室戸市教育委員会

室戸市教育委員会

ホーム > 室戸の自然 > 室戸岬周辺の植物(2)

室戸の自然

掲載日:2014年07月22日

室戸岬周辺の植物(2)

タマシダ(タマシダ属)

シオギク(キク属)

シオギク(キク属)

バクチノキ(サクラ属)

バクチノキ(サクラ属)

アカメガシワ(アカメガシワ属)

ヤマアイ(ヤマアイ属)

アコウ(イチジク属)

アコウ(イチジク属)アコウの新芽

アコウ(イチジク属)アコウの実

イヌビワ(イチジク属)

ヒトツバ(ヒトツバ属)

ワルナスビ(ナス科)

ワルナスビ(ナス科)

タマシダ(タマシダ属)
タマシダ(タマシダ属)

タマシダ(タマシダ属)
高さ50cmほどになるシダ植物、アジア、アフリカの熱帯を中心に分布し日本では本州、四国、九州、南西諸島に見られる。日の当たる林縁などに群生し、溶岩の割れ目にも生育する。地下には根につく球形の貯水組織があり、和名はこれによる。 (原色牧野植物大図鑑)

シオギク(キク属)
四国南部の海岸の崖に生える多年草。高さ30〜50cm、横にはう根茎で繁殖する。茎は直立し、花時には下部は曲がって硬い。葉は長さ4〜5cm、裏面は銀白色を密生。花は秋、周辺花は雌性で内部の管状花と同形が不完全な舌状花冠があり、管状花は両性。管状花ばかりのマメシオギク、舌状花と同形が不完全な舌状花冠があり、管状花は両性。管状花ばかりのマメシオギク、舌状花が大きいミソノシオギクなどがある。和名潮菊 (原色牧野植物大図鑑より)

バクチノキ(サクラ属)
房総半島以西、四国、九州の暖地にはえる常緑高木。高さ10m 樹皮は灰褐色、剥離し紅黄色でなめらか。葉は長さ8〜20cm 葉柄の上部に2個の密腺がある。花は秋、果実は翌年の初夏に熟す。葉は薬用でばくち水をとる。和名は樹皮がはがれるのを、ばくちに負けて裸になるのになぞらえた。(原色牧野植物大図鑑より)

アカメガシワ(アカメガシワ属)
秋田県以南、四国、九州、琉球列島および朝鮮半島、台湾、中国に分布し山野に普通に見られる落葉高木。伐採跡などの二次林に多い。高さ5mに達する。生長が非常に早い。若い枝や葉に細かな褐色の星状毛が密生する。葉裏に黄色の腺点がある。花は夏、雌雄異株。和名は赤芽槲で芽が赤いことによる。(原色牧野植物大図鑑より)

ヤマアイ(ヤマアイ属)
本州から琉球列島、及び中国、朝鮮半島、台湾、タイ、インドシナに分布し、山地の樹の下にはえる多年草、地下茎ははい、乾くと白色から紫色になる。花は早春に咲く。昔、この生葉を突き潰して衣料を染めるのに用いた。(原色牧野植物大図鑑より)

アコウ(イチジク属)
紀伊半島、四国、九州、琉球列島の海岸にはえ、台湾、中国南部からジャワにかけての亜熱帯から熱帯に分布する常緑高木。発芽当初は他の木に着生し、その木をおおって殺す絞殺木となる。高さ20m位で四方に枝を広げ、小枝は傷つけると乳汁が出る。気根を出し、全体に無毛。春新葉を出す前に落葉し、落ちたあとが輪に残る。雌雄異株。花は春、果序はイチジクににて径15mm(原色牧野植物大図鑑より)

イヌビワ(イチジク属)
関東地方以西、四国、九州、琉球列島および済州島に分布。暖地の海岸の丘陵などの浜辺や林中にはえる落葉低木。樹皮は滑らかで灰白色、切ると乳汁を出す。花は春から夏、新枝の葉えきに花柄をだし、イチジクに似た花のうをつける。雌雄異株、雄の花のうには虫えい花がある。雌ののう果は食べられる。和名犬枇杷 (原色牧野植物大図鑑より)

ヒトツバ(ヒトツバ属)
高さ20〜40cm、東アジアからインドネシア半島の暖温帯から亜熱帯に分布し、日本では関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島に見られる暖帯では普通に見られる。しばしば岩尾根に群生し、ウバメガシ林の林床には多く、乾いた岩上や樹上に着生する和名は、舌状の単葉を1枚を1枚ずつつけることによる。(原色牧野植物大図鑑より)

ワルナスビ(ナス科)
ヨーロッパ原産、1930年頃 千葉県に入り次第に広まり帰化している多年草、茎には鋭いとげと星状毛があり、分枝し高さ30〜50cm。地中に径3mm位の地下茎をのばして繁殖する。葉は長さ1.5〜2cmの柄をもち両面星状多い。花は初夏、花冠は白色または淡紫色、径2〜3cm。和名は繁殖力が強く、とげがあって始末の悪い雑草であるということから。(原色牧野植物大図鑑より)

このページの先頭へ

Copyright(C)2014 Muroto City Board of Education, All right reserved.