学校経営方針

 1.経営の基本方針
 日本国憲法の精神と教育基本法、学校教育法並びに県・市の教育行政方針の主旨 に則り、人間尊重の理念を基調とする公教育の本質に立って「知的で人間性豊かな子ども」、21世紀の担い手としての知・徳・体の調和のとれた子どもの育成を図る。

 2.本校の教育目標
「自ら学び、たくましく生きる力と豊かな心を持った子どもを育てる」
 <めざす子ども像>

  (1)    自ら学び、ねばり強く努力する子
  (2)    心豊かで、思いやりのある子
  (3)    進んで身体を鍛える子
  (4)    元気で遊ぶ子

  3.目標達成のための努力点
 (1)一人ひとりの子どもたちが、元気はつらつとし、いつも生き生きと瞳を輝

    せているような授業づくりに努める。
           <授業づくり>

 (2)自分を大切にすると同時に、友だちを思いやる温かい心を持ち、助け合い
    え合って生活できる子どもの育成に努める。
           <子どもの自立と連帯>

 (3)学校の教育目標を具現化するための研修体制を確立し、常に授業を公開し
    師としての力量を高め合う。
           <授業公開>

 (4)「何事も実践を通して語る」という学校風土づくりに努める。

                 <実践を潜らせる>
 (5)保護者と教師、職員相互、そして地域との信頼関係を大切にするよう努
    る。
           <連携教育>


  4.本年度の重点目標

  (1)基礎的基本的な学力の充実を図る。(本年度は特に書くことを通して)
  (2)子どもの主体的な活動の充実を図る。
  (3)総合的な学習の時間の効果的な指導に努める。
  (4)体力づくり、健康安全教育の推進に努める。
  (5)道徳教育、人権教育の更なる充実に努める。
  (6)地域やP T A等との連携を図り、開かれた学校づくりに努める。

 5.具体方針
  (1)生きる力としての、次の三つの基礎的能力を育成する。
    ・基礎的基本的な学力(読み・書き・計算)
    ・感応表現力
    ・基礎的な体力、運動能力
  (2)学力向上のための指針
    ・基礎的基本的な学力を人格の重要な根底部分と捉えて
    ・子どもたちの学ぶ意欲を大事にした教育を
    ・結果的に充実感、成就感を子どもたちが抱けるように
    ・その子にとっての力、その子のその学年に応じた力を
    ・特に小学校では、国語科を学力形成教科、人格形成教科として重点をおく
  (3)心と身体を鍛える

    ・子どもの生活習慣や遊びの実態を知り、具体的な指導を
    ・日々の体育の授業の充実と、年間を通した体力向上策を
    ・三種の呆器(TV・ゲーム・漫画)から子どもを守る手立てを
  (4)個を生かすための授業の充実と評価活動の工夫
    ・分かる、分からないが明確化された授業を
     (子どもたちに考えさせる部分と教師の説明部分を明確に分ける授業)
    ・「挙手⇒指名型授業」から「机間巡視⇒指名型授業」へ
    ・自己評価に向かうための必達目標の設定を
    ・授業評価表、個人カルテ等の活用と子どもに委ねる授業を
  (5)多忙感の克服
    ・時間管理の工夫と実践の質的充実を目指して
    ・教師自身の自己研鑽と、教師集団の切磋琢磨による力量の向上を図る
  (6)職場の「和」とは
    ・笑い声の聞こえる職場
    ・子どもの話題が聞こえる職場
    ・子どもの伸びをみんなの喜びとする職場
    ・他と共に歩むことのできる職場
    ・話し合う時は真剣に話せる職場