室戸市教育委員会

室戸市教育委員会

ホーム > 室戸の自然 > 室戸岬周辺の植物(3)

室戸の自然

掲載日:2014年07月22日

室戸岬周辺の植物(3)

トベラ(トベラ属)

オオバコ(オオバコ属)

ホオノキ(ホオノキ属)

トベラ(トベラ属)
トベラ(トベラ属)

トベラ(トベラ属)
東北地方以西、四国、九州、琉球列島、および朝鮮半島南部台湾、中国に分布、海岸にはえ、生垣や庭木として栽植される常緑低木。高さ2〜3m 葉は互生し厚く革質で光沢があり、乾けば両縁から裏に巻き、長さ5〜9cm。雌雄異株。花は晩春に咲き、白色から黄色になり径1〜1.5cm 芳香がある。

オオバコ(オオバコ属)
東アジアの温帯から熱帯に分布し、日本各地の山野や道ばたにごく普通に見られる多年草。葉は根生し長さ4〜20cm、葉は葉身と同長が長い。葉鞘は膜質。花は春から秋、10〜20cmの花茎を伸ばし密に白花をつける葉はときに食用、種子は薬用となり車前子という。

ホオノキ(ホオノキ属)
日本各地、及び中国に分布、山地にはえる落葉高木、高さ20m位、葉は互生し枝先に集まり長さ10〜40cm 若い葉は帯紅色で美しい。花は晩春 香りが高く径15cm位 古名ホオガシワは昔、葉に食べ物を盛ったことによる。今日でも盛ったり包んだりし香りを楽しむ。材は柔らかくきめ細かいので版木、下駄の歯、種々の器具に用いる。 (原色牧野植物大図鑑より)

このページの先頭へ

Copyright(C)2014 Muroto City Board of Education, All right reserved.