ホリデイ・トレッキング・クラブ

Otoyo-j 最終更新日 2017-10-16
文字の大きさテキストサイズ 小 |中 |大 |






↓クリックすると開きます。

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 6月号 (平成27年6月12日発行)

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 6月号 (平成27年6月12日発行)

遊びについて、他 LinkIconスクールカウンセラー便り 6月号ダウンロード(PDF)
 6月。雨のシーズンですね。雨を好きになれば、毎日が楽しいものになるかもしれません。
好きになると、楽しくなったり、ポジティブになれたりします。勉強も、運動も、本を読むこともそうかもしれませんね。本日は1年生の理科の授業を見せてもらいました。先生を好きに思えれば、理科も好きになったり、理科を好きになれば、先生も好きになる…なんてことも考えられます。そうすれば、授業も楽しくなります。普段、考えてないようなことに「どうしてだろう?」と疑問をもって、考え予想する楽しさ。いろいろなものの持つ楽しさを見つけて楽しもうではありませんか。

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 5月号 (平成27年5月11日発行)

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 5月号 (平成27年5月11日発行)

己紹介など~ LinkIconスクールカウンセラー便り 5月号ダウンロード(PDF)
 昨年は、スクールカウンセラー便りも、途中からの発信になり、3月は、インターネットだけの発信になったので、今年は、せめて、5月から出したいと思います。
 歴史をさかのぼれば、父方は、高知から、徳島に流れてきたようです。「曽我部」という名字はけっこう
気にいっています。今は徳島の板野郡北島町というところから、1時間半くらいの通勤時間でここに通っています。何にでも、好奇心は旺盛で、やってみようという気持ちになります。
 ずっとサッカーをやってきました。今も、シニアリーグでボールを蹴っています。また、読書、旅行が大好きです。本が一冊あれば、心の旅ができます。また、世界中どこにでも行ってみたいなあという気持ちももっています。
 大学生の時に、旅行研究会に入っていて、自転車で、四国一周旅行や、徒歩で東海道53次を歩いた体験があります。自転車の旅では、四国が島であることを体験しました。徳島の鳴門を通って、香川、愛媛、高知と旅して、日和佐(三波)から、また、徳島に帰ってくることが新鮮でした。また、東海道の旅では、2時間半くらいで移動できる距離を20日かけて歩き、「旅の重さ」を知りました。
 大豊に週1回来ることも、小さな旅でもあります。旅の中でいろいろな出会いや発見をしたいです。

↓クリックすると開きます。

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 9月号 (平成26年9月5日発行)

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 9月号 (平成26年9月5日発行)

はじめまして。スクールカウンセラーの曽我部です。 LinkIconスクールカウンセラー便り 9月号ダウンロード(PDF)
9月は、一年の中間点です。前を見ても後、6ヶ月。後ろを見ても6ヶ月。
今までしてきたことを認めて「調子よくきたぞ~」という人は転ばないように、さらなる一歩を。
「う~ん、今、一歩」という人はこれから6ヶ月先の大きなゴールを目指して、一歩ずつ歩んでいきましょうか?
 目標は時々設定し直して、実現できるものにしたらいいのですね。夏の疲れのある人は、その疲れを取り除くことからの再スタートですね。

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 10月号 (平成26年10月3日発行)

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」10月号 (平成26年10月3日発行)

遊びについて、スクールカウンセリング等の方法について、他。 LinkIconスクールカウンセラー便り10月号ダウンロード(PDF)
 ポケモンの名前や、カードゲームのルールはくわしい。キャンディクラッシュのゲームなら、何面もクリアできる。勉強は、苦手だか、遊びなら、自信を持って、どんどんできる。アニメなら、「おたく」と言われようが、いろいろと解説できるくらい知っている。サッカー選手やバレー・テニスなどスポーツのあれこれや、嵐の音楽のことなら、くわしい。etc
自分の興味のあるだったら、どんどんと知ることが楽しく、得意になったりしませんか?
きっと勉強が得意な人は、その勉強に興味を持てているのでしょうね。

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 1月号 (平成26年12月19日発行)

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」1月号 (平成26年12月19日発行)

新年、相談室のルールや対応について、他。 LinkIconスクールカウンセラー便り1月号ダウンロード(PDF)
 スクールカウンセラーの相談室で何かできるのか?カウンセラーを交えての雑談は、自由な感じでできます。いろいろとほっとする場所やひとときでもありたいです。
 しかし、やはり、ゆるいようでも、ルールがあります。もしも、人の安全や命にかかわるような情報を知ってしまったら、それは、先生と「共同守秘」という名の下の情報の共有をします。
 大切なことを抱えて気が重くなったときにも、相談をしていただきたいと思います。そんなときは、どう考えたらいいか?一緒に考え、悩み、行動するお手伝いができます。

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」 2月号 (平成27年1月30日発行)

大豊町中学校 「スクールカウンセラーだより」2月号 (平成27年1月30日発行)

少年Sの思い出」、スクールカウンセリング等の方法、他。 LinkIconスクールカウンセラー便り2月号ダウンロード(PDF)
 何十年前かの授業で、今も忘れられない光景が目に浮かぶ。確か、中学校の国語の授業であった。黒板に向かった先生は『少年老いやすく,学成りがたし』と、板書して、我々にこう言った。
 「この言葉は、今の君たちにはなかなかわからないでしょうね。・・・」
その後、先生は、この言葉の意味や由来などを話してくださったのであるが、しみじみとこの言葉を言われたことが、今も心に残っている。
 本当にこの言葉の重さに気がついた今は、五十も後半の歳となっている。「もっと、しっかり学んでいればよかった。」とか、「きちんと自分の意思を押し通して、やりきりたかった・・・」という事も脳裏をよぎる。