地域産業担い手人材育成事業

本校では、地域産業担い手人材育成事業の4つの事業のうち、平成22年度から「企業技術者等による技術指導事業」に、23年度から「生徒の企業実習(デュアルシステム)事業」に、
24年度から「企業との共同研究」(RYN)に、取り組んでいます。
                                  RYNへ  特色へ  メニューへ

 企業技術者等による技術指導
 2年生を対象に、本山町森林組合の方から、森林、林業、木材などについての説明と
技術指導、森林組合の仕事内容についてお話をいただきました(23.1.14、24.1.18)。
 企業との共同研究(Reihoku Youth Neighbors)→RYN
 生徒の企業実習(デュアルシステム)
  24年度のデュアル
 本山町と土佐町の健康福祉課の2か所で、2年生3名が、それぞれの町の保健師さんの指導
を受け、実習に取り組みました。高齢の方との交流、幼児相談など、色々な体験ができました。
(25.2.7〜8、3.11〜12) 
 土佐町では、平石のふれあいセンターで、高齢の方と手芸をしました。できたのは、猫のぬい
ぐるみの洗濯バサミでした。
 年末から年始にかけて、保育士志望の生徒が、みつば保育園(24.12.25〜27、1.4〜5 2人)と
本山保育所(24.12.26〜28、1.4〜5 1人)で5日間の実習に取り組みました。 
 本山町にある嶺西給食センターと大豊町の大豊町給食センターで1日づつ、体験し、8月には
1週間、早明浦病院で実習をしました(24.7.20・25、8.6〜10)。  
  23年度のデュアル
 本山町の健康福祉課と土佐町の住民福祉課の2か所で、2年生3名と、1年生1名が、それぞ
れの町の保健師さんの指導を受け、実習に取り組みました。集団検診の手伝いや、高齢の方の
お宅訪問、デイサービスセンターや保育園訪問など、色々な体験ができました。
(24.2.8〜9、24.3.12〜13) 
 本山町の本山保育所で1年生1名が実習に取り組みました。0歳児のクラスに入っています。
 期間は5日間です(23.12.26〜28、24.1.5〜6)。  
 本山町農業公社では、3年生男子が実習に取り組んでいます(23.8.4〜8.10)。
 上段は、種苗センターでナスの苗の世話をしているところ。継いだ部分のピンを丁寧に外して
います。 
 下段は、「土佐天空の郷」を育てている田に、にがり(海洋深層水からとっています)を散布して
いるところです。左端、ペットボトルに入っているのが「にがり」。炎天下の作業です。
 土佐町のみつば保育園で3年生2名が実習に取り組みました。1歳児と4歳児のクラスに
入っています。期間は2週間です(23.8.1〜8.14)。