緊急情報


お知らせ

●台風、大雨等における教育活動の中止判断基準について(2019/9/3)

 

●「今日の嶺高」以前の記事はこちらをご覧ください。

 

高知県立嶺北高等学校

〒781-3601
高知県長岡郡本山町本山727

TEL 0887-76-2074
FAX 0887-76-3144
E‐mail:reihoku-h@kochinet.ed.jp

アクセスマップ


高知県立嶺北高等学校公式facebook
 

平成7(1995)年1月17日、マグニチュード7.3を記録した兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)が発生し、甚大な被害が出ました。
平成31年1月17日の給食は、地震や防災について改めて考えてみることを目的に防災給食となりましたが、そのメニューにRGAが考案した「嶺ホコッと」が採用されました。

給食をいただく前に、RGAが、今日の給食の意義と「嶺ホコッと」について説明させてもらいました。

給食はとても美味しかったです。

嶺北地域の給食を食べている皆さんにも、美味しいと思ってもらえたら嬉しいです。

そして、いつ来るのか分からない南海トラフ地震に備えるため、今日の給食が家庭で防災について考え準備するきっかけの1つになってもらえたら、と思います。

本校生徒会は、平成30年12月26日(水)、本山町プラチナセンターで、「嶺北いじめ防止子どもサミット」に参加しました。嶺北地域の小学校・中学校・高等学校の児童会・生徒会の代表22名が集まり、いじめ防止に向けてみんなができることを話し合いました。
本校生徒は、司会進行や閉会の挨拶を担当したり、いじめやネットの問題の解決に向けて小学生と中学生と一緒に協議したりしました。
分科会では、小学生と中学生が分かれてディスカッションをし、高校生がまとめ役として各グループに入り、意見を取りまとめました。「いじめがあったとき、どう行動しますか」などのテーマで話し合い、最後に全体会で発表・共有しました。


平成30年12月23日(日)、本校女子バレーボール部は、嶺北ジュニアバレーボールクラブと土佐町立土佐町中学校女子バレーボール部と合同練習を行いました。小学校3年生から高校2年生まで、校種を超えて21名の選手が集い、午前は基本練習、午後は練習試合を行い、共に汗を流しました。


12月22~24日の3日間、高知県下のカヌー部合同練習が須崎市の浦ノ内湾で行われました。
現在、須崎市はカヌーなどの合宿誘致に取り組んでおり、浦ノ内には立派な艇庫&トレーニングルームが作られています。
エルゴマシーンと呼ばれる、陸上で漕ぐ練習ができる機械も4台あります。
(嶺北高校にも、ラヨシュコーチのエルゴマシーンが1台あります。)

今回の合同練習では、水上練習はもちろん、せっかくトレーニングルームができましたので、須崎高校の長井先生指導のもと、合同筋トレ練習を行いました。
ラヨシュコーチの練習メニューとはまた違うキツさに、筋トレ後のストレッチでは身体が悲鳴を上げるはめに・・・。

他校との合同練習でいい刺激をもらいましたので、1月の冬季大会に向けて日々の練習を更に頑張ろうと思います。

2019年12月9日(日)春野総合運動公園を会場として、第5回Hi-Six42.195㎞リレーマラソン(主催:(一社)42.195kmリレーマラソン協会中・西日本、共催:株式会社エフエム高知、後援:高知県、高知市、高知新聞社)が開催され、本校生徒のチームRHS Blue Lake(1年生坂本翔・田村夢叶、2年生池内龍仁・上田渉・高橋駿斗・竹内颯・佐藤碧衣、3年竹内僚)が出場し、2時間56分のタイムで総合322チーム中28位、高校生部門で第1位に輝きました。卒業記念に高校生チームを作って走りたいという3年生竹内僚さんの声掛けでメンバーを集め、約2か月間練習を重ねました。参加に際しては、NPO法人さめうらプロジェクトの皆様に多大なるご協力をいただきました。ありがとうございました。

12月6日、本校生徒会は交通安全啓発の活動として、サンシャイン本山店と本山町保健福祉センターで交通安全のチラシやティッシュペーパーを配布しました。その後、本山警察庁舎へ移動し、毎年恒例となっているクリスマスツリーの装飾を手伝いました。地域の保育園児や保護者も多数参加して、一緒にクリスマスツリーの点灯式も行いました。

11月18日(日)、須崎市浦ノ内湾に合宿に来ているチェコチームと高知県の小・中・高のカヌーを学ぶ子どもたちとの交流会が開かれました。もちろん嶺北高校カヌー部員も参加しました。

陸上and水上で、世界のトップ選手に指導していただきました!!

 

練習の後は皆でバーベキューです。チェコチームはカツオの藁焼きにも初チャレンジしていました。

 

最後に記念写真を撮りました。本校カヌー部員はもちろん高知県下のカヌーを学ぶ全ての子どもたちにとって大きな刺激をいただき、よい交流会となりました。

 

11月11日(日)に第34回さめうらの郷湖畔マラソン大会にボランティアとして参加しました。内容は受付のお手伝い、ランナーのチップ回収、お弁当の配布等でした。

また、嶺北高校生もランナーとして5名が参加しました。無事全員が完走できました。

 

11月7日(水)、嶺北高校2,3年生を対象に、高知工科大学の星野孝総准教授による訪問教育が行われました。
テーマは「2足ロボットを作って、歩く動作を考えてみよう。」です。

最初に講義を受け、人が機械に合わせるのではなく、機械が人に合わせて作られなければならないというヒューマンインタフェースの考えを教わった後、無動力の2足歩行のしくみや遊脚運動・揺動運動の理論を学びました。

講義の後は、生徒も楽しみにしていた2足ロボットの製作開始!
レゴを使ったロボットと、棒とクリップと消しゴム等でできるロボットを作りました。

 

できたロボットは、ちゃんと歩いてくれました!!

動画1←クリックしてください

動画2←クリックしてください

ロボット、というと複雑なものと思いがちですが、簡単な仕組みで動くということが分かり、驚きました。
生徒たちも、普段の授業とは異なる展開に楽しく授業を受けたのはもちろん、「勉強」の大切さや意義を感じたようでした。
そして、「誰のため」という視点で世の中のモノがつくられなければならないことを学びました。
有意義な授業を受けることができました。

星野先生、どうもありがとうございました。

2018年11月2日、本校にて中高合同で南海トラフ巨大地震を想定した避難訓練を行いました。訓練終了後は高知大学理工学部教授、野田稔氏に防災に関する講演を行っていただきました。地震に限らず、台風や土砂災害などの諸災害についても話してくださいました。生徒たちも真剣に耳を傾けており防災意識の向上につながったのではないかと思います。

平成30年10月30日(火)の昼休み(12:40~13:00)に、生徒昇降口において、農業・商業コースのコラボ学習の第2弾を実施しました。

農業コースの生徒が本山町寺家で稲刈りさせていただいた新米と本校ハウス及び農場で栽培したトマトと玉ねぎを使い、おいしし肉みそ入りおにぎりをメインとした「彩り収穫弁当」(300円)を数量限定で販売しました。併せて、玉ねぎの卵焼きを具材にした「伝説のおにぎり」(200円)、農援隊で伺った和田農園の無添加味噌で作ったお味噌汁を無料で提供させていただきました。

 

 

9月29日(土)に本山町プラチナセンターふれあいホールにて行われた「第6回大原文学ミニ講座」で、本校生徒が大原富枝さんの作品「本山一揆(滝山一揆)―高石左馬之助謀反のこと」の朗読おこないました。多くの方の前で朗読する生徒たちは少し緊張気味でしたが、一揆前の緊迫した雰囲気、明日は敵となる辛い男同士の友情を丁寧に朗読しました。心のこもった朗読に最後の場面では涙が出てしまったという声も聞かれました。