kensyuu

総計:2318 今日:1 昨日:0

研究を進める中で作成してきた資料等を掲載しています。参考になればご自由に活用ください。

鳴門教育大学教職大学院派遣教師(山﨑教諭)のUZUポスト

 本校から山﨑教諭が鳴門教育大学教職大学院に派遣されていましたが、今年度、本校での実習中に発行してもらった通信(UZUポスト)を紹介します。学校の実践を理論面とともに整理し、紹介してくれています。
(※No1は自己紹介編なので、割愛します)
fileNo.2学級経営編
fileNo.3学習意欲編
fileNo.4生徒指導編
fileNo.6パフォーマンス評価編
fileNo.7授業のUD編
fileNo.8 教科の関連編
fileNo.9 教育相談編
fileNo.10 教科の関連編②
fileNo.11カリマネ編

研究指定2年目の作成資料(H28年度)

11月27日に研究発表会を実施しましたが、その際に作成した研究紀要の中から、教科の実践資料を紹介します。
file国語科実践資料
file社会科実践資料
file数学科実践資料
file理科実践資料
file英語科実践資料

中村西中学校『授業の心構え』掲示物
file『授業の心構え』

本校の授業スタンダード(探究)について
file授業スタンダード

授業づくりのポイント(協議の視点)
~主体的な学び・対話的な学び・深い学びに関して~
file授業づくりのポイント

授業者の心構え
~授業評価及び授業を質的に高めて行くための自己チェック項目~
file自己チェック項目

小中連携の学習プロセスと指導のねらい 
~小中学校で連携した学習過程のあり方を一覧にしています~
file小中連携の学習プロセスと指導のねらい

研究指定1年目の作成資料(H27年度)

各教科のノートづくり

 思考力・判断力・表現力を高めるにも、その基礎は自分で考え書く力。書く力を高める視点で教科指導のあり方を協議する中で、ノートの形式を学校として統一していくことになりました。学校としての一般的な形式です。
file国語のノート
file社会のノート
file数学のノート
file理科のノート
file英語のノート

小中連携関係資料

 これまで具同小・中村西中で行ってきた連携の取組を整理し直しました。子どもの育ちや課題を小中で共有し、連携しながら教育活動に従事しています。
file規約
file年間計画
file思考する力・表現する力を高める学習プロセスと指導のねらい(小中連携)

中村西中教職員のスローガン

 私たち教職員は、「探究的な授業づくりのための教育課程研究実践」に向けた授業づくりに向けて、教職員のスローガンを作成しました。『授業を磨き、授業で高める ~志をもち、生徒の未来のために~』は、私たちが考えた研究指定への取組の思いが詰まっています。教員は教育の専門職として授業づくりに努める!そして、生徒は授業で高める!もちろん、その取り組みは21世紀を生きる子どもたちのために!という目的があるからです。そういう“志”を中村西中の教職員集団は持とう!という決意です。
 「な・か・む・ら・に・し」につながる合い言葉も考えています。ファイルを参照してください。
file教職員スローガン

 そして・・・キャラクターも作成し、学校に登場させました。名前は“たんきゅうくん”!生徒にも人気です・・・
探究くん

 “応援団”をイメージしたこのキャラクターは、勉強に励むペン先をデザインした中村西中の冠をかぶり、右手には“探究的な授業づくり”の<>を描いた扇子を持ち、右手には何事も調べていこうとする姿勢をイメージさせるムシメガネを持ち、大きく手を広げています。             by美術科

『聴き方名人』(中村西中)をみんなで考えてみました!

 他者と交流し個々の思考を深めるためには、相手の話を聴くということが大切です。その取組として各学級で考えを出し合い、「聴き方名人」として学校で統一したものを作成してみました。
 下の資料を参照ください。

file『聴き方名人』(中村西中)

 聴くという取組と並行して、自分で考えて書くということが必要との助言もいただいています。“とりあえず自分の意見を書いてみる”という取組を浸透させることが必要だと評価委員さんからも指摘されました。教科指導の中でその取組を進めることが、主体的・協働的な学習を進めるためのカギを握っていると私たちもとらえています。

中村西中の授業スタンダードについて

 平成26年度までの研究実践にもとづいて、本校の授業に関して基本となる展開とその考え方です。「学習目標(めあて)の提示→課題追究→学習状況の把握→まとめ→次時の学習内容提示」を整理して示しています。詳細は、下のデータを参照ください。
file授業スタンダード

H27.11.30 研究発表会紀要より ~教科指導の資料 紹介~

 本校で「目指す授業」とはこうありたい!という授業の姿と、各教科の授業実践での要点をまとめた資料を紹介します。研究発表会当日の紀要に国・社・数・理・英の取組を紹介しましたので、その内容をデータとしてアップします。参考になることがあれば幸いです。
file国語
file社会
file数学
file理科
file英語

英語科「CAN-DOリスト」を紹介します(H27年度版)

 本校は、県教委指定「外国語教育コア・ティーチャー育成事業」(H26~28年度)の指定校としての活動をしています。兼松教諭がコア・ティーチャーとして活動していますが、本校の英語科で作成したCAN-DOリストを紹介します。
 参考になれば、ご自由に活用ください。
fileCAN-DOリスト 全体

fileCAN-DOリスト ステップ1(1~3年)
fileCAN-DOリスト 1年ステップ2
fileCAN-DOリスト 1年ステップ3

fileCAN-DOリスト 2年ステップ2
fileCAN-DOリスト 2年ステップ3

fileCAN-DOリスト 3年ステップ2
fileCAN-DOリスト 3年ステップ3
コア板書例