ホームページ タイトル
本文へジャンプ
学校長挨拶

 高知県立高知ろう学校のホームページに訪問していただきまして、ありがとうございます。

 平成29年度は、幼稚部2名、小学部5名、中学部4名、高等部6名、専攻科2名の計19名の幼児児童生徒でスタートしました。

 少ない人数ですが、4歳から20歳までの幼児児童生徒が学習しています。県内唯一の聴覚障害教育を行う学校として、幼稚園、小中学校、高等学校に準ずる教育と、一人一人の発達段階や障害の状態に応じたきめ細かな専門性の高い教育の実践を第一として、子どもたちの夢を実現する学校づくりに努力していきます。

本校は「聴覚障害教育の学校として、学ぶ意欲にあふれ、心豊かにたくましく夢に向かって羽ばたく子どもたちを育成する。」を使命として、「知・徳・体の調和のとれた、自らの人生を切り拓き、主体的に生きる力を育成する。」ことを使命実現のための方策とし、「基礎的・基本的な知識・技能の定着」、「知識・技能を活用して課題を解決する力の育成」、【他者の尊重、協働する姿勢、公共の精神の育成」、「健康的な生活習慣の定着」を目指して教職員一丸となって取り組みます。

 また、高知県におきましての聴覚障害教育のセンター的役割も本校は担っています。小学校、中学校の難聴特別支援学級や通常の学級、乳幼児、幼稚園、保育所、高等学校等において支援が必要な場合にはお気軽に本校にお問い合わせください。

 近年の児童生徒数の減少とそれに伴う教職員数の減少により、全国的に聴覚障害教育の専門性の維持向上が課題として挙げられています。本校では専門性の担保のために教員一人一人が聴覚障害教育を行う学校の教職員としてのスタンダードの上に立ち、研修などによって授業や指導の充実・向上に努め、子どもたちにとって分かる授業、分かりやすい指導を行っていきたいと考えています。どうぞ、今年もよろしくお願いします。



                                              平成29年4月

 
 

校長 浅野 弘巳