中村特別支援学校

訪問学級

平成29年度の訪問学級には、小学部1名、中学部1名、高等部1名の計3名の児童生徒が在籍し、教員が家庭に訪問して、授業を行っています。

年に10回程度はスクーリングを行うなど、子どもたちの交流も大切にしています。

訪問学級重点目標

  • 心身の発達を支援し、一人一人の生きる力を育てる。

教育課程

  • 授業は、対象児童生徒一人につき1日2時間を標準とし、週当たりの訪問回数は、児童生徒の障害の実態や学習負担等を考慮して適切に定めています。
  • 教育課程は、自立活動、道徳、特別活動で編成し、児童生徒の障害の程度、能力、特性を考慮して、実態に即した教育を行っています。

訪問学級

▲このページの先頭に戻る