校長室

100年目へのチーム高知盲の新たな一歩! 
~高めよう専門性、広げよう地域・社会に~

 

 令和2年度のキーワード「いい授業しよう!」

 

 高知県立盲学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は今年度創立92周年の、県内唯一の視覚障害教育を行う学校です。90周年を終えた昨年度から、100年目へのチーム高知盲の新たな一歩! ~高めよう専門性、広げよう地域・社会に~を合言葉に、チーム高知盲としての取組を進めていますが、今年度は更に、「いい授業しよう!」をキーワードとしました。

 本校生徒昇降口北に昭和56年国際障害者年の一環として完成した、三重苦といわれる障害がありながら、教育や福祉の発展に尽くしたヘレン・ケラー女史の幼いころの像があります。掌ですくったポンプからくみ上げられた水が「WATER」という綴りであること、世の中の物には全て名前があることがわかった「感動」がそこにはあります。そして、そこからヘレン・ケラーの「夢」への第一歩が踏み出されました。本校も視覚障害のある幼児児童生徒の皆さん、そして保護者の皆様が「夢」への一歩を踏み出す場所であり続けたいと考えています。

 令和2年度は、幼稚部2名、小学部5名、中学部4名、高等部本科普通科6名・本科保健理療科2名・専攻科理療科3名の計22名の幼児児童生徒でスタートします。

 「笑顔」 「夢」 「感動」 溢れる学校を目指し、教職員一同、力を合わせ全力で邁進してまいります。皆様には、本校の教育に温かいご支援とご協力をいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

令和2年4月1日

高知県立盲学校長 八木 千晶

 

 

【校長室だより】※必ずダウンロードしてからご覧ください。

 

【NO.1】(令和2年5月29日)

【NO.2】(令和2年6月26日)

【NO.3】(令和2年7月31日)

【NO.4】(令和2年10月2日)