経営計画

平成30年度 学校経営計画

1 目指すべき姿
  学校像
 「入学して良かった、入学させて良かった、働いて良かった学校になる」
(1)一人一人が確かな学力と専門的技術を身に付け、社会参加と自立に向けて学ぶ意欲を持てる学校
(2)一人一人の人権が尊重され、安心して学習・生活ができる環境が整った学校
(3)地域のニーズに応える、視覚障害教育のセンター的機能を有する学校
(4)教職員一人一人が教育公務員としての自覚と誇りを持ち、幼児児童生徒、保護者、地域から信頼される学校
 幼児児童生徒像
「主体的に学習、行動できる幼児児童生徒」
(1)「まなぶ」 自ら主体的に学ぶことができる幼児児童生徒
(2)「あゆむ」 自ら障害に向き合い、自己実現に向けて積極的に行動できる幼児児童生徒
(3)「つながる」周りの仲間とのつながりを大切にし、社会参加できる幼児児童生徒

2 本年度の重点取組項目
(1)専門性の向上
 ①授業実践力、指導力の向上
  「主体的・対話的で深い学びの実現」及び「視覚障害のある幼児児童生徒の困難さの状態に対する手立ての工夫」を視点  に置いた授業改善に努め、学校全体の授業力・指導力の向上を図る。
 ②視覚障害教育における専門性の向上
  「歩行指導」「点字指導」「情報教育」「生活技術」「弱視教育」「寄宿舎教育」の各分野において、専門性の維持・継承を行うため、キャリア、学部、職種を超えた人材育成を進める。
(2)視覚障害教育におけるキャリア教育の充実(キャリア教育の充実)
 将来の自立と社会参加につながる一貫した指導の充実を図るため、本校のキャリア教育の視点についての検討を進め、全体計画を作成するとともに、学校全体での取組を進める。
(3)センター的機能の充実
 視覚障害教育支援センターの重点取組項目を設定し取組を進めることによりセンター的機能の一層の充実を図る。
≪地域支援・相談≫
 早期教育(0,1,2歳)対象者の開拓と乳幼児支援の充実
≪理解啓発≫
 オープンスクール開催による理解啓発の推進
≪自立活動≫
 教材、指導方法のデータベースの充実と活用の促進
≪進路指導≫
 視覚障害児・者の卒業後の進路についての情報提供・発信
(4)地域と連携した学校安全の推進
 福祉避難所運営への取組を通して、地域との連携を深め、災害時に助け合える関係づくりを進めるとともに、校内の危機管理体制を更に充実させる。