具体的な取り組み
1 授業交流と授業改善
   中高の教員の相互授業交流
    高校→中学校 国語、数学、体育、英語、家庭、技術(週当たり32時間)
    中学校→高校 数学、体育、芸術、英語(週当たり18時間)

2 シラバスの作成
   各教科で6年間を見通したシラバスを作成しています。

3 授業評価と公開授業
   連携各校による年間1回の公開授業

4 家庭学習習慣定着のための取り組み
   
5 ふるさと教育の推進
   地場産業体験学習、地域ぐるみ人権教育

6 学校行事の連携
   中高合同体育祭(嶺北中・嶺北高)の開催
   
7 部活動の連携
   吹奏楽部 嶺北地域中高吹奏楽団を組織、中高合同練習
    バドミントン部、バレーボール部、ソフトボール部合同練習、大会開催など
   吹奏楽部の中高一貫の活動 → 
   
      
連携型中高一貫教育

嶺北地域では連携型の中高一貫教育に取り組んでいます。

平成 8年度〜 中高連携教育        地域の8中学校⇔嶺北高校
平成13年度〜 連携型中高一貫教育     本山中・吉野中・土佐町中⇔嶺北高校
平成19年度〜 同居連携型中高一貫教育   嶺北中(同居)・土佐町中(連携)⇔嶺北高校

中高一貫教育推進のための組織等

○ 嶺北地域中高一貫教育推進協議会
    
学識経験者、PTA、教育委員長、教育長、校長、教頭、主幹教諭、研修指導員

○ 中高一貫教育 教育長・校長会
    
○ 中高一貫教育事務局会
    
教頭、主幹教諭、担当教員

○ 各教科部会

○ 専門部会
   
広報、人権教育、交流・生徒会、健康教育

○ 部活動部会
   
剣道、バドミントン、バレーボール、ソフトボール、吹奏楽
      嶺北地域中高一貫教育の目標

「中高一貫の6年間を熱く語れる魅力ある生徒を育てる