建築科専修コース

建築科専修コースについて(修業年限:2年)

 普通高校を卒業して建築関係の仕事をしている方や、生涯教育の一環として住宅計画や木材加工など、建築の知識を広めたい方のために設けられたコースで、高卒もしくは高卒と同等以上の資格を持つ方を対象とした編入学枠です。

 この『建築科専修コース』は、3学年に編入できる入学定員16名を別クラスとしたもので、修業年限2年で工業高校建築科卒業の資格を得ることができるものです。

 授業もすべて建築に関する教科で、より実践的な内容を目指し、これまでも建築デザインコンペや2級建築士、2級建築施工管理技術検定、技能検定2級建築大工などで多くの実績を挙げています。

  

 

学習内容

課題研究 工業に関する課題を設定し、専門的な知識と技術の深化を図り、自主的、創造的な学習を行います。
実習 各種材料の実験と測量の方法の基礎を学びます。
製図 建築図面を書くための基礎的約束と技術を学びます。
建築構造 各種材料による構造の特徴と仕上げの方法を学びます。
建築施工 建物をどのような方法で経済的に建築するかを学びます。
建築構造設計 建築構造物を力学的に考え、さまざまな力に耐えるよう数理的学習をします。
建築計画 人間とその環境を考えた設計と方法について学び、建築の歴史も学習します。
建築法規 建物が安全で衛生的であるために必要な基準について学びます。