中学部

教育目標

基本的生活習慣の確立と基礎的学力の定着を図り、体験を通して主休的に行動できることをめざす。

各教科・道徳・特別活動・自立活動・総合的な学習の時間

(1)各教科・科目
  • 生徒の学習課題に沿った学習活動ができるよう指導計画を作成し、効果的な授業を展開するために教材をエ夫するよう努める。
  • 生徒の学習課題をとらえ、基礎的学力を養う。
(2)道徳
  • 生徒が自他の人格と生命の尊さを知り、社会に主体的にかかわり、互いの人格を尊重するとともに自分で考え、行動できる力を育てる。
  • 学習活動を通じて経験を広げ、人との関わりを広げる。
  • 人の話をよく聞き、相手のことを考えることを配慮した指導を行う。
(3)特別活動
  • 学級活動、学校行事、他校や地域との交流の機会などを通して経験を広げ、楽しく活動しながら人との関わりを広げる。
(4)自立活動
  • 自らの障害の程度、状態を知り、学習の目標への理解と意欲を育て、心身の調和的発達の基盤を培う指導を図る。
  • 学校の教育活動全体を通して、計画的・継続的、かつ日常的に指導を進める。
  • 指導に当たっては、個々の障害の状態や発達段階等の的確な把握に基づき、指導の目標及び指導内容を明確にし、適切な指導が行われるようにする。
(5)総合的な学習の時間
  • 生徒の主体的かつ体験的・創造的な活動を通して、学び方・考え方や問題解決の能力・態度の育成と、自ら考え実践しようとする態度の育成を図る。
  • 社会との交流を通して地域の人々と交流する機会を積極的に設け、経験を広げ豊かな人間性を育てる。

生活指導

  • 基本的生活習慣と自主性の育成に重点をおき、家庭との連絡を密にし、適切に指導する。
  • 健康や安全に対する意識を高め、実践する態度を養う。
  • 様々な活動を通して、相互理解と協調性及び社会性を養い、好ましい人間関係を育てる。

進路指導

  • 生徒・保護者との意志の疎通を図るとともに、関連機関との連絡を密にして、生徒の個性に応じた指導を行う。

卒業後の資格

  • 中学校卒業

教育課程

  • 教育課程はこちらをごらんください(PDFファイルが別ウィンドウで開きます)。