学校紹介

 スペード肢体不自由教育

 隣接する国立病院機構高知病院の重症心身障害病棟に入院している児童生徒、及び日常的な医療的ケアを必要とする自宅からの通学生が学んでいます。

 重症心身障害病棟に入院している児童生徒のうち、常時医療的な観察や配慮が必要な場合は、病棟内で授業を行うベットサイド学習も行っています。

● 小・中学部

 午前中は朝の会や個別学習、午後は課題学習(季節や行事に沿った制作活動やお話シアター、感覚遊びなど)を行っています。

● 高等部

 午前中は朝の会や個別学習、午後は課題学習を行っています。学部全体で音楽や体育の合同学習も行っています。

 

スペード病弱教育

 隣接する国立病院機構高知病院の小児科病棟等に入院している小中学生で、入院している期間、本校での教育対応を希望する場合は、本校に転校して教育を受けることができます。退院すればもとの学校に転校します。

 本校中学部及び中学校等を卒業後、国立病院機構高知病院の小児科病棟等で長期にわたって入院治療が必要な場合で、本校の高等部に入学を希望する場合は入学選考検査に志願することができます。

 

日課表.pdf

心がつながるコミュニケーションチェックリスト.pdf

最近の記事

学校いじめ防止基本方針
学校いじめ防止基本方針ついてはこちらから…