高知市立高知特別支援学校

ホーム 学校案内 学校紹介 行事予定 新着情報
高知市立高知特別支援学校の教育目標と教育の基本構想

1 学校教育目標
   やる気いっぱい 市特のなかま

2 本校のめざす子どもの姿・学校経営方針・特色・部別等努力目標
(1) めざす子どもの姿   自ら活動する子  かかわりあう子  がんばる子
 
(2) 学校経営方針(五つの経営の柱)
   子どもたちが充実した学校生活を送れるよう、すべての教職員が知恵を出し合い、力を 合わせ、明るく元気で活力のある学校をめざす。
 ① 学習活動の充実
  ・わかりやすい授業をめざし、人や物に対する興味関心を広げる中で、自ら学び、考え、表現する力を十分発揮できるよう学習活 動を準備し、主体性を大切にした学習活動の充実を図る。
  ・「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」を生かし、目標や手立てを明確にし、学習活動について、保護者と共有できるように
   する。
  ・「個別移行支援計画」に沿い、進路支援を計画的・組織的に行い、よりよい卒業後の生活につながる進路支援に努めるとともに、
   卒業者支援の充実を図る。
  ・近隣の小・中・高等学校との交流及び共同学習を積極的に行う。

 ② 研究・研修の推進
  ・発達や障害等の研修を踏まえ、子どもの思いを受け止め、支援し、子どもの変容や可能性、指導について具体的に説明できる
   ようにする。
  ・授業研究を中心に学習活動の充実を図るとともに、学級、学年、学部などの話し合いを子どもへの支援の重要な場とする。
  ・すべての教職員が、各々職種において専門性を高めるための研鑽・修養に励む。

 ③ 学校組織の活性化
  ・それぞれの分野で危機管理意識を持ち、事故等への察知能力を高め、学校事故を未然に防ぐ手立てを講じる。
  ・各部主事、各部長を中心に、各部間及び事務・給食・スクールバス介助などとの連絡調整を確実に行い、責任ある運営に努める。
  ・会議の効率化、情報の共有化を図る。困難事項は、リーダーを中心に課題解決に努め、必要に応じて応援体制を組み、取組む。

 ④ 地域支援の推進
  ・コーディネーターを中心に校内支援体制の整備を推進し、教育委員会、小・中学校、福祉施設など関係機関との連携を密にし、
   教育相談活動の充実を図る。
  ・学校公開、運動会、市養祭、販売会、公開授業等を通して本校の教育実践を公開し、学校紹介や広報等を通して積極的に発信
   していく。。
  ・近隣の小・中学校や高知県及び高知市特別支援研究会の研究・研修会への相互参加をすすめ、相互理解を深めるとともに資質
   の向上を図る。

 ⑤ 学習環境の整備
  ・子どもたちが健康で安全に活動できるように、施設設備の整備をすすめるとともに、校舎内外の環境整備に努め、常に清潔な生
   活環境の維持に努める。
  ・学級環境等が、子どもたちの生活の場として、潤いがあり、子どもの生活や子どもたち一人ひとりの活動が見えるように掲示物
   等を創意工夫する。

3 本校の特色
   子どもたち一人ひとりが力と個性を存分に発揮し、心豊かに育つよう学校生活の充実に努める。子どもたちの自立的・主体的な
  生活の実現をめざし、日々の生活を整える。
(1) 訪問学級では、家庭と医療機関の連携のもと、体調管理に配慮しながら一人ひとりに応じた活動を行うとともに、友だちとの
  かかわりを取り入れた生活単元学習を行う。体調のよい時期は、スクーリングを計画・実施する。
(2)  小学部では生活単元学習(含む遊びの指導)と日常生活の指導を、中学部では生活単元学習と作業学習を、高等部では
  作業学習をそれぞれ教育課程の中心に据えて学校生活を整え、子どもたちの充実した学校生活の実現に努める。
(3) 子どもたちが一定期間、一定のテーマをもって、できる限り自分自身の力で主体的に生活できるようにする。「運動会」や「市養
  祭」など学校全体で取組む生活単元学習や、「全校集会」や「春の遠足」、「卒業生を祝い励ます会」など特別活動は、児童生徒会
  がかかわって企画・運営するようにする。児童生徒会や各学級がそれらの準備等の活動に取組み、子どもたちが中心となって、
  学校生活をすすめる。 
(4) 卒業後、働く活動を中心とした社会生活に確実につながるよう、働く活動を学校生活に大きく位置づけるとともに、社会とかかわ
  る生活を大切にするようにする。教育活動の場を現実の社会にも求め、高等部では、企業や作業所等における現場実習を積極的
  に実施する。

4 部別等努力目標

<訪問学級>
(1) めざす子どもの姿
 ・保育する感覚を活用し、主体的に活動する子
 ・生命を維持し、日常生活を行うために必要な健康状態の維持・改善をしようとする子
 ・表情や身振り、各種の機器等を用いて、意思のやりとりを楽しむ子
(2) 本年度の重点
 ① 保有する感覚に働きかけるかかわりを大切にし、興味・関心に基づいた活動を行う。
 ② 日常生活を行うために必要な身体の健康状態の維持・改善を図る。
 ③ 子どもからの受信や発信を大切にし、コミュニケーションに必要な基礎的な能力を身につける。
(3) 訪問教育やスクーリングで大切にしたいこと
    登校することが難しい子どもたちを対象に、家庭へ訪問し教育を行っている。限られた支援時間ではあるが、家庭と医療との
   連携のもと、微妙な体調管理に配慮しながら一人ひとりの願いに沿った活動を行う。
    また、体調のよい時期は、スクーリングを計画し、人とのかかわりを大切にした活動を行う。
 ① コミュニケーションに関すること
 ② 身体・健康に関すること
 ③ 感覚に関すること
 ④ 自ら外界に働きかけること
 ⑤ 経験の幅を広げることに関すること

<小学部>
(1) めざす子どもの姿
 ・自分でできることは、すすんで取組むことができる子
 ・自分からすすんでいろいろな遊びや活動に取組む子
 ・みんなといっしょに楽しく活動する子
(2)本年度の重点
 ① 着替え・給食・清掃・当番などの活動を通して、一人ひとりの望ましい生活習慣の形成を図る。
 ② 「生活単元学習(含む遊びの指導)では、子どもの願いを生かし、活動の見通しを持って、友だちとかかわりながら、「楽しかった
   」という満足感がもてる学習を展開する。
 ③ 課題別学習では、伸びてきているところや将来に向けて力がついていきそうな事柄を課題とし、「できた」という達成感がもてる
   学習を展開する。
(3) 学校生活づくりをしていくうえで大切にしたいこと
 ① 領域・教科を合わせた指導を中心にして、子どもの生活そのものを大切にしながら学習活動を組織し、子どもが「自分から」
   「自分で」生活できるようにする。
 ② その時々の子どもの思い(興味・関心、好き・嫌い、快・不快など)、教育課題、季節の行事などを大切に考えて活動を組織し、
   生活体験を豊かなものにしていけるよう配慮する。
 ③ 「生活単元学習(含む遊びの指導)」を軸にして、一日の生活の流れを一定にし、学校生活にまとまりを持たせる。
 ④ 時間的にゆとりのある日課にし、子どものペースでのびのびと生活できるようにするとともに、学級や子どもの様子に応じて柔軟
   に対応できるようにする。
 ⑤ 「自立活動」は、領域・教科を合わせた指導の中で個に応じて適切に指導したり、必要に応じて時間を設けて指導したりする。
 ⑥ 基本的生活習慣や集団生活をするうえで必要なことを日常生活の流れに沿った活動を通しながら身につけていけるように
   取組む。
 ⑦ 子どもによっては、水分補給・休息をとり、無理なく活動できるように配慮する。

<中学部>
(1) めざす子どもの姿
 ・心身ともに安定した生活を送る子
 ・集団の一員としてもっている力を発揮する子
 ・より自立的で、より豊かな生活を送る子
(2) 本年度の重点
 ① 子ども一人ひとりにとって安心できる環境を整え、体力つくりや表現活動を楽しく継続できる工夫を図る。
 ② 仲間とともに取組む「生活単元学習」及び「作業学習」などで主体的な活動ができる状況づくりを行う。
 ③ 子ども同士のかかわりあいや学びあいのある学習を行い、一日の生活の中で自己選択・自己決定ができる場面を設ける。
(3) 学校生活づくりをしていくうえで大切にしたいこと
 ① 日課は、毎日同じ時間帯に同じ活動を繰り返すことを基本とし、子どもが一日の生活に見通しが持ちやすいようにする。 
 ② 子どもの学校生活を実際的な生活ですすめるため、「生活単元学習」及び「作業学習」を学校生活の中心に据え、共通のテーマ
   に沿って仲間と活動する生活を大切にする。
 ③ 子ども主体の学校生活をつくるため、子どもの思いや願いを理解し、できることやできそうなことを生かしながら、一人ひとりに
   合った活動ができるようにする。
 ④ 「自立活動」は、学校生活全体の中で子どもの実態に応じて行う。
 ⑤ 人とのつながりや身近な地域社会での生活経験が広がるよう、他校との交流活動や校外学習を大切に位置づけていく。
 ⑥ 子どもによっては、日課や学習活動内容等に柔軟に対応できるようにする。

<高等部>
 (1) めざす子どもの姿
 ・自己肯定感が持てる子
 ・友だちとともに生活を豊かにする子
 ・すすんで社会参加する子
(2) 本年度の重点
 ① 子どもの様子に即してできる状況づくりをし、自己選択や自己決定を繰り返しながら達成感を味わい、自己肯定感が高まる作業
   学習を行う。
 ② 仲間とともに取組む中で、一人ひとりの子どものよさが生き、将来の生活につながるようにする。
 ③ 日常的な進路指導を充実させるとともに、より現実度の高い場(現場実習)を通して社会参加する力を高めていく。
(3) 学校生活づくりをしていくうえで大切にしたいこと
 ① 子どもをよく見、思いに寄り添い、興味・関心、できること、できそうなことなどを探り、子どものよさが伸びるような生活の積み上
   げを図る。
 ② 子どもたちの学校生活が複雑にならないよう、見通しのもちやすいリズムのある日課とする。
 ③ 「作業学習」を中心とした日課にし、子ども一人ひとりが主体的に取組み、満足感・成就感を味わえるようにする。
 ④ 現場実習を定期的に行い、実践的な働く力や社会性を養う。
 ⑤ 社会生活を送るうえで必要な具体的・実践的に学ぶ場を設け、生活体験を豊かにし、生活力を高められるようにする。
 ⑥ 校外販売や校外学習及び他校との交流等を実施し、地域や人々とふれあう場を大切にする。
 ⑦ 「自立活動」は、学校生活全体の中で子どもの実態に応じて行う。
 ⑧ 障害の多様化の傾向を考慮し、週日課や年間活動について、個々の状況に応じて弾力的に行う。
 ⑨ 家庭との連携を密にしながら、個々の子どもにあった自立に向けて支援していく。