校長挨拶

 ようこそ、高知北高等学校のホームページへアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
 本校は、高知市の中心部を流れる鏡川の南岸沿いに位置し、通信制を併置した昼夜開講の多部制(定時制)単位制普通科高校です。また、夜間部には高知県医師会准看護学院との技能連携としての衛生看護科を設置しています。

 本校の特色は、3課程(昼間部、夜間部、通信制)の通常の教育課程以外に午後の時間帯に「特別講座」、「共通講座」を開講していることです。

 特別講座は一般の方と3課程の生徒が共に学び、豊かな人間性を育むための講座で、「土佐の歴史と文化」、「茶道入門」、「話し方講座」、「手話」、
「中国語入門」、「ハングル入門」の6講座を開講しています。

 共通講座は、3課程の生徒が相互併修や相互乗り入れをして、より多くの履修形態を生徒に提供しようとするものです。内容的には国語、数学、英語の基礎及び発展的なものであり、基礎学力の定着と更なる向上に努めています。また、芸術分野や楽しい講座として「絵画」、「現代書道」、「暮らしとマナー」などを開設しています。

 さらに、「ハートフルドア事業」として、個々の生徒に寄り添った心の支援体制を充実させ、生徒たちのより良い学校生活と自立への支援を行うことを目的として、医療アドバイザー、スクールカウンセラー、学校カウンセラー、ピアカウンセラーを配置し、カウンセリング機能を充実させ、互いに連携して教育相談活動を行っております。

 このように、高知北高校は全教職員が一丸になって「生徒が学校に登校するのが楽しいと思い、目標に向かって柔軟に学び、チャレンジできる環境づくり」に努め「日本一あったかな学校づくり」に取り組んでいます。


高知県立高知北高等学校
学校長  寛藤 次男