室戸市教育委員会

室戸市教育委員会

ホーム > 室戸の史跡・文化財 > 紀貫之土佐日記の碑

室戸の史跡・文化財

掲載日:2014年07月15日

紀貫之土佐日記の碑

 承平5年(935)1月10日奈半利の泊まりに泊した一行は奈半利を出て、昼ごろ羽根崎をすぎる。幼童が羽根という名を聞いて

「まことにて名に聞く所、羽根ならば、飛ぶがごとくに都へもがな」と詠んだ。

 望郷の念にかられる一行の思いをよく表しているが、この童につけても思い出されるのが、土佐で亡くした娘のことであった。

「また昔へ人を思い出て゛て、いずれの時には忘るる」と書く紀貫之の悲痛な心がうかがわれる。「世の中に思いやれど子を恋いふる、思いにまさる思ひなきかな」とその悲しみの心を歌に託す紀貫之であった。

参考文献・・室戸市史(上巻、下巻) 室戸の文化と史跡(室戸市教育委員会)

羽根崎と紀貫之の歌碑 羽根岬にたっています。

羽根崎と紀貫之の歌碑

羽根崎と紀貫之の歌碑 羽根岬にたっています。
羽根崎と紀貫之の歌碑 羽根岬にたっています。

このページの先頭へ

Copyright(C)2014 Muroto City Board of Education, All right reserved.