本文へスキップ

清流四万十川が流れる四万十市(旧中村市)にある開校67年の歴史ある学校

学校 お問い合わせはTEL.0880-34-4137

〒787-0023 高知県四万十市中村東町2丁目1−30

教育方針policy

学校長あいさつ

誰もが誇れる学校に!

 旧中村市(現四万十市)は、今から約550年前、前関白一条教房公が応仁の乱を避けてこの地に下向し、京都を模したまちづくりを始めたことから、「土佐の小京都」と呼ばれています。(四万十市HPより)その、歴史と伝統ある四万十市の中核校の中村中学校です。
 伝統ある中村中学校に第17代校長として赴任し、責任の重大さを日々痛感しています。今後は、地域・保護者・生徒・教職員の方々と一致団結して県下で誰もが誇れる学校を「高知県NO.1の学校」をつくっていきたいと考えています。

ご協力よろしくお願いします。


                                       平成29年4月1日
                                       四万十市立中村中学校長
                                             松田 文雄 


学校教育目標

「誇り高く、夢大きく、こころ美しい生徒の育成」

昭和52年度卒業生が残した「高く、大きく、美しく」という言葉があります。(写真校舎前モニュメント)
以後、この言葉は校訓として親しんできましたが、平成21年にこの言葉を引用し学校教育目標として定めました。


教育方針

教育方針

校訓(校是)  「高く、大きく、美しく」

学校教育目標 「誇り高く、夢大きく、こころ美しい生徒の育成」

目指す生徒像

■「誇り高く」
  自分をかけがえのない存在として、自分自身を誇れる生徒
  自分たちの学校、地域に誇りを持ち、より良くしようとする生徒

■「夢大きく」
  自分の「夢」に向かって勉強を積み重ねる生徒

■「こころ美しい」
  周りのものを思いやり、大切にしようとする心を持つ生徒
  集団のルールやマナーを守り、行動する生徒

■目指す学校像、目指す教師像
(1)全ての子どもが認められる学校
  ・生徒の肯定的な評価に努める教師
  ・生徒が肯定的評価を得られる活動を意図的に仕組む教師           
(2)生徒が「夢」を実現させるために勉強できる学校
  ・基礎学力の定着と学力の向上に取り組む教師   
(3)生徒がマナーやルールを守り安心して過ごせる学校
  ・行動を支える心に目を向け指導できる教師
  ・ルール違反を見逃さず、毅然とした態度で指導できる教師
  ・社会に通用するマナーを指導できる教師  

重点目標

(1)生徒が周りから肯定的な評価を受ける活動の充実を図る
(2)その学年で身につけるべき内容(学力)はしっかり定着させる取り組みの充実を図る
(3)上級生が下級生の範となり、学年が上がるにつれて落ち着いて学校生活を送れるような生徒指導を行う。
(4)部活動を通しても上記の3点を意識した取り組みを行う

           

information

四万十市立中村中学校

〒787-0023
高知県四万十市中村東町2丁目1-30
TEL.0880-34-4137
FAX.0880-34-4138
MAIL TO: nakamura-j@kochinet.ed.jp