学校沿革

明治
41年5月1日 高知県師範学校附属小学校盲唖部が附設される。盲生入学せず。
大正
13年1月25日 大分県盲人宇藤栄、同志とはかり、知事の認可を得て私立盲学校を設立し、宇藤栄校長となる。
13年12月1日 町田長祥校長となり、初等部、中等部鍼按科を置く。
昭和
3年3月31日 高知県師範学校附属小学校附設盲唖部は廃止される。
4年2月20日 文部大臣より高知県立盲唖学校の設立が認可される。
4年4月16日 高知県立第一高等女学校寄宿舎を仮校舎とし、盲部4学級、ろう唖部2学級を置き、盲生32名、ろう生22名を得て開校する。
高知県盲唖教育協会設立され、のち社会福祉法人高知県盲ろうあ福祉協会と改称し、現在に至る。
4年4月25日 大野美樹校長に補せられる。
4年6月4日 高知県立盲唖学校の設立により私立高知盲学校は廃止された。
4年7月13日 高知市江ノ口裏別当の新校舎に移転する。
5年2月25日 鍼術、灸術、あんま師、マッサージ術営業資格無試験検定学校として認可される。
7年8月31日 高知県盲唖教育協会が寄宿舎を建設し、昭和10年4月県移管となる。
15年4月20日 火災により、校舎の大部分を焼失したので寄宿舎を仮校舎にあてる。
16年9月8日 焼跡に新校舎落成し移転する。
20年7月4日 高知市大空襲に当たり校舎、寄宿舎全焼、職員生徒全員無事避難する。
20年7月15日 高岡郡黒岩村国民学校に疎開する。
20年8月31日 高知市新本町マリア園を仮校舎として授業を再開する。
21年7月28日 焼跡に仮校舎落成し、移転する。
23年4月1日 盲ろう教育義務制実施と同時に盲、ろう分離し、高知県立盲学校と改称する。
23年4月21日 高知市越前町元師範学校寄宿舎に移転し、仮校舎とする。(現在地)
25年4月24日 高知市越前町51番地に新校舎落成し移転する。
26年2月9日 文部大臣よりあんま師、はり師、きゅう師養成学校として認定される。
29年6月1日 盲ろう児就学奨励法施行される。
30年5月18日 盲学校日赤奉仕団を結成し、農村に治療奉仕を行い現在に至る。
33年6月4日 四国盲学生野球大会を高知市で開催、本校優勝する。
34年2月1日 高知県楽器コンクールにおいて本校ブラスバンド優秀賞を受ける。
34年2月11日 寄宿舎食堂及び舎室の増築落成し、使用し始める。
35年11月21日 寄宿舎寮母室及び舎生室の増築落成し、使用し始める。
37年1月10日 ろう学校の移転により、その校舎の―部を接収し、使用し始める。
39年4月18日 高知県ろうあ福祉協会は盲児施設くすのき寮を建築し、落成した。
40年9月20日 プール完成。(15メートル、4コース)
44年2月20日 創立40周年記念式典、学芸会、展覧会を開催する。
45年3月31日 南校舎北側に避難階段(らせん状)を設置。
45年8月21日 台風10号が高知市で猛威をふるい、本校舎も全部の建物が甚大な被害を受けた。(45年9月から45年11月の3か月にわたってほぼ修復完了)
46年10月22日 プール浄化装置機能不十分のため、全面的に器具を取替え。同年12月10日、完了。
全国盲学校雄弁大会に専2の小松俊子さんが出場し優勝する。
46年11月15日 高知県高等学校演劇コンクールに初出場し、本校演劇部は優秀賞を受ける。
47年11月1日 11月1日から2日まで中国四国盲教育研究大会を本校で開催し、関係者約160名が参加した。
48年4月1日 高等部の新教育課程改訂の趣旨に添い、普通科、保健理療科、専攻科理療科を新設。
51年3月1日 新教育課程による第1回卒業生を送る。
52年3月1日 旧課程による最後の卒業生を送る。
52年9月24日 寄宿舎移転用地取得(高知市南越前町83番地 1799.04平方メートル)
53年11月20日 盲教育研究に顕著な功績があったことに関し博報賞を受賞する。
54年3月31日 寄宿舎(れいめい寮)新築落成。鉄筋コンクリート3階一部2階建970.25平方メートル、定員32名。
寄宿舎(れいめい寮)通用門完成。プール浄化装置機能不十分のため、全面的に機械器具取替え。
54年5月29日 (旧)寄宿舎取壊し工事完了。(901.08平方メートル)
54年11月6日 寄宿舎屋外整備(正門、ブロック塀及びフェンス、自転車置場、倉庫、アスファルト舗装)工事完成。
55年6月13日 校舎第一期工事完成。鉄筋コンクリート3階一部4階(3,619.38㎡)
55年7月16日 旧校舎本館、南校舎等取壊し工事完了。(1,464㎡)
56年3月31日 体育館棟等第二期工事完成。鉄筋コンクリート2階(2,495㎡)
旧校舎西校舎等取壊し工事完了。(1,018・48平方メートル)
56年7月13日 正門、通用門東側塀工事完了。
56年7月14日 文部省指定特殊教育実験学校重複障害者教育研究発表大会が本校において開催され、県内外より多数の参加者があり盛況であった。
56年11月2日 北門、北側塀工事完了。
56年11月13日 本校において四国盲学校演劇音楽等コンクールを開催する。
56年11月15日 国際障害者記念事業の一環としての「いこいの庭」、「ヘレン・ケラー像」が完成する。
創立50周年並びに建築総合落成記念式典を挙行する。
57年8月1日 住居表示に関する法律に基づき、学校所在地が大膳町6番32号、寄宿舎所在地が越前町1丁目13番1号となる。
58年3月14日 屋外便所工事完了。
58年4月1日 幼稚部設置される。
59年3月26日 寄宿舎敷地内に自活訓練棟完成。
60年3月5日 砂場新設。(24平方メートル)
62年2月28日 体育器具庫完成。(24平方メートル)
平成
元年2月19日 創立60周年記念式典を挙行する。
2年10月17日 10月17日から19日まで中国四国盲教育研究大会を本校で開催し、関係者約130名が参加した。
3年12月24日 プール改修に伴い講堂・プール及び附属施設・屋外便所取壊し。
4年3月31日 プール及び附属施設完成。(25メートル、4コース)
4年7月21日 22日までの2日間、四国盲学校体育大会が本校で開催され、野球部が優勝。高知県教育長より高知県児童生徒賞誉を受ける。
5年2月27日 28日までの2日間、本校会場にて初の全国統一国家試験実施。
5年11月16日 寄宿舎増築工事完成。プレイルーム、洗濯洗面所、便所を増築。
6年12月7日 グラウンド整地工事完成。
10年7月20日 第28回四国盲学校体育大会において卓球団体戦で優勝。
11年1月31日 創立70周年記念式典を挙行する。
11年10月7日 中国・四国地区盲教育研究大会を本校において開催する。
12年7月21日 第29回四国盲学校体育大会において卓球団体戦で準優勝。
13年6月15日 ルミエールサロン(視覚障害者対象支援補助具展示室)オープン。
17年7月21日 第12回中国・四国地区盲学校体育大会を本校において開催する。
17年11月24日 第32回四国地区盲学校文化祭を本校において開催する。
18年6月8日 第32回四国地区盲学校弁論大会を本校において開催する。
19年8月31日 体育館棟耐震工事完成。
20年7月20日 第15回中国・四国地区盲学校体育大会において高知・鳥取連合チームがグランドソフトボールで準優勝。サウンドテーブルテニス女子個人戦で準優勝。
20年8月25日 中国・四国盲教育研究大会を本校で開催する。
21年1月25日 創立80周年記念式典を挙行する。
21年7月19日 第16回中国・四国地区盲学校体育大会においてサウンドテーブルテニス女子個人戦で優勝。
21年8月31日 寄宿舎耐震補強工事完成。
21年11月22日 平成21年度高知県高等学校総合文化祭 第61回高知県高等学校連合音楽会に初出場。
22年1月15日 本館耐震補強工事完成。
22年7月18日 第17回中国・四国地区盲学校体育大会において高知・鳥取連合チームがグランドソフトボールで準優勝。サウンドテーブルテニス女子個人戦で準優勝。
25年7月21日 第20回中国・四国地区盲学校体育大会において高知・香川・徳島連合チームがグランドソフトボールで準優勝。サウンドテーブルテニス女子団体戦で準優勝。