校長室

 学校長顔写真

~「笑顔」  「夢」  「感動」 溢れる学校~  高知県立盲学校

高知県立盲学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本校は今年度創立90周年を迎える、県内唯一の視覚障害教育を行う学校です。
今年度は、90周年という節目の年に当たり、本校の盲学校として果たす使命・役割について、在籍幼児児童生徒の実態や地域・社会のニーズ等を踏まえ、今一度しっかりと考えていくことをテーマとしています。

 平成30年度は、幼稚部1名、小学部6名、中学部5名、高等部普通科4名、高等部保健理療科2名、専攻科理療科3名 計21名の幼児児童生徒でスタートします。

 今年度の目指す児童生徒は、『主体的に学習、行動できる幼児児童生徒』です。キーワードは、「まなぶ」「あゆむ」「つながる」 自ら主体的に学ぶことができる幼児児童生徒、自ら障害に向き合い、自己実現に向けて積極的に行動できる幼児児童生徒、周りの仲間とのつながりを大切にし、社会参加できる幼児児童生を育成していきます。

 また、視覚障害教育のセンター的役割を果たすことができるよう、理解・啓発と幼稚園、保育所をはじめ、小・中・高校及び特別支援学校への支援と、乳幼児からの早期教育相談にも積極的に取り組んでまいります。

 「笑顔」 「夢」 「感動」 溢れる学校を目指し、教職員一同、力を合わせ全力で邁進してまいります。皆さまには、本校の教育に温かいご支援とご協力をいただけますようどうかよろしくお願いいたします。
          
                            平成30年4月1日
 高知県立盲学校長 八木 千晶

【校長室だより】※必ずダウンロードしてからご覧ください。

【NO.1】(平成30年4月25日)

【NO.2】(平成30年5月30日)

【NO.3】(平成30年6月15日)

【NO.4】(平成30年7月 4日)

【NO.5】(平成30年7月19日)

【NO.6】(平成30年9月14日)