越知町立越知小学校 主査 森 誠樹
                高知市立朝倉中学校 主査 小島 高明
                高知市学校事務企画調整室 総括主任 坂本 美紀

1月 冬季研修会
 ・研修報告「教職員等中央研修 事務職員研修」
  四万十市学校事務支援室 主幹 谷口 美香
                   四万十町立窪川中学校 主幹 大田 純久
 ・「学校事務支援室等連絡協議会」報告
 ・福利厚生に関する実務研修 公立学校共済組合高知支部
 ・「学校事務職員の加配による教員の多忙化解消の研究事業」取組報告
 ・グランドデザインについて

調査研究部(部員数5名)

本年度の目標である「学校事務組織の評価・検証と学校事務を高質化する研究」に取り組んだ。
○研究関係(四国大会高知県担当分科会の企画・県大会全体会の企画)
 ・春季研修会
 研究中期計画の説明
 「新たな役割を学ぶ」
 学校運営事務についての説明、高知県内の実践紹介、グループ討議
 
 ・第49回高知県公立学校事務研究大会(佐川大会)
    「学校事務で繋ぐ 新しい役割のイメージトレーニング」
     -描こう 事務職員の羅針盤-
    提案者 安芸市立安芸第一小学校 主査 尾﨑 有祐
    助言者 茨城大学大学院 准教授 加藤 崇英
 
 ・冬季研修会
    県大会報告
    四国大会にむけて

○調査関係
 ・全事研から依頼された調査を各支部長等に依頼し、県内事務職員に依頼した。

○研修会受付
 ・春季研修会、冬季研修会の受付を行った。

ご感想・ご意見などはメールでお寄せください。
迷惑メール対策のため、メールアドレスを画像で表示しております。恐れ入りますが、表記のメールアドレスをメールソフトに転載のうえ、メールをお送りください。