機械科

機械科について

 機械科では、機械の設計・製作に関係のある基本的な 学力を身につけます。実習においては、機械の操作や整備の基礎を学ぶとともに、 作業を通して体験しながら理論の裏づけと勤労の精神や態度を学ぶことを 目指しています。

 また、3次元CAD、数値制御工作機械など、 総合的に機械を取り扱うことのできる技術者の育成を目指します。

  

 学習内容

 

工業技術基礎 機械実習の基礎的な技術を学習します。
課題研究 工業に関する課題を設定し、専門的な知識と技術の深化を図り、自主的、創造的な学習を行います。
実習 切削加工、溶接、鋳造、鍛造など各種工作実習や材料試験を行い、基礎的な知識、技能を身に着けます。
製図 機械要素及び機械部品の製図、またCADを使用した製図を学習します。
機械設計 力学、材料力学及び機械要素を学習し、設計の基礎を学習します。
自動車工学 自動車の原理と基本的な構造・機能について学びます。
電気基礎 電気の一般的な知識を学びます。