本文へスキップ

「文武両道」、kitanokawa.j.h.s

教育内容program

具体的な取り組み

 生徒の現状や保護者・地域の願いを受け、重点教育目標の一つである「基礎・基本の定着と学力の向上」及び「基本的な生活習慣の確立と生徒指導の徹底」「道徳・人権教育の推進」を重点施策として取り組む。 他の重点教育目標については、これら三つの重点施策とからめた取り組みとする。
 その具体的な研究実践については、具体的な目標を定めるとともに、目標達成に向け
て全教職員が共通理解の下に研鑽を積む。また、その具体化を図るために、校内研究組織についても一層実のあるものとし、部会毎の取り組みを強化する。
    なお、重点教育目標の取り組みの具体化については以下のとおりとする。


重点教育目標

1 基礎・基本の定着と学力の向上
 
@自主的学習態度の育成
 
A授業時間の確保と質的向上
 
B指導方法の改善工夫
 
C全国学力テストやCRTの結果及び授業評価表の活用
 
D生徒一人ひとりの習熟及び到達度に応じたきめ細かな指導の推進
 
E能力・適性など個に応じた進路指導の推進による生きる力の育成

2 基本的な生活習慣の確立と生徒指導の徹底
 
@道徳・学級活動・学級指導の充実と生徒会活動の活性化
 
A自主的・自律的行動の育成
 
B地域社会・家庭との連携
 C部活動の充実

3 道徳教育の推進
  
道徳的な心情、判断力、実践意欲と態度などの道徳性を養うため、学校の教育活動全体を通じて指導を推進する。特に、道徳の授業においては計画的、発展的な指導に  よって、道徳教育の目標を深化させ、道徳的価値及びそれに基づいた人間としての生  き方についての自覚を深め、道徳的実践力を育成する。

4 人権教育の推進
    仲間づくりを基本として、同和問題をはじめとする身近な人権問題の解消と、人権尊重の社会を目指した教育を推進する

5 特別支援教育の推進
   特別支援学級担任、特別支援コーディネーターを中心に、学校の教育活動全体を通じ
  て、特別支援教育の充実と生徒、保護者への理解活動を推進する。
   また、計画的、発展的な指導で、全職員の実践力を育成する。

 中高一貫教育の推進
 
@計画的・系統的な進路指導を推進する事によって、生徒一人ひとりの基礎学力の定着と学力向上へと結びつける
 A環境教育と情報教育を柱とした、中・高の系統だった一貫教育を推進する

 保・小・中の連携教育の推進
 
@種別に応じた、学力向上のための指導方法の研究実践
 
A保・小・中の児童生徒の相互交流を活発に行う

8 体力の向上のため、全校部活動制の推進
 @体力の向上、精神力の強化、挨拶・礼儀・マナーの育成

 Aルールを守ることの大切さ、試合・競技を通して他校の生徒との交流を図る

 B生涯にわたって運動を続ける基礎の育成(自己管理・健康管理能力の育成)


9 開かれた学校づくり・特色ある学校づくりの推進
        地域の子どもたちは地域で育てるという取り組みを一層推進し、学校・家庭・地域が一体となった地域ぐるみ教育を推進する

10 社会福祉活動・国際理解教育の推進
 
@社会福祉に対する関心を高め、思いやりの心と相互に助け合っていく気持ちを育てる
 
A高齢者施設の訪問やボランティア意識の高揚を図る
 
B国際社会に生きているという広い視野を持ち、国を越えて相互に理解し合うという心を育てる教育を推進する


具体的な取り組み

1 基礎・基本の定着と学力の向上
 @一時間一時間の授業時間を大切にし、生徒の興味・関心を引き出す授業を実践する。
 ACRTの結果や授業評価表を活用し、指導方法の改善・工夫に生かす。
 B生徒一人一人の習熟及び到達度に応じたきめ細かな指導を、必修教科(TT)や選択教科の時間に展開する。
 C生徒の興味・関心を最大限生かす総合的な学習の時間を開設し、支援する。
 D総合的な学習の時間を中心に体験的な学習を多く取り入れるとともに、学校全体・学年・個人の研究テーマを設定した取り組みを推進する。
 E3年間の系統的な進路指導計画を立て、個々の能力・適性を最大限に引き出す進路
指導を推進することにより、生徒一人一人に目標を持たせ、その目標に向かって絶えず学習し努力する姿勢を身に付けさせる。
  ※特に3年の進路については、2学期後半から3学期の終盤にかけての具体的な進
路計画のもと、学年部として組織的に計画を遂行する。

2 基本的な生活習慣の確立と生徒指導の徹底
 @道徳の時間や学級活動を活用し、個としての生き方、集団としての生活の決まりを指導していく。

 A地域・家庭
(保護者)の理解を得るとともに、願いを知るため、家庭訪問を適宜行う。 また、地域へも足を運ぶ。
 
B生徒指導主事を中心に生徒指導の計画を立て、情報を一本化するとともに、学年は基より、全教職員にも情報を広げ、共通した取り組みができるようにする。
 C生徒指導上の諸問題については、必ず生徒指導主事と教頭及び校長に報告・連絡・相談をする。
 D部活動を全校入部制とし、体力の向上を目指すとともに心身共に逞しい生徒を育成
する。

3 道徳教育の推進
 @道徳教育推進教師を中心に、全教師が協力して道徳教育を推進するため、道徳教育の全体計画と道徳の時間の年間指導計画を基に指導する。

 A道徳的な心情、判断力、実践意欲と態度などの道徳性を養うため、学校の教育活動全体を通じて指導を推進する。
 B道徳の授業においては、計画的、発展的な指導によって、道徳教育の目標を深化させ、道徳的価値及びそれに基づいた人間としての生き方についての自覚を深め、道徳的実践力を育成する。


4 人権教育の推進

 @人権教育主任は、3年間の人権学習の計画を立案するとともに、人権教育の資料収
(特に身近な問題を題材とした資料)に努める。
 A学級活動や道徳・総合的な学習の時間を活用し、仲間づくりを中心とした人権学習を実施する。
 B学級経営の柱を仲間づくりにおく。
 C文化祭や運動会などの行事や教科の時間においても学級等の仲間づくりに配慮する。

5 特別支援教育の推進
 @特別支援学級担任、特別支援コーディネーターを中心に、学校の教育活動全体を通じ
  て、特別支援教育の充実を図る。
 A学校通信やホームページ等を通して情報発信を行い、生徒、保護者の特別支援教育
  への理解活動を推進する。
 B計画的、発展的な校内研修を行い、全職員の実践力を育成する。

中高一貫教育の推進

 @中高の授業交流の推進を図る。

 A四万十高校を中心とした進路指導を実施する。

 B中高一貫教育の各教科部会における連携事業を推進する。

7 保・小・中の連携教育の推進
 @運動会・文化祭等を活用した児童生徒の相互交流
 A3年生の家庭科の保育実習を活用した保育園児と生徒との交流
 B小・中の全教職員による情報交換会の開催  

8 体力の向上のため全校部活動制の推進
 @毎日の練習の積み重ねを通して、体力の向上を図る

 A苦しい練習を克服する事を通して、精神力の強化を図る
 B競技を通して挨拶・礼儀・マナー等、社会性を育成する

 Cルールを守ることの大切さを理解し、責任感、主体性、協調性を育成する

 D他校の生徒との交流を図り、友情を育み、思いやりを育成する

 E生涯にわたって運動を続ける基礎、自己管理・健康管理能力の育成を図る

 開かれた学校づくり・特色ある学校づくりの推進
    @開かれた学校づくり
 ・開かれた学校づくり推進委員会の活性化

 ・情報の共有化として、校長として知り得た事はできうる限り教職員全体のものとす
る。また、職員同士も情報交換を密にする。(外に学校を開くとともに内にも開く)
 ・学校だよりを家庭のみではなく地域へも発送する。

 ・地域の人材を生かした取り組みを行う.

※総合的な学習の時間等に講師として教員とTTで授業を担当して頂くとともに、生徒の地域での活動を支援して頂く   ※旧大正町の「知恵袋」の活用を図る。

10 社会福祉・国際理解教育の推進
 @総合的な学習の時間を活用し、福祉施設等での体験学習等を行う。

 A生徒会執行部を中心に計画立案し、ボランティア活動を学校として行う。
 B授業でのALTの活用。


information

kitanokawa.j.h.s

〒786-0321
高知県高岡郡四万十町大正北ノ川358-20
TEL.0880-26-0040
FAX.0880-26-0043