校区及び本校の概要
 

 香美市物部地区は、面積291.12平方kmと広大であり、林野率が96%の山間地域である。そのため、戦前から出稼ぎによって生計を立てる家庭が多かった。加えて、ダム関係の立ち退きや高度経済成長のあおり等で離村者が急増し、過疎が進んだ。

 近年、柚子、銀杏等の栽培が盛んになり、現在約200戸近い生産農家が119ヘクタールで栽培を行っておりで販売額も6億円に達する日本一のユズ玉の産地である。

 急速な過疎化に伴って児童数も急激に減少し,で昭和39年から相次いで、安丸小・拓小・河口小・中津尾分校・笹小・神池小・五王堂小・明改小.明改分校・別役小・久保小が本校に統合された。平成4年には岡ノ内小を統合、更に、平成8年から休校していた別府小が、平成15年4月に廃校となった。その結果、物部地区全体が単一となり、広大な校区ができあがった6それに伴い4km以上の遠距離通学児童は、JRバス・スクールバス・市営バス等を利用している。

 平成18年3月には、物部村・香北町・土佐山田町の3町村が合併し、物部村から香美市となったため、学校の名称も物部村立大栃小学校から香美市立大栃小学校と改称した。

 
 

  児童の様子
   
   
 本校は、過去数回に及ぶ統合によって校区が広範囲となり、遠距離通学者やバス通学者が多い。また、過疎化に伴う児童数の減少により、1学年が10名前後の学級である。

 とはいえ、地域、保護者の教育に対する関心は高い。また、昔から、剣道や相撲の盛んな土地であり、地域に残る「いざなぎ流舞神楽」の伝承活動も行われている。

 児童たちは、明るく素直であり、与えられた課題については一生懸命取り組む姿勢を持っている。しかし、睡眠不足、忘れ物が多いといった生活面での課題や体力の低下も見られる。そのため、基本的生活習慣の確立、体力づくりの推進等について、家庭や地域と協力しながら取組みを行っている。

 学習面においては、自主性や表現力、思考力を一層高めることが課題である。これらの課題を克服するために、基礎学力の向上、健全育成、人権意識の高揚、体力づくり等、学校教育目標の具現化、課題解決に取り組んでいく。そして、変化の著しい21世紀社会に生きる児童が、他者と共に、自己の夢を実現し、しなやかにたくましく、主体的に生きる力を育成する。

【学校沿革の概要】はここをクリック

学校教育目標及び方針

もどる

基本方針

 教育基本法と教育委員会の教育方針により,個の人権を尊重し情操豊かな人間性を育成するとともに,自主的精神に充ち心身ともに健康で調和のとれた,たくましい実践力を身につけた人間を育成する。

教育目標

 『 郷土を愛し、心身ともにたくましい子どもを育てる 』

めざす子ども像

とちのみの子      

      友だちも自分も大切にする子

             ちからいっぱい運動する子

            のびのびと表現する子

            みずから進んで学ぶ子

本年度の経営方針

 山間地域に位置し、広大な校区、学校統合等から生じる児童の生活上・学習上の実態を正しく把握し、故郷の良さを生かしつつ視野を広くもった、特色のある大栃小学校教育の確立を図る。

@ 過去の研究成果を生かし、よき伝統を育てる
 過去数年にわたる道徳、福祉教育研究推進とかかわって「人を大切にする心の育成」に取り組むとともに、教育方法の改善「基礎・基本重視の学力づくり・集団づくり・健康づくり」に取り組む。

A 機能的・有効性のある運営を行う
 人と物と時間を大切にして、その価値が常に最高度に発揮できるよう組織と運営を考慮し、各自の個性と創意を尊重する。

B 困難を分かち合い、楽しさを共にする明るい職場をつくる
 真撃な教育活動、厳正な勤務を堅持しながら、お互いが長所を認め合い、助け合って和やかで明るい職場とする。 
C ヘき地教育の諸問題の解決、教育環境の整備に努める

 分校を含め13校の統合による広大な校区、遠距離バス通学、へき地性等にかかわる諸問題の解決を図る。また、教育効果を向 上させる校舎内外の環境整備と施設設備を充実し、その利用に 努める。

本年度の重点目標

基礎学力の定着・向上を図る

○道徳教育・情操教育・特別支援教育の充実を図る 

○人権教育の推進とともに相互に認め合い高め合う学級集団づくりをすすめる 

○情報教育の充実を図る 

○特別活動を重視し、児童活動の充実を図る 

○食に関する指導、望ましい生活習慣づくり、体育保健活動の充実を図る 

○保・小・中の具体的な連携を図る

 

校  歌

          作詞 熊瀬一朗

          作曲 丸山和雄

 

1 湖水を渡る 松風に

   むらさきにおう 三笠山

   あおいでいつも 元気よく

   学ぶ我等は すこやかに

   強く正しく のびてゆく

   ぼくのわたしの 大栃小学校

 

2 緑のあした 空はれて

   明親館の むかしより

   かがやく母校 うけついで

   学ぶ我等は ほがらかに

   強くあかるく のびてゆく

   ぼくのわたしの 大栃小学校

 

3 雪をしのいだ 白梅が

   開くひざしの まなびやに

   むすぶともがき むつまじく

   学ぶ我等は 高らかに

   強くおおしく のびてゆく

   ぼくのわたしの 大栃小学校