室戸市教育委員会

室戸市教育委員会

ホーム > 室戸の自然 > 室戸岬周辺の植物(1)

室戸の自然

掲載日:2014年07月22日

室戸岬周辺の植物(1)

タイトゴメ(イチジク属)

シャリンバイ(シャリンバイ属)

ヤブマオ(カラムシ属)

ユキモチソウ(テンナンショウ属)

イボタノキ(イボタノキ属)

ハマエンドウ(レンリソウ属)

ハマウド(シシウド属 )

ハマヒルガオ(ヒルガオ属)

ドクダミ(ドクダミ属)

ツルソバ(タデ属)

サカキカズラ(サカキカズラ属)

リュウゼツラン(リュゼツラン属)

ウラシマソウ(テンナンショウ属)

ウラシマソウ(テンナンショウ属)

タイトゴメ(イチジク属)
タイトゴメ(イチジク属)

タイトゴメ(イチジク属)
関東地方以西、四国、九州の海岸の岩石の隙間や崖などにはえる多年草 茎は地上をはって多数分岐し、主茎の上方は側枝とともに直立、高さ5〜12cm 葉は互生し長さ3〜6mm 多肉質。花は夏、側生する枝上につき主茎には花をつけない。

シャリンバイ(シャリンバイ属)
本州の山形県以南、四国、九州の海岸にはえ、庭木としても栽植される常緑低木 高さ1m内外、よく分枝し若枝や葉に褐色の軟毛があるがのち無毛となる。葉は4〜6cm 厚く硬く光沢があり、多少後ろに反る。花は晩春に咲き径2cm位  (原色牧野植物大図鑑より)

ヤブマオ(カラムシ属)
北海道、本州、四国、九州および中国の温帯に分布
山野に普通にはえる多年草、高さ1m位、皮の繊維は弱い、葉は長さ10〜19cmで厚く ひどくざらつき茎とともに細毛がある。花は秋、葉えきから長さ10〜20cmの花序を抜き出し、葉の下部に雄花穂、上部に雌花穂をつける。 (原色牧野植物大図鑑より)

ユキモチソウ(テンナンショウ属)
紀伊半島および四国の林下にはえる多年草、高さ20〜60cm、花は晩春。普通葉は1〜2枚でほぼ同丈、葉身は3〜5小葉に分裂し、ときにきょ歯縁となり緑色でしばしば白斑がある。小葉間に葉軸が発達する。仏炎苞は葉と同時に開き舷部は質厚くほぼ直立し、先はやや内に巻いてとがる。和名の雪餅草は花序付属体の上部が白く膨らんで多少柔らかいので餅にたとえた。 (原色牧野植物大図鑑より)

イボタノキ(イボタノキ属)
北海道から九州および朝鮮半島の温帯から暖帯に分布し、山野に多い半常緑低木。高さ2〜3m、枝は灰白色でよく分枝する。若枝に細毛がある。葉はやや薄く長さ2〜5cm 花は晩春、新枝の先に長さ2〜3cmの総状花序をつける。和名は樹皮に白いイボタロウ虫が寄生することによる。その虫が分泌した ろうは家具のつや出しに用いられた。 (原色牧野植物大図鑑より)

ハマエンドウ(レンリソウ属)
アジア、ヨーロッパ、北アメリカの温帯から暖帯に分布。日本各地の海岸まれに湖岸や河原の砂地にはえる多年草、地下茎を長くのばして繁殖する。茎は下部が横にはい上部は斜上し長さ20〜70cm葉柄の先端は巻ひげとなる。花は春から夏に咲き、赤紫色から青色に変わる。和名はエンドウににて浜辺にはえるからいう。(原色牧野植物大図鑑より)

ハマウド(シシウド属 )
関東地方以西、四国、九州、琉球列島および朝鮮半島南部、台湾の暖地から亜熱帯に分布し、海岸にはえる多年草 茎は直立し高さ50〜100cm位で、中に黄白色の液があるが黄汁を出さない。上部には細毛がある。葉は大きく光沢がある。花は夏。和名は海辺にはえるところからついた。

ハマヒルガオ(ヒルガオ属)
ヨーロッパ、アジア、太平洋諸島、アメリカ西海岸などの温帯から熱帯に広く分布し、日本列島各地の海岸の砂浜にはえる多年草。地下茎を長く引き、茎は長く砂上をはう。つる植物だが他物にはあまり巻き付かない。葉は厚く光沢があり長さ2〜4cm 花は晩春 2枚の包葉が5枚のがくを囲む。花冠は4〜5cm (原色牧野植物大図鑑より)

ドクダミ(ドクダミ属)
本州から琉球列島、及び台湾、タイ、中国、ヒマラヤの温帯から暖帯に分布。山野の樹陰や庭の暖地にはえる多年草、特有な臭気がある。高さ20〜60cm、花は初夏、白い花弁のような4枚の総苞片の上に花を穂状につける。花被はない。

ツルソバ(タデ属)
房総半島、伊豆半島、紀伊半島、四国、九州、琉球列島および中国、マレーシア、インドの暖帯から熱帯に分布。林内にはえる常緑つる植物。茎は長く伸びて他物に巻き付く、長さ4m以上、暗紫色で無毛。葉は対生し長さ6〜10cmの草質で光沢がある。花は初夏。果実は袋果で長さ11cm位、種子には3cm位、種子には3cm位の長毛があり風で散布する。和名はサカキの葉に似るからという。

サカキカズラ(サカキカズラ属)
本州房総半島以西から琉球列島、台湾、中国、さらにインドの暖帯から熱帯に分布。林内にはえる常緑つる植物。茎は長くのびて他物に巻き付く、長さ4m以上、暗紫色で無毛。葉は対生し長さ6〜10cmの革質で光沢がある。花は初夏。果実は袋果で長さ11cm位、種子には3cm位の長毛があり風で散布する。和名はサカキの葉に似るからという。(原色牧野植物大図鑑より)

リュウゼツラン(リュゼツラン属)
メキシコ原産、普通庭園に栽植されている常緑多年草。暖地では野生化している。短い走出枝から苗を分けて繁殖する。葉は多数ロゼット状に集まり、多肉で長さ1〜2m。花はまれで数10年経ったものは高さ6〜9mの茎を出し、多数の花をつける。花後その株は枯れる。和名は葉形を竜の舌にたとえたもの。

ウラシマソウ(テンナンショウ属)
北海道南部から本州および四国北部の林下、林縁にはえる多年草、高さ30〜60cm球茎には子球が放射状に5列に並ぶ、春から晩春に地上に葉と花序を展開 普通葉は1枚で偽茎部が短く、小葉は11枚から17枚。本州西部から九州および朝鮮半島南部には母種のナンゴクウラシマソウがある。和名は糸状にのびる花序付属体を浦島太郎が釣糸を垂れているのと見立てたもの。 (原色牧野植物大図鑑より)

このページの先頭へ

Copyright(C)2014 Muroto City Board of Education, All right reserved.