本校の沿革
もどる

明治2年4月 明親館を設立し、文武を修練
明治5年7月 明親館を廃せられ大栃小学校を設立
明治19年4月 大栃尋常小学校と改称
明治31年1月 槙山、上韮生、在所の3か村組合立高等小学校を開設
明治34年12月 学校を現在地(大栃117番地)に移転、校舎新築落成
大正2年3月 槙山第一尋常高等小学校と校名変更
大正14年3月 校地拡張、校舎改築、講堂新築(36000円)
昭和16年4月 槙山第一国民小学校と校名を改称
昭和22年4月 学校教育法施行で高等科は大栃中学校として発足。槙山村立大栃小学校と改称
昭和31年9月 槙山、上韮生村の合併により、物部村立大栃小学校となる
昭和32年12月 大栃中学校を移転
昭和39年4月 安丸小学校を統合
昭和40年4月 河口、拓の両小学校を統合  屋内体育館竣工
昭和41年4月 寄宿舎(三笠寮)を新設
昭和42年11月 スクールバス運行開始
昭和43年4月 中津尾分校を統合
昭和44年4月 香北町立府内小学校廃校により、村内委託生を合併
昭和45年4月 笹小学校を統合
昭和46年4月 神池小学校を統合
昭和47年7月 五王堂小学校を統合 組み立て式プール設置
昭和49年4月 明改小学校を統合 明改分校をおく
昭和52年4月 明改分校を廃校
昭和53年3月 鉄筋コンクリートの新校舎竣工 別役小学校を統合
昭和54年9月 プレハブ体育器具室等を設置
昭和55年4月 久保小学校を統合
昭和55年9月 屋内体育館屋根の葺き替え、内外部の塗り替えをする。
昭和59年3月  校舎裏擁壁補強工事完了
昭和62年9月 プール落成
昭和63年3月 フィールドアスレチック落成 学校給食文部大臣表彰
平成2年8月 運動場整備
平成3年11月 坂本教育文化賞を受賞
平成4年4月 岡ノ内小学校を統合
平成5年12月 フィールドアスレチック全面改修
平成6年9月 パソコン教室設置、フィールドアスレチック増設
平成8年2月 読書感想文学校優良賞受賞、授業評価に関する研究推進校(県指定)
平成8年4月  授業評価に関する研究推進校(県指定)
平成9年7月 校舎内装工事
平成11年7月  倉庫(旧音楽室)撤去 
平成11年10月 校内ラン敷設 
平成12年8月 運動場倉庫、外便所改築
平成14年1月  パソコン及び校内ラン設備更新 
平成14年11月 大栃小PTAが日本PTA全国協議会より表彰 道徳教育研究発表会
平成15年4月 別府小学校が廃校、文科省指定学力向上フロンテア事業指定校(17年3月まで)
平成16年4月 職員トイレ改修,屋根の工事
平成16年8月 校舎耐震工事
平成17年2月 第50回青少年読書感想文全国コンクール学校賞受賞
平成18年3月 子ども県展図画の部最優秀学校賞受賞
平成18年3月 町村合併により、香美市立大栃小学校と解消する。
平成19年3月 パソコン教室及び校内ラン設備更新
平成20年11月 四国山の日賞受賞
平成22年3月 第60回子ども県展「総合優秀学校賞」受賞 
平成23年1月 校舎屋上に太陽光発電設置
平成23年4月 特別支援学級(情緒学級)増設
平成24年4月 3・4年生と5・6年生が複式学級となる。
平成26年2月 第59回青少年読書感想文県コンクール学校優良賞受賞
平成26年3月 第64回子ども県展図画の部優秀学校賞受賞
平成26年4月 「実践的防災教育」の県指定を受ける。
平成27年10月 高知県新聞感想文コンクール優秀学校賞 
平成27年11月 ランチルーム前渡廊下雨漏り改修工事
平成28年8月  運動場改修工事完成
平成28年10月  高知県新聞感想文コンクール優秀学校賞
平成29年3月  遊具改修工事