ホリデイ・トレッキング・クラブ

Otoyo-j 最終更新日 2017-10-16
文字の大きさテキストサイズ 小 |中 |大 |






大豊町中学校は今年で創立9年目を迎えました。

校歌

大豊町中学校の校歌です。

作詞:三谷楠宣   作曲:前田克治





大豊町中学校 校章

沿革

大豊町中学校の沿革

大豊中と大杉中を統合し、大豊町中学校となりました。



 本校は平成21年に高知県中央部,大豊町内の大豊中学校,大杉中学校2校を統合して開校し,本年開校6周年を迎えた。校区は大豊町全域で徳島県,愛媛県に接し,過疎化と少子化の影響で当初の全校生徒86名が現在は40名であり,さらに今後も減少が続き,近い将来は30人台になることが予想されている。
 生徒は明るく,知った人にはよくあいさつができ,学校行事や部活動,ボランティア活動に積極的に取り組むことができる。教職員は何事にも前向きに努力して学校教育目標の具現化,生徒とともに地域に根ざした教育活動の実現に努めている。



教育・研究について

大豊町中学校の教育・研究について

本年度研究テーマ
教職員の専門職としての意識高揚と教科指導力向上の研究
チューター(チーム会)による授業改善及び授業力向上



大豊町中学校の教育目標
「創造性豊かに生きる力をもった生徒を育てる」

大豊町中学校の教育方針
(1)夢をつかみ、夢を育て、夢を叶える生徒を育てる。
(2)基礎学力の定着を図り、進んで学ぶ生徒を育てる。
(3)大豊を心に刻み、自主性と責任感のある人間性豊かな生徒を育てる。
(4)健康で明るく、感性豊かな生徒を育てる。
(5)小規模校の特性を活かし、保護者、地域の信頼に応えるとともに、地域に愛される学校づくりに努める。



教科間連携による授業力向上実践研究