昭和23年 6月 1日  高知県立高知農業高等学校本山分校定時制男子農業科定時制女子被服別科)の設置
認可
される。
 校舎はなく、本山小学校など3か所を間借りして授業を開始する。
         9月 1日  高知県立高知農業高等学校森分校(定時制女子被服別科)の設置が認可される。本山分校の
生徒のうち、嶺北中西部の生徒を収容する。  
 昭和25年 4月 1日  二分校とも、定時制普通科を開設する。  
 昭和26年12月  本山町は、特別予算1,200万円を計上し、本山町永田に校舎建築を決定する。
 昭和28年 4月 1日  二つの分校を併せ、高知県立嶺北高等学校を開設する
 
全日制普通科定時制農業科被服別科の3科からなり、当時の生徒数は306人であった。 
 昭和28年 4月 7日  定時制農業科が募集停止になり、全日制農業科に課程変更する。 
 昭和34年10月22日  講堂兼体育館の新築、運動場の1,800坪への拡張を記念して、落成式を行う。 
 昭和35年 4月 1日  全日制農村家庭科を新設する。 
 昭和40年 4月 1日  農村家庭科を生活科に、農業科を農林科に学科改編する。 
 昭和41年 3月12日  運動場拡張工事が完成する。   
 昭和43年 1月11日  プールが落成する。 
        5月21日  本山町寺家に寄宿舎が新築落成する。 
 昭和46年 3月 9日  森分校が閉校になる。 
 昭和49年 4月 1日  生活科の募集を停止し、普通科3学級(2学級から1学級増)、農林科1学級の4学級規模になる。 
 昭和51年 3月31日  校舎改築第1期工事(北舎)が完成する。 
 昭和52年 3月31日  校舎改築第2期工事(南舎)が完成する。 
 昭和53年 3月31日  校舎改築第3期工事(北舎西側)が完成する。
 
生活科が閉科になる。  
        4月 1日  普通科1学級が減になり、普通科2学級、農林科1学級の3学級規模になる。 
       11月18日  創立30周年記念式典を挙行する(~20日まで)。記念碑を建立する。 
 昭和54年10月26日  運動場拡張工事完成。現在の広さになる。  
 昭和57年 4月 1日  農林科の募集を停止し、普通科のみの3学級とする(実際の入学者は68人で、2学級となる)。 
        9月 4日  吉野川岸の擁壁工事が完成する。 
 昭和58年10月18日  本山町寺家の実習田を県に返却する。 
       10月18日  運動場の防球フェンスが完成する(高さ8m)。 
       12月 3日  総合体育館が完成し、落成記念式典を挙行する。 
 昭和59年 3月31日  農林科が閉科になる(閉科式は3月1日に挙行)。
        4月 1日  「勤労体験学習研究指定校」(文部省指定 昭和59・60年度)   
        9月14日  「全国勤労体験学習研究協議会」で研究の成果を発表する。 
       11月23日  ガラス温室2棟が完成する。 
 昭和60年 3月 1日  駐輪場が完成する。 
        4月 1日  本山町南京の実習田を県に返却する。 
 平成 5年 4月 1日  特色ある学校づくり推進事業「地域とのふれあい教育の推進」(県指定 平成7年度まで)
の指定を受ける。 
 平成 6年 6月15日  現在の正門及び進入路が完成する。 
 平成 8年 4月 1日  「中高連携教育推進事業」(県指定 平成13年度までの6年間)の指定を受ける。
 この年から、嶺北地域の中高連携教育がスタートする。
 運動部活動推進校「カヌー競技」(県指定 平成14年度まで連続して受ける)の指定を受ける。 
 平成 9年 5月13日  学校図書館の地域への開放が始まる。 
 平成10年11月 7日  創立50周年記念式典を挙行し、生徒昇降口前に記念碑を建立する。 
 平成12年 4月 1日  「中高一貫教育実践研究推進校」(文部省指定 単年度)の指定を受ける。 
 平成13年 4月 1日  「中高一貫教育開発校」(文部科学省指定 平成15年度までの3年間)の指定を受ける。
 この年から連携型中高一貫教育がスタートする。 
 平成14年 5月 8日  English World(英語と異文化に親しむ部屋)が完成する。   
       10月 8日  Bright Future Center(自習室)が完成する。 
 平成15年 3月31日  農業実習棟が完成する。 
 平成16年 4月 1日  「中高一貫教育改善充実事業」(文部科学省指定 平成18年度までの3年間)の指定を
受ける。 
 平成18年 4月 1日  嶺北地域同居連携型中高一貫教育校開校準備室を開設する。 
 平成19年 4月 1日  本山町土佐町中学校組合立嶺北中学校が開設され、本校と同居を始める。
 この年から同居連携型中高一貫教育がスタートする。
 「人間としての在り方生き方を考える教育の実践研究事業」(文部科学省指定 20年度まで)の指定を受ける。 
 平成20年11月19日  「人間としての在り方生き方を考える教育の実践研究事業」発表会を開催する。  
 平成21年 6月 7日  創立60周年記念式典を挙行する。  
 平成22年 9月 1日  県内の高校で初めての、高校生による自主防犯組織 Reihoku Flügels が発足する。
 平成24年 5月14日  高知県産業振興計画地域アクションプランに登録した、嶺北高校生の新商品開発チーム、
 Reihoku Youth Neighbors が活動を開始する。
 戻る

嶺北高等学校 沿革

戻る