同居連携型中高一貫教育校
本山町立嶺北中学校

TOP
 学校長挨拶  
   嶺北中学校長 
大谷 俊彦 
 「教え」から「学び」へカリキュラム・マネジメント

 昨年12月には中央教育審議会から答申が出され、「社会に開かれた教育課程」「育成を目指す資質・能力」「主体的・対話的で深い学び」「カリキュラム・マネジメント」「チームとしての学校」など次期学習指導要領のキーワードが示されました。
 以前の改訂においては、学習指導要領が告示されてから各学校において取組が始まっていたのですが、今回の改訂では、中央教育審議会から「論点整理や」「審議のまとめ」など次々と情報が公開されたことで、全国的にそのスピードが早まり、本校のような研究指定校では、次期学習指導要領の具現化に向けた取組が既に始まっています。

 さて、中学一年生に19名の仲間を迎え、全校54名で、平成29年度の嶺北中学校がスタートしました。本校では、学校教育目標を「社会人基礎力の育成」とし、重点目標に「学力の向上」と「表現力の育成」を掲げ、今年も様々な取組を行ってまいります。
 また、高知県教育委員会から3年間の「探究的な授業づくりのための教育課程研究実践事業」の研究指定を受け、今年が最終年度になります。次期学習指導要領が目指す「主体的・対話的で深い授業」「探究的な授業」の実現に向け、カリキュラム・マネジメントの視点に立ち、「教え」から「学び」へと授業の質的改善を図ってまいります。
 さらに、「学力の向上」では「嶺中八策」と「授業アンケート」、「表現力の育成」では「さくらプロジェクト」と「MIRAIノート」の取組を中心に、先導的な研究実践に努めてまいります。公開授業研修会や研究発表会の開催も予定しています。多くの方に授業をご参観いただき、ご意見やご助言を賜れば幸いに存じます。
 私たち嶺北中学校は人数では小さな学校ですが、思考力や表現力、授業力ではどこにも負けない「一流の学校」を目指し、今年もがんばってまいります。
 地域や保護者の皆様に信頼され愛される「一流の学校」になれるよう教職員一同励んでまいりますので、今年もご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

                                             平成29年4月
 
学校だより「さくら」平成29年度 01 02 03 04
 
 平成28年度№1~08.pdf(一括で見ることができます。)
 平成27年度№1~12.pdf(一括で見ることができます。)
 TOP