ホリデイ・トレッキング・クラブ

Otoyo-j 最終更新日 2020-01-31
文字の大きさテキストサイズ 小 |中 |大 |






おすすめスポット

大豊町中学校の教育について

1 学校の紹介
本校は平成21年に高知県中央部,大豊町内の大豊中学校,大杉中学校2校を統合して開校し,本年開校6周年を迎えた。校区は大豊町全域で徳島県,愛媛県に接し,過疎化と少子化の影響で当初の全校生徒86名が現在は42名であり,さらに今後も減少が続き,近い将来は30人台になることが予想されている。
生徒は明るく,知った人にはよくあいさつができ,学校行事や部活動,ボランティア活動に積極的に取り組むことができる。教職員は何事にも前向きに努力して学校教育目標の具現化,生徒とともに地域に根ざした教育活動の実現に努めている。

2 大豊町中学校の教育目標
 「創造性豊かに生きる力をもった生徒を育てる」

(1) 生徒の実態
生徒全員が落ち着いて学習ができ,何事にもまじめに取り組むことができる。挨拶などもしっかりできるが,将来の夢や目標をまだ持てていない生徒が多く,困難なことや苦手なことに立ち向かおうとする姿勢や自主性・積極性には物足りなさを感じることがある。
「明るく素直で純朴である。」「学校行事や部活動,ボランティア活動にまじめに落ち着いて取り組める。」と多くの方が認める、優れた良さがある一方,「将来の夢が持てていない。」「自分で判断し,行動することが苦手である。」「人間関係形成能力が弱い。」「学習の方法や家庭学習が身に付いていない。」という面も見られる。校区の小学校3校が統合され,今後は小中で同じ固定した人間関係が継続されると予想される。
(2) 学校の課題
生徒の学力に関しては,少人数指導ができており,教員は教職経験豊富なベテランと若い教員が配置されバランスのとれた体制で指導に当たっている。これまでの英語パイロットスクール指定研究,大豊町からの手厚い子育て支援策もあり,全国学力・学習状況調査の結果では全国平均の数値を超えるデータが得られているが,低学力の生徒もおり,全国水準を維持するために,学力の定着と向上,さらに家庭での学習習慣の確立に課題が見られる。また,開校時から不登校生徒が多く見られる学校であり,安心して通学できる学校づくりが欠かせない。
校区の小学校3校が統合されたことで新たな小中一貫教育(大豊町では小中一環教育という)が必要になった。総合的な学習の時間を活かして大豊を心に刻む教育:体験活動やキャリア教育が求められている。このような状況から,学校の課題として
1 学力の定着と向上
2 不登校対策
3 進路保障の3点を挙げている。

3 大豊町中学校の教育方針
(1)夢をつかみ、夢を育て、夢を叶える生徒を育てる。
(2)基礎学力の定着を図り、進んで学ぶ生徒を育てる。
(3)大豊を心に刻み、自主性と責任感のある人間性豊かな生徒を育てる。
(4)健康で明るく、感性豊かな生徒を育てる。
(5)小規模校の特性を活かし、保護者、地域の信頼に応えるとともに、地域に愛される学校づくりに努める。

めざす学校像
 元気で笑顔があふれ、活力のある学校
 助け合い励まし合う学校
 地域とともに歩む学校

めざす生徒像
(1)基礎学力を身につけ、自ら学び、主体的に判断し行動できる生徒
(2)健康で明るく、感性豊かな生徒
(3)やさしくて思いやりのある心豊かな生徒
(4)自然を愛し、勤労を尊び、責任感のある生徒
(5)家族や地域社会の一員としての自覚を持ち、郷土を愛する生徒

 教育重点目標
(1)学習面
   ①基礎学力の定着
   ②授業の工夫改善
   ③人権教育の推進
   ④道徳教育の充実
   ⑤生徒指導、進路指導の充実(キャリア教育)
   ⑥特別支援教育の充実
   ⑦小中連携教育の推進
(2)生活面
   ①コミュニケーション能力の育成
   ②自主性、向上心を育てる生徒会活動
   ③健康・安全指導の推進(学校保健・交通安全・防災・食に関する指導・危機管理)
   ④美しい学校環境づくりの推進
(3)地域の中の学校
   地域に開かれた学校づくり
   (学校行事、地域行事への参加、総合的な学習の時間:地域と学ぶ学習 職場体験、進路指導、学校だよりの配布など)

本年度の重点目標の具体 
 ○ 基礎学力の定着と学力の向上
 ○ 教職員の資質・指導力の向上
 ○ 学級経営の充実
 ○ 基本的な生活習慣の定着
 ○ 道徳教育の推進
 ○ 連携教育の推進
 ○ 特別支援教育の推進
 ○ 人権教育推進
 ○ 健康安全教育の推進
 ○ 地域・家庭・学校・行政との連携

大豊町中学校家庭学習イメージ図

大豊町中学校の研究について

1 主題および主題設定の理由
研究主題 「学び合い、伝え合える力の育成」
主題設定の理由
平成3年にバブル経済が崩壊してから二十年,社会の情勢や経済の状況が著しく変動し,就職や求人の状況は産業構造の変化,不況により大変厳しくなった。高校卒業者や大学卒業者のうち,いわゆるニートと呼ばれる無業者・失業者やフリーターなど,さらに,大学入学後の不適応者や就職直後の早期離退職者の占める比率が高くなり,このことが「若者の自立」にかかわる大きな問題点として取り上げられるようになった。普通に義務教育、高校教育、大学教育を学んだ若者の社会参加が厳しくなり、社会の変化に対応した学校教育の改善が求められ、現在,小学校からの発達段階を通じたキャリア教育を通して,児童・生徒,若者の勤労観,職業観を育てていくことが重視されている。
大豊町中学校の学校教育目標は,「創造性豊かに生きる力をもった生徒を育てる」で校区は大豊町全域であり,少子高齢化と過疎化の影響で学校の統合が進んだことから,生徒は保育園から小学校・中学校と,ほとんど同じメンバーで成長していく。開校当時から生徒同士の人間関係を健全に育むために授業や学級活動、清掃活動、学校行事等の中で、かかわり合いを深めるための研究と実践を行ってきた。そんな中で学校生活の中で生じた課題に対して、「わからない」「教えて」と自ら発言し、周囲の生徒とかかわり、自分の課題を解決しようとする生徒が増加している。共に学び、互いに認め合うことや達成する喜びを味わい、成長する生徒の姿が見られる。しかし、コミュニケーション力の不足や相手を思いやる気持ちが未熟で,思いや考えが伝わらなかったり、誤解が生じることがあるなど、不十分な部分もみられる。そこで、今年度も昨年度に引き続き、「その人の考えや立場を理解し」、「助け合い」、「高め合うためのかかわり」を作り出す授業や学級活動等を創造することを重視しながら、「若者の自立」を進め、社会参加できる生徒を育てることにした。
「創造性豊かに生きる力をもった生徒を育てる」を進めるうえで,生徒に基礎的な学力や知識を身につけさせることが大切であり,そのためには何よりもわかりやすい授業を行うこと,学ぶ意欲を育てること,指導に必要な時間と場を確保することが重要となる。
生徒たちの夢を育て,その実現のためには学校・家庭・地域社会が効果的に協力し合い,生徒の教育に取り組むことが重要になる。学校の使命は,生徒が将来社会参加して幸せな生活を送るための基盤づくりであり,教科指導や生活指導を通して生徒の成長を促すことにある。
新しく開校したおおとよ小学校が進める「大豊を心に刻む教育」を受けて、中学校では「生徒の勤労観,職業観を育てる教育」を,全教育活動を通して指導し,知徳体を発展させ,「学力向上」「基本的生活習慣の確立」「社会性の育成」を進め,優しさと強さと夢をあわせもった創造性豊かな子どもたちに明日の高知県を担ってもらいたいと考え,研究主題を設定した。

2 全教員で共通して取り組む内容
(1)授業力の向上
「授業力」を組織的に高めるための方策として,本校では一人一人の生徒に生きる力を育むため,全教員が授業研究を行って各教科・領域を通して多様な授業実践を公開し,授業の改善,評価を進める研修を行っている。小規模校で同じ教科の教員が複数配置される状況にないため,嶺北地方の教科ネットワークを中心に同じ教科の先生を招き,指導助言を頂く機会を持つことにし,互いの実践を交流している。
また,全教員が定期テストを保存し,検証することで応用力を問う設問を工夫し授業力の向上を図ることにした。
(2)授業時数の確保
本校では,各教科の先生が研修会等で学校を空けることが前もってわかれば,時間割の変更を行い,自習時間ゼロをめざしている。教務主任が事前に年間行事予定,学期ごとの行事予定,毎月の行事予定を配付するだけでなく,週案(毎週の授業予定表)を作成して時間割の調整を行っている。
 さらに学校行事の精選を進め,欠時の発生を防ぐことで3学期制の学校で年間1015時間の授業時間数確保を達成している。
(3)教材の開発
 大豊町の教育研究会で小中一環教育についての研究を進めるほか、2月の南国市教育研究大会には全教職員が参加,さらに嶺北地方の教科ネットワーク研究会の場で,各教科・領域の教材研究を進めている。


おすすめスポット

学校通信
大豊町中通信「町中だより」のアーカイブです。


今月の大豊町中の給食
毎日更新中!
大豊町中学校の給食を紹介します。


大豊町中学校の研究について

大豊町中学校の研究について紹介します。


スクールカウンセリング
大豊町中学校スクールカウンセリングの案内、実施予定日、「スクールカウンセラー便り」のアーカイブです。


美術生徒作品
美術科で制作した生徒作品を紹介します。


生徒会活動
大豊町中学校の生徒会活動の一部を紹介します。


英語科のページ
大豊町中学校 英語科の特設ページです。
オーストラリア研修、英語科掲示物、授業での取り組み等を紹介しています。


Otoyo-cho JHS English blog
This blog is a place for students to upload and share their English writing with the world. We hope you enjoy! If you want to visit our town please look at Otoyo's TripAdvisor page. The students have written many reviews of sites around Otoyo.


学校図書館
大豊町中図書室を大豊町学校図書館として一般に公開しています。


リ ン ク

高知県のホームページ

高知県に関する様々な情報を発信しています。

リンクLinkIcon

大豊町のホームページ

大豊町に関する様々な情報を発信しています。

リンクLinkIcon

大豊町教育委員会のホームページ

大豊町教育委員会の様々な活動をお知らせしています。

リンクLinkIcon

おおとよ小学校のホームページ

大豊町立おおとよ小学校に関する様々な情報を発信しています。

リンクLinkIcon

大豊町公式Facebookのページ

大豊町から行政情報の提供を行っています。

リンクLinkIcon