鯨浜 と 室津の泊 そして 津寺 と 一木権兵衛

 さて皆様、奈良師の浜の右端のところに、少し高い礁が見えます。あの辺りから右の方を昔は「鯨浜」と言っておりました。
 みなさまは、最近クジラを食べられたことがおありですか。南氷洋他で捕鯨が禁止になり、クジラの味も忘れかけているこの頃ですが、その昔室戸は和歌山の太地とならんで、捕鯨の中心地として七浦が栄えたということです。
        
  
昭和46年 室戸市椎名 大敷網
網捕鯨 11尋のナガスクジラ 浮津 明治30年代

 鯨取りは勢子舟にのった猟師が、手銛を使って命がけで捕まえた突き捕鯨から、網捕鯨へ、そして銃殺捕鯨へと進んでいきましたが、室戸岬一帯で捕鯨をしていた頃は、捕らえた鯨を、津呂組は室戸岬近くの鯨浜へ、浮津組はあの浮津の浜へ運び、解体していたということです。
              
網捕鯨 明治時代 と 再現された勢子舟 手銛 手形切り。網捕鯨で一番危険。


次のページへ進む 始めのメニューへ戻る 前のページへ戻る