室戸市教育委員会

室戸市教育委員会

ホーム > 室戸の自然 > 羽根岬周辺の植物(2)

室戸の自然

掲載日:2014年07月22日

羽根岬周辺の植物(2)

ヒトツバ(ウラボシ科ヒトツバ属の常緑シダ)

サカキカズラ

カタバミ(カタバミ科カタバミ属の多年草)

ヒメジョオン(キク科ヒメジョオン属の1年草)

ハマゴウ(クマツヅラ科ハマゴウ属の落葉小低木)

ハマボッス(サクラソウ科オカトラノオ属の2年草)

ハマヒルガオ(ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草)

アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科)

オニアザミ(アザミ属)

カタバミ

羽根岬周辺の植物

羽根岬周辺の植物

羽根岬周辺の植物

羽根岬周辺の植物

ヒトツバ(ウラボシ科ヒトツバ属の常緑シダ)
ヒトツバ(ウラボシ科ヒトツバ属の常緑シダ)

ヒトツバ(ウラボシ科ヒトツバ属の常緑シダ)
高さ20〜40cm。東アジアからインドシナ半島の暖温帯から亜熱帯に分布し、日本では関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島に見られる。暖帯では普通に見られ、しばしば岩尾根に群生しウバメガシ林の林床に多く、乾いた岩上や樹上に着生する。和名は、舌状の単葉を1枚ずつつけることによる。

カタバミ(カタバミ科カタバミ属の多年草)
高さ約20cm。温帯から熱帯にかけて広く分布している。日本では各地の畑地や路傍に普通に見られるが、繁殖力が強く、根が深いことから畑地の雑草ともなっている。葉や茎にシュウ酸を含むため酸味があり、スイモノグサの別名もある。和名は、小葉の片側が欠けているようにみえるためといわれる。

ヒメジョオン(キク科ヒメジョオン属の1年草)
高さ30〜50cm。北アメリカ原産の帰化植物で、明治時代初期に渡来した。日本各地の畑地や路傍に生育する雑草で、とくに都会近郊の空き地や休耕地では大群落をつくる。和名の由来は不明とされる。

ハマゴウ(クマツヅラ科ハマゴウ属の落葉小低木)
高さ30〜60cm。東南アジア、太平洋の島々、オースとラリアの温帯から熱帯までの海岸に生育する。日本では北海道を除く各地の砂浜や礫浜に群生し、北方のハマナシに対し、南方を代表する海岸小低木といえる。

ハマボッス(サクラソウ科オカトラノオ属の2年草)
高さ15〜40cm。東南アジア、インド、太平洋の島々の温帯から熱帯まで広く分布する。日本でも、北海道南部から南西諸島まえ、海岸の崖地に普通に生育する。和名の由来は、海岸に生育し花序がほっす(僧が使う法具の1種で、ヤク、ウシ、ウマの尾の毛を束ねて柄をつけたもの)に見立てたためとされる。

ハマヒルガオ(ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草)
ユラシア、北アメリカ西部、太平洋の島々の亜熱帯から温帯、あるいは熱帯に広く分布し、海岸の砂地に生育する。日本では各地の海岸に見られるほか、ときに内陸の湖岸、河原にも生える。和名は、ヒルガオの仲間で海岸生であることによる。

アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科)
北アメリカ原産の1年の寄生植物で、現在、北海道から南西諸島に至る各地で、日当たりのよい海岸の砂地や市街地の荒れ地に群生している。茎は淡黄色から淡橙色の糸状で、寄主に左巻きに巻き付き、寄主に接した部分には小さな吸盤を生じる。きわめて生育が旺盛なもので、またたく間に寄主をおおいつくしてしまう。ジャガイモやナスなどの作物への被害が懸念され、そのため「黄色い吸血鬼」の名が生まれた。その侵入経路は、おそらくダイズなどの輸入穀物に混じってきたものであろう。

オニアザミ(アザミ属)
中部、東北地方の山地や高山帯の草原に分布する多年草。高さ50〜100c、。根出葉は残存し、長さ35〜65と大型で長楕円形、長枝があり深く羽根に切り込み粗いきょ歯がある。花期hs初夏から初秋

このページの先頭へ

Copyright(C)2014 Muroto City Board of Education, All right reserved.