中村特別支援学校

教育方針

校訓

  元気 協力 思いやり

 

教育方針

  一人一人が学ぶ喜びを感じ、豊かに生きる力を培う

 

教育目標

 

 児童生徒一人一人が、その能力や可能性を最大限に伸ばし、自立し、意欲的、主体的に社会参加していくことができる人間を育成する。
   ○基本的生活習慣を確立し、心身ともに健康で明るい生活を送るために必要な知識、技能、態度及び習慣を養う。
   ○豊かな心を育み、自ら学び、意欲的で主体的に生きる姿勢を養う。
   ○円滑な人間関係の形成のために必要なコミュニケーション力、社会参加や自立に必要な働く力を育成する。

 

目指す学校像

児童生徒が楽しく学べる学校

  • 自分の能力を発見し、伸ばし、その能力が発揮できる学校

保護者が安心して子どもを任せられる学校

  • 教育計画や指導方針、内容が分かりやすい学校
  • 保護者も子どもと共に学び歩める学校

地域にとってなくてはならない存在の学校

  • 地域に貢献し、地域と共に歩む学校
  • 特別支援教育のセンター的機能を充実し、障害種を超えて幅広い相談に対応できる学校

教職員一人一人が力を発揮できる学校

  • 心身共に健康で、協働の中から生まれる風通しの良い学校
  • 研究・研修を大切にし、専門性を磨き、熱意や使命感が評価される学校

 

学校経営方針と主な取組

一人一人の障害特性や課題に応じた教育活動を推進する。

  • 知的障害、肢体不自由の児童生徒の障害特性を踏まえた教育課程の編成
  • 高等部卒業後を見通した小・中・高等部の系統性のある指導と、学部ごとの特色ある教育活動の推進
  • 教育活動全体を通じた人権を尊重した教育の推進(体罰の根絶、いじめ防止の徹底等)
  • 個別の指導計画、年間指導計画の一層の充実(PDCAサイクルの徹底)と、障害特性など一人一人のニーズに応じた指導の徹底(支援機器の活用等)
  • 外部専門家及びチーム力を生かした若年教員層の育成と授業改善
  • 生徒指導、寄宿舎の生活指導の充実

高等部卒業後の進路先を確保し、希望する進路を実現する。

  • 小学部段階からの系統的、計画的な進路指導の実施
  • 早期からの保護者への啓発や研修、個別の進路相談会の実施
  • 関係機関と連携した進路開拓等進路先の確保
  • 現場実習等の実施による一人一人の適性や希望に応じた進路の実現

保護者や地域社会の期待や願いを受けとめ、連携、協力した教育活動を推進する。

  • 保護者や地域住民の学校教育への積極的な参画個別の教育支援計画、個別の指導計画、寄宿舎生活支援計画等の共有、参観授業・学校行事への参加、授業等での活用等)
  • 交流及び共同学習の推進(居住地校交流学習、近隣校との学校間交流学習等)
  • クラブ活動など放課後や卒業後の余暇活動につながる指導の充実
  • アフターケア、同窓会などによる卒業生への支援
  • 保護者のニーズに応じた研修やPTA活動の充実
  • 開かれた学校づくり推進委員会の在り方の見直し

健康で、安心・安全な学校生活を実現する。

  • 子どもたちの命を守るための防災教育の計画的な実施及び防災対策の推進
  • 地域と連携した防災対策の充実(避難訓練や避難所開設・運営マニュアルの整備等)及び研修による防災意識の向上
  • 医療的ケアの実施を含む児童生徒の健康と安全を守る校内体制の充実と教職員の危機管理意識の徹底
  • 教育環境の整備・美化による学びやすい環境、災害に強い環境の確保

西部地域における特別支援教育のセンター的役割を果たす。

  • 教育・医療・福祉・労働等の関係機関とのネットワークづくりと連携の強化
  • 地域の多様なニーズに対応する教育相談や学校支援等の充実
  • ホームページ等を活用した特別支援教育に関する情報の発信、学校公開の推進

教職員が明確な目的と課題意識をもち、自信をもって仕事ができる学校づくりを進める。

  •  学校経営計画と教職員一人一人の役割を明確に意識した職務目標の設定
  • 課題に応じた学校組織の整理、構築と、業務分担及び責任の明確化、仕事の効率化
  • 課題に応じた校内研究体制の構築及び焦点化した研修の実施
  • 自己の専門性の確立(免許保有率の向上等)と、チーム力を生かした専門性の向上
  • 校務用PC等情報機器の活用環境や校内支援システムの運用等の整備、推進
  • 心身の健康維持のためのストレスチェックの実施と、校内環境の整備
▲このページの先頭に戻る