平成29年度 教育目標及び学校経営方針

◆長沢小学校の教育目標
  地域を愛し、未来を拓く力を身につけた児童の育成

◆め ざ す 子 ど も 像  <KKT>
 考える子ども    
 心豊かな子ども  
 たくましい子ども  
  知・徳・体(TTT)でKKT!

◆学校経営理念  〜小規模・複式の良さを最大限に生かす学校づくり〜

   憲法・教育基本法・県及びいの町教育方針に則り、家庭・地域社会との連携を深めな がら、 児童一人ひとりに確かな学力と道徳性を身につけさせると共に、人(権)・文化・  自然・平和等を大切にする心身ともに健康で人間性豊かな児童を育成する。

◆目指す学校像

1.地区の良き伝統と校風を継承し、チーム学校による教育活動を展開する学校。

2.地域との連携・協働を図り、信頼される学校。

3.「ほめ言葉のシャワー」を日常化させる学校。

4.情熱と誇りと誠実な心を持った教職員が教育活動を展開する学校。

◆経営の方針

   ○チーム力の結集  ・得意分野を生かして相互支援
                 ・協働性と計画性のある取組の展開
   ○授業改善      ・児童の活動と教師の出番の工夫
                 ・「小小連携」で複式授業を研究
   ○自尊感情の育成  ・「ほめ言葉のシャワー」「価値語」「成長ノート」を中心にすえた取組
                 ・家庭や地域への波及

◆具体的方策(教育目標にかかわって)

   教育の重点  具体的な方策等
基礎基本の定着 ・確かな学力の育成  1. 授業を重視し、指導方法(複式)、指導体制の充実・工夫を図る。 



2.「読む力」「聞く力」「話す力」「書く力」「計算力」を高める。




3.自ら学び、問題を解決する資質や能力を育成する。





4.教職員の資質向上に努める。
・少人数・複式授業の充実と実践のための研究。
・ 行事等の充実・工夫と授業時数の確保に努める。
・ 指導の「ねらい」を明確にし、基礎的・基本的な内容 をおさえて指導する。 

・ より効果的な授業評価システムの研究・実践を進め、それを授業改善に活かすとともに、くりかえしの指導や補充指導による確実な習得を図る。
・ 読書タイム、ぱくぱくタイム(漢字・計算)、日記、作文、発表等の充実・改善を図る。

・ 長沢の恵まれた自然、歴史、人材をはじめ、体験的な学習、問題解決学習、コンピューター等積極的に教育の場に取り入れる。
・ 総合的な学習の時間の工夫・充実を図り、自ら学び取る学習の方法を習得させる。
・ 家庭学習を習慣化する。

・ 校内研修や校外研修、日常的な学び・研鑽により指導力や資質の向上を図る。
心の教育 ・楽

く温もりのある学校  
1.基本的生活習慣(マナー・礼儀等含)を身につけさせる。 


2.道徳教育・人権教育の充実とその実践力を培う。

3.特別支援教育に充実に努める。





4.他の人の立場を思いやる子どもを育てる。
・ 発達段階に応じた基本的生活習慣を身につけさせる。
・ 「挨拶」を推進する。 

・ 道徳教育及び人権教育の時間を確保するとともに、資料の整備し、その活用と指導法を研究する。

・ 一人ひとりの児童の特別支援体制の充実・推進を図る。
・ 児童について気になること等は、常に報告・連絡・相談を心がけ、職員会にはかり、全教職員の共通理解のもとに、その指導に当たる。

・ 体験活動を重視し、奉仕活動の意識化と実践化を図る。

元気でたく
ましい体と精神の育成 
 1. 食教育の充実と推進




2. 粘り強くやり遂げる子どもを育てる。

3. 運動能力、体力、気力、仲間意識を高める。
・「食」への関心を高め、その重要性を認識する。
・ 朝食をしっかり食べてくることの指導徹底。
・ 食材に関心を持ち、時間内に好き嫌いなく食べる給食指導を行う。

・ 運動や遊びを通じて粘り強く取り組む姿勢や仲間意識を身につけさせる。

・ 陸上・水泳・一輪車・持久走・縄跳び等に取り組むことで、運動能力、体力、気力、連帯意識の向上・充実を図る。
・ 低学年からいろいろな運動にチャレンジし、運動能力・体力向上の基礎を養う。
 
◆具体的方策を支えるもの
   重 要 内 容  具 体 的 方 策 内 容
生きる力の育成  1.「食」への関心・実践力を高める。


2. 命・健康・安全への関心や意識を深める。



3.集団生活を通して、自主・自立や社会性を育む。
・ 「朝食」を食べること・好き嫌いせず食べること 
・ 食材への興味・関心・マナーよく、楽しく食べる指導

・ 「緊急マニュアル」の改善とそれに基づく緊急体制の整備を図る。
・ 学級指導や保健指導により、保健・安全についての理解を深める。

・ 社会生活の基本的ルール等、人として大切なことを多くの人との関わりを通して継続的に指導する。
地域の学校づくり 1. 情報の発信に努める。


2. 地域行事へ積極的にかかわる。





3. 保護者・地域の声をしっかり受け止め、教育活動の改善に活かす。
・ 学校便り、地域掲示板等で、学校の取組みや児童の姿、作品を積極的に発信する。 

・ 地域に根ざした交流学習や地域行事に積極的にかかわり、保護者、地域の方々と共に楽しむ。
・ PTA、開かれた学校づくり委員、老人会、民生委員、児童民生委員、学校ボランティア等との連携を密にする。

・ 学校評価の分析と発信に努め、学校経営へ反映させる。
学校運営の改善 ○教職員の意識改革
  ・教育者としての自覚と責任、人間性(服務規律の保持、言動、服装、人間力、地域・保護   者の方々との対話力等)
  ・授業力(45分間を充実させる能力。年間を通じて確実に子どもを成長させる力)を高め    る。
  *授業力の中身 @教科指導内容に応じた適切な指導法 
             A子どもを飽きさせない授業構成
             B45分間有効に授業できる資質、能力 
             C簡潔・明瞭・的確な発問、指示、・説明、語り方 
             D教師自身の「じぶん表現力」の向上 等々
○ 説明責任の準備
  ・学校教育の現状について、いつでも説明できるようにしておく。
  ・学校の自己点検や自己評価、外部評価等」の実施・分析とそれに基づく学校改善
○ 保・小・中との連携の推進 
○ 家庭学習の定着





 Information 

いじめ防止
基本方針


H26.3〜


H29学校経営計画
 copyrightc2012 ino town inominami Education  all rights reserved.