神田小学校バナー


ようこそ神田小学校へ

本校は、高知市の南西に位置し、学校の北には高知市の街並みが広がり、南には鷲尾山や烏帽子山などの緑豊かな峰々が続いています。校区には、文久2年(1862)坂本龍馬が土佐を脱藩する際に「吉野に花見に行く」と言って立ち寄った坂本家の屋敷神、和霊神社があります。毎年3月には、龍馬が脱藩を決意した神社として、その心意気を受け継ぎ、自由を求める新たな旅立ちの場として伝えていくために龍馬脱藩祭が行われています。

このような龍馬ゆかりの地である神田に昭和52年に創立された本校は、今年創立40年を迎えます。

4月7日には、96名のかわいい1年生を迎え、全校児童数620名で2016年度(平成28年)がスタートしました。

あたたかく かしこく たくましく」を学校教育目標として、子どもたちが明日も行きたいと思える明るく楽しい学校、安全で安心な学校、地域に信頼される開かれた学校をめざします。

常に未来を見据え、進取の精神で今日の日本の礎を築いた龍馬のように、地域で育つ子どもたちが、未来への夢を抱き、自己の目標に向かって主体的に行動し、夢や目標を実現できる力を育成したいと考えています。

                           高知市立神田小学校長