教育方針

学校教育目標

未来に向かって共に鍛え合う仁井田の子どもの育成

研究主題

「生きる力をはぐくみ ともに学び合える児童の育成」
~聴く力・読み取る力・表現力を高める活動を通して~

 

学校経営方針

学校経営理念

四万十町が掲げる基本的方向性に基づき、社会を生き抜く力、夢を実現する力、地域に必要とされる学校づくりを行う

学校経営基本方針
  1. 夢を持ち続けることができる学校
  2. 道徳力あふれる学校
  3. 生きる力を鍛え続ける学校
  4. 表現力豊かな学校
  5. 地域社会に貢献できる学校
中期学校経営基本方針(H26~H28)
      
  1. 夢を持ち続け、かなえようと努力する子どもの育成
    ・常に夢について語らせるとともに、地域の方からなぜその職業についたかを話してもらう
  2. 道徳の授業を通して、他人のために行動できる子どもの育成
    ・全員が道徳の授業公開を行う
    ・アルミ缶回収や身体障害者療護施設等地域と交流を深め、命の大切や優しさ、地域のために尽くす心を養う
  3. 自ら考え行動し、壁をのりこえることができる子どもの育成
    ・児童会や掃除、各係活動の際に、個人・集団が地域児童がより生活しやすくなるかを考えさせる
  4. いろいろな方法で表現し、自分の意見をわかりやすく伝える子どもの育成
    ・授業改善に努め、一人学び、共学びを通して、図・式、言葉で表現する
    ・新聞や図書館を利用した学習を推進する
  5. 家庭・地域社会のために常に何かしようと企画・実践する児童の育成
    ・地域のお祭りや企画に参加し、鳴子を踊ったり、栽培したものを販売したりする
ページのトップへ戻る