本文へスキップ

「文武両道」、kitanokawa.j.h.s

危機管理risk management

危機管理マニュアル

地震Ⅰ はじめに
  学校教育に関して生じ得る事件や事故の防止、あるいはその被害を最小限に食い止めるための措置(予防措置)、及び生じてしまった事件や事故に対する善後策に関する経営行為とし、学校の危機管理に関するマニュアルを以下のように策定する。         


Ⅱ 管理対象となる危機の範囲 
  学校教育に関連して生じ得るあらゆる事件・事故を管理対象として危機の範囲とする。 
1.学習活動あるいは学校生活上において、生徒の生死に係わるような事件や事故、及び校内暴力  やいじめなど学校経営上極めて困難な状態、あるいは、生徒の犯罪や非行
2.学習活動あるいは学校生活上において、教職員の生死に係わるような事件や事故、及び不祥事
3.地震や火災・風水害などの非常変災


Ⅲ 危機管理に対する教職員の共通認識
  「迅速かつ的確な対応」、「問題の拡大防止」、「学校に対する信頼の維持」を旨とし、日頃から「問題の本質を的確に理解」することや「様々な事態に対応できる備え」を怠らない。また、例え小さな出来事や事件であっても「筋をとおした事後処理」や「人間味のある温かい対応」、「誠意をもった対応」を心がける。そのためにも、「学校及び学校教育に対する信頼を得る努力」を積み重ねるとともに、「教職員間の人間関係の維持」や「モラルの高揚」に努める。学校施設の瑕疵による事故を防ぐため、校内外の危険個所の把握と点検及び保守に努める。
  また、非常時における問題への組織的・機能的対応についての意志決定は、学校長が行う。但し、大震災等の非常変災のような、現場に数多くの緊急課題が発生する場合には、学校長の基本的な方向の枠内で現場での決定を行う。非常時の組織・指揮系統は時には校 務分掌等の役割を越えて行うこともある。情報管理と対外発表については、学校長が窓口となり対応することを基本とする。


Ⅳ 危機に対する対応 

 1.学習活動あるいは学校生活上において、生徒の生死に係わるような事件や事故、及び校内暴   力やいじめなど学校経営上極めて困難な状態、あるいは生徒の犯罪や非行


(1) 不審者等の校内侵入
①本校又は他校の卒業生である高校生の場合
【対 応】
・校内若しくは既に校舎内に入ってきた場合、発見した者が対応し必ず用件を聞く。
・授業時間中又はその他生徒の活動時間中に在校生との接触を図ろうとした場合は絶対許可しない。
・校内の施設に要件(見学等)がある場合、必ず職員室を訪れ、学校長又は教頭の許可を得るよう促す。但し、授業時間中や生徒の活動時間中の場合は許可しない。また、それ以外の時間で許可する場合も、校内を自由に徘徊したり、施設を自由に使用することは許さない。
・校内等で喫煙している所を目撃した場合は、本人に注意するとともに、校内からの退去を指示する。
・指導や注意を受け入れない場合は、生徒指導主事又は教頭(学校長)と連絡をとり、育成センターや補導センター(窪川)へ通報する。また、場合によっては直接高校の生徒指導担当者にも連絡を入れる。

②不審者の場合
【対 応】
・日頃から学校来訪者には積極的に声かけを心がける。
・不審者を校区内等で直接見かけたり、そうした情報が地域・保護者からあった場合は、生徒指導主事及び教頭・学校長に報告する。報告を受けた生徒指導主事又は教頭はその情報を関係機関(育成センター等)に報告する。            
・不審者が校内・校舎に侵入した場合、発見者が対応し、必ず要件を聞き、校長室を訪れるよう促し、案内する。                        
・生徒の授業中、不審者が廊下を徘徊したり、直接教室に入り、生徒に危害を加える恐れがある場合は、大声で以下の指示を生徒に行う。「職員室へ逃げろ!」「校庭に逃げろ!」「職員室へ行って応援を呼べ!」加えて、大声で助けを求めるとともに、場合によっては火災報知器を使用する。       
        
・不審者が凶器等を所持している場合は、直接もみ合うことなく、相手を説得又は興奮を静めるようにし、応援が来るまで時間を稼ぐ。もし、直接対応を迫られた場合は、身近にある物(椅子・モップ・消化器等)を使用し、凶器を遠ざけることを考える。
・知らせを受けた職員は、全員が現場に即駆けつける。学校長は直ぐに警察に通報を行い、被害状況(負傷者がでた場合)を調べ、その状況によっては、119番通報を行う。また、養護教諭は救急車が駆けつけるまでの応急処置を被害生徒又は職員に行う。
・生徒に負傷者が出た場合、学級担任は直ぐに該当生徒の家庭に正確な情報を伝える。
・事件の正確な記録を生徒指導主事と教頭が中心になって行う。
・事後、学校長は教育委員会へ連絡・報告を行う。
・報道機関及びPTAへの対応は学校長(又は教頭)が行う。
・事後、緊急に職員会を開催し、今後の対応方針を決定するとともに、PTA役員会やPTA総会を緊急に開催し、事件報告を行うとともに、今後の対応について協議する。また、場合によっては地域全体にも協力を呼びかける。

  (2) 生徒の犯罪・非行…万引き・窃盗・家出・他校とのトラブル等の愚犯行為 
①万引き・窃盗等
【対応1】
・事件発生後、商店等の関係者から学校に連絡があった時、生徒の名前を確認し、直ぐに学級担任及び生徒指導主事、学校長又は教頭に報告する。
・報告を受けた学級担任は、校長・教頭及び生徒指導主事と協議のうえ、該当生徒の保護者に連絡をし、事件発生現場に向かう。特に数学年に跨るような場合は、生徒指導主事が中心となって対応する。
・事件のあった商店では、該当生徒の前で保護者に謝罪をさせる。教師は保護者の前に立って謝罪せず、裏に回って謝罪をする。
・事件を起こした生徒及び保護者を学校に呼び指導を行う。
・生徒への事情聴取は学級担任と学年部の教師及び生徒指導主事が中心になって行うが、複数であたるとともに必ず記録をとるようにする。
・保護者への対応は学級担任を中心に、生徒への事情聴取を行っている教師以外の学年部の教師があたる。場合によっては、学校長と教頭も入る。

②生徒の家出
【対応1】
・生徒の家庭等から学校に連絡があった時、学級担任が保護者と対応する。担任が不在の場合は、副担任及び生徒指導主事、あるいは教頭が対応する。
・連絡を受けた学級担任は直ぐに学校長又は教頭に報告をする。
・事件への対応について、学年部を中心に、生徒指導主事と学校長・教頭を加え対策を協議する。
・情報の共通化を図るため、全職員を集め状況についての説明を行う。但し、職員の集合は休み時間をできるだけ使う。

③他校とのトラブル
【対応1】
・トラブルのあった学校から連絡があったら、該当生徒の名前を確認し、学級担任と生徒指導主事に連絡するとともに、学校長又は教頭に報告する。生徒の確認ができない場合は、生徒指導主事に連絡するとともに、学校長又は教頭に報告する。
・トラブル校へ、生徒指導主事と学年部を中心に直ぐに駆けつけ、生徒を学校に連れて帰る。但し、生徒が指導を受け入れない場合は、直ぐに保護者に連絡をする。

【対応2】
・関係機関との連携を図る。育成センター及び警察・他校との対応は生徒指導主事又は教頭が、教育委員会への連絡は学校長(又は教頭)が行う。
・報道機関との対応が必要になった時は、学校長(又は教頭)が行う。

(3) 生徒が生徒に対しての暴行及び教師に対しての暴行(校内暴力)、人間関係のトラブルやそれに伴う事件(いじめ等)
①生徒が生徒に対しての暴行又はいじめ等
【対応1】
・事件を発見又は通報を受けた職員は、学級担任及び生徒指導主事に連絡をするとともに、学校長又は教頭に報告する。
・生徒指導主事と学級担任が中心となって対応するが、授業が入っていない等、手の空いてる職員は全員が事件現場に駆けつけるようにする。
・対策及び対応については、学年部の中に生徒指導主事も入り協議をする。また、時には管理職も加わる。
・臨時職員会を開催し、生徒指導主事が中心となって、全教職員で協議を行う。
・保護者への連絡及び連携は学級担任が中心となるが、時には生徒指導主事がそれに代わる。また、場合によっては保護者集会、全校集会を開く。
・加害生徒と被害生徒については、学級担任と学年部又は生徒指導主事が事情聴取を行うが、複数であたるとともに、時系列的な記録をとるようにする。

②生徒が教師に対しての暴力事件
【対応1】
・事件を発見又は通報を受けた職員は、生徒指導主事に連絡するとともに、学校長又は教頭に報告する。
・手の空いた職員は直ぐに現場に駆けつける。
・教師に対する暴行については、学校長又は教頭が当該教師に対する事情聴取を、生徒については学級担任又は生徒指導主事が事情聴取を行うが、複数であたるとともに、時系列的な記録をとるようにする。

【対応2】
・関係機関との連携を図る。育成センター及び警察・他校との対応は生徒指導主事又は教頭が、教育委員会への連絡は学校長(又は教頭)が行う。
・報道機関との対応が必要になった時は、学校長(又は教頭)が行う。

(4) 学校施設の瑕疵による事故や校内における教育課程内外の事故
・事故を発見又は通報を受けた者は、養護教諭に連絡する。但し、事故の内容によっては、救急車への連絡等、現場に居合わせた教職員がその場に応じて対応する。また、事後になっても必ず学校長又は教頭に報告をする。
・緊急を要さない場合は、家庭へ連絡して、家庭から医療機関へ連れていってもらう。
・学校から医療機関へ移送する場合は、家庭と連絡をとるとともに、受診希望病院を確認のうえ移送する。
・事故発生に関わった者は、時間の確認と記録を残しておく。
・生徒の死に至る事故(自殺等)の場合などは全校集会及び保護者集会を開く。
・教育委員会への連絡が必要になった時や報道機関との対応が必要になった時は、学校長(又は教頭)が行う。

information

kitanokawa.j.h.s

〒786-0321
高知県高岡郡四万十町大正北ノ川358-20
TEL.0880-26-0040
FAX.0880-26-0043