体育祭のタイトル

前日祭 ハーモニーフェスティバル

平成29年10月7日 第66回体育祭・第13回市商祭終了
体育祭の部競技総合優勝は「黒組」!! 注目の市商賞は「桃組」!!

 今年の市商祭のフィナーレを飾る第66回体育祭は、前日までの雨により当日の開催が危ぶまれていましたが、早朝からの教職員と生徒による水取りや会場準備により、予定通り9時に開始出来ました。観客のみなさんには、会場準備ができるまでグランドの外でお待ちいただき感謝申し上げます。

 午前9時開始を告げるピストルの合図の後南側の黄組から入場行進開始。生徒会体育部長柿本君による開式宣言の後、青組団長山下君が力強く選手宣誓を行いました。午前中の競技では、綱引きや高知商業各部のプライドを賭けた1,000m走で熱戦が繰り広げられ、大いに盛り上がりました。

 午後の部はスポーツマネジメント科による集団演技で始まりました。今回で5回目になる集団演技の一糸乱れぬきびきびとした動きに感嘆の声と大きな拍手が送られました。伝統の応援合戦では、各組趣向を凝らし90秒の中に想いを込めて演技しました。全体応援では、リーダー黒岩君、旗手岡本君、太鼓川村君の3人のリードで838人が心を一つにして見事な応援を披露しました。閉会式では、ハーモニーフェスティバルの金銀銅賞やヤグラバックのパネル賞、体育祭応援賞、体育祭競技順位などが、次々に発表され受賞チームは喜びに包まれました。受賞者はチームに感謝の言葉を、チームのメンバーはリーダーに感謝と労いの言葉を掛ける姿に好感がもてました。特に今年のヤグラバックは天候の関係で3日早くヤグラに取り付けたにも拘わらず、どの色も素晴らしい出来映えでした。そして、すべてを総合した市商賞の発表。静寂と緊張感が漂う会場に、進行の松木先生が「桃組」と告げた瞬間桃組全員が飛び上がって喜びを爆発させました。

 今回の市商祭では、(1)時間を守る (2)応援規則を守る (3)準備や後片付けを主体的に行う (4)一生懸命最後まで諦めない姿勢等がどの組も素晴らしく、さらに「新しいことにチャレンジ」する姿をたくさん見ることができました。本校が力を入れている市商マネジメント力がしっかり浸透していることを生徒・教職員とも実感でき、充実した2週間となりました。体育祭の最後に、大きな声で校歌「鵬程万里」を歌う生徒の表情は晴れやかで充実感に溢れていました。

 最後にこの2週間、近隣の皆様にはハーモニーフェスティバルに向けての歌の練習や応援合戦練習で、大変お騒がせし、ご迷惑をお掛けしました。市商祭の全日程が無事終了し大きな成果をあげることが出来ましたのも、ひとえに皆様の本校教育に対するご理解とご協力の賜と、心から御礼申し上げます。保護者の皆様、ご来場の皆様、関連企業・商店の皆様にも、重ねて御礼申し上げます。

  それでは、体育祭の様子をご覧下さい。

29年度の結果

***************************************************************************************

●市商賞 ・・・・・・・・・・ 桃組

 

●競技総合・・・・・・・・・・ 1位:黒組 2位:桃組  3位:白組

●パネル賞・・・・・・・・・・ 青組 赤組 桃組

●応援賞 ・・・・・・・・・・ 青組 紫組 黒組 桃組

●ハーモニーフェスティバル・・ 金賞:黒組  銀賞:桃組  銅賞:青組

●ベスト指揮者賞・・・・・・・ 赤組 土居美月

 

桃組、市商賞おめでとう!

***************************************************************************************

体育祭の様子

水取り作業の様子

全員で決めた決行

前日の雨のため、グラウンドは悪コンディション。早朝から運動部の生徒たちを中心に手作業で水取りをしました。

水取り作業の様子

雨降って市商固まる

校長先生の言われた「雨降って市商固まる」を合言葉に一致団結したグランド整備。

水取り作業の様子

おもてなしマネジメント力

続々と集まるボランティア生徒。市商祭を見に来てくださるお客様が不快な思いをしないようにという思いを込めての作業です。

選手宣誓の様子

選手宣誓

決行が危ぶまれた今回の体育祭。3年生は体育祭を成功させるべく、本気で取り組んできました。空は曇りでも彼らの顔つきは晴れ晴れとしています。

集団行動するスポマネ生徒

これがスポマネ 

一糸乱れぬ行進から、思わず歓声を挙げてしまう隊列の組み替え。感動あり笑いありのスポマネの団体行動はいまや市商祭の名物となりつつあります。

色別リレーで奮闘する生徒たち

クライマックス

運動会のクライマックスといえば、色別対抗リレー。抜きつ抜かれつのレースに観客は一気に盛り上がります。

 

パネル賞受賞した青組の作品

見よ!渾身の応援パネル!

やぐらに設置したパネルを背に応援合戦。後輩への指導、演出、振り付け、すべて3年生が行います。いまや市商祭名物となった各色渾身のパネルです。

全体応援の様子

伝統の全体応援

市商の体育祭といえば伝統の「全体応援」。一糸乱れぬ大きな掛け声と手拍子は見る人を圧倒。見ている方もひとつになった市商に胸が熱くなります。

市商賞を受賞した桃組

よろこび!受賞発表

審査では、パネル賞、応援賞、総合優勝を競います。力いっぱい取り組んできたからこそ、大きな喜びと感動が生まれるのです。市商最高!